JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

お世話になります。広告代理店の営業部で課長をしております。下記、ご回答いただけると幸いです。私の会社

質問者の質問

お世話になります。 広告代理店の営業部で課長をしております。 下記、ご回答いただけると幸いです。 弊社広告営業部における受注フローを簡単に説明しますと、 営業マンが、クライアントに集客UPの提案をし、弊社で扱っている広告枠を受注する場合、掲載内容・掲載費用の記載されたお申込書に捺印を頂き、営 業マンが原稿を作成、掲載、となります。 今回の相談については以下になります。 私の部下が、クライアントからは掲載の意思を頂いていないにもかかわらず、お申込書を作成し、部下が印鑑(クライアント社名の角印)を作成して捺印。 (印鑑は、はんこ屋さんで作成したとのこと。) 掲載内容についても、部下本人が作成し、掲載に至りました。 お申込書のとおりに、掲載費用の請求書を発送。 請求先は該当クライアントの住所に間違いはなく、 請求書を確認したクライアントから連絡を頂き、この事実が発覚しました。 犯罪に該当するのでしょうか? するとすれば、どの程度のものでしょうか? 現状、上層部と共にクライアントに謝罪をし、訴訟等にはなっておりません。 ご回答を頂けると幸いです。 よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
クライアント名義の文書を、無断で作成したことになりますので、
有印私文書偽造罪(刑法第159条第1項)が成立します。
また、偽造文書を使って費用を請求していますので、有印私文書行使罪(刑法第161条第1項)が成立します。

量刑については、クライアントが警察にでも相談しない限りは、そもそも刑事裁判にならないので問題とはならないでしょう。
また、金銭的な実害の大きさも重要です。クライアントが最終的に納得して支払ったり、そもそも支払わないで済んだ場合には、罪は軽くなります。
特に前科がなければ執行猶予の可能性が高いでしょう。

法律 についての関連する質問