JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

飲食店を開店するにあたり 開店資金と毎月の生活費を含めて 総額で2500万を貸しています 今年の1月末日が返済

質問者の質問

飲食店を開店するにあたり
開店資金と毎月の生活費を含めて
総額で2500万を貸しています
今年の1月末日が返済開始日だったのですが
まだ一度も支払われていません
(借用書は弁護士さんを通じて仮ではありますが作成して署名捺印ももらってます)

が自己破産を検討中だと聞きました
一度も返済せずに、免責がおりることはありえるのでしょうか
(本人いわく、金策はしたけどどこも貸してくれないって言ってました)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
借りた方が、他にどのくらい借入をしているかはわかりませんが、恐らくはいきなり免責ということは、この状況 ですと難しいと思います。
個人での破産となりますと、目星い財産が見当たらなければ、破産宣告がなされ、それほど時間が立たぬうちに、免責がなされることが多いようです。
しかし、借金の原因が、いわゆるギャンブルなどの場合や、今回のケースのように、借入れて、すぐに破産の手続きをした場合には、申立者に対し、一定金額の積立(この金額は、裁判所が決めますので、決まりはないようです。)をさせて、積み立てた金額を債権者に配当して、免責の足がかりにすることが多いです。
まだ検討中、ということですから、専門家を介して返済を求めてみてはいかがでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
セカンドオピニオン希望

法律 についての関連する質問