JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

「信用情報開示」で、第三者が委任状や他必要書類がないのに本人の名前と生年月日だけで情報で調べることが可能なのでしょう

質問者の質問

「信用 情報開示」で、第三者が委任状や他必要書類がないのに本人の名前と生年月日だけで情報で調べることが可能なのでしょうか。

僕の知り合いのAさんの債務情報をAさんの知り合いのBさんが勝手にAさんの名前と生年月日だけで情報を得たというのをAさんに言ったみたいですが、Bさんはそんな簡単に知れるものなのでしょうか。
ちなみにBさんは一般サラリーマンです。

AさんはBさんの言ったことを鵜呑みにしているのですが、僕は疑問に思いネットで調べてみると、本人から委任を受けた代理人は委任状の他に本人の印鑑証明書等必要なことが載っていたので質問させていただきました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
通常は、本人の名前と生年月日で、信用情報を調べるのは 先ず出来ないです。
「信用情報開示」は、いわゆる信用情報機関に照会する際は、照会依頼者本人か、そうでないならば、依頼する人間との関係とか、依頼する人間の印鑑証明が必要ですから、いわゆる親族でなければ、開示は拒否されるのが普通でしょう。
いわゆるクレジット会社に勤務する者でも、個人情報(債務)照会をするには、かなり厳しい条件が付され、簡単に開示は出来ません(個人情報保護法でも規定されています。)
ですので、どうもBさんのお話は、真偽のほどは怪しいものがありますね。
kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

やはりそうですよね。

回答の中で一つ疑問な部分があるのですが、『クレジット会社に勤務する者でも...厳しい条件』とあるのですが、Bさんの知り合いにそのような者がいて、かつ、条件をクリアすればわかるということですか??

よろしくお願いいたします。

専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
>>クレジット会社に勤務する者でも...厳しい条件』とあるのですが、Bさんの知り合いにそのような者がいて、かつ、条件をクリアすればわかるということですか??


そうですね、以前私が勤務していた際は、そういったこともまだ厳しく規制されていなかった為、秘匿の事実としてあったかもしれません。
ですが、クレジット会社にいる者がその様なことをすれば、最近は個人情報保護法の規 制により、かなり厳しく罰せられますので、恐らくはないものと思います(もちろん、最近のクレジット会社の現状は、こちらでは何とも申し上げられませんので、絶対にそういうことはないと言いきれません(恐らくないでしょうが))。
条件クリアすれば、と言っても恐らくかなり厳しい条件ですから、それほど簡単に漏えいが出来るとは到底思えません。
少々歯切れの悪い内容になりましたが、まず他人の情報が簡単に分かる、ということはないですね。

法律 についての関連する質問