JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

お世話に成ります。我が家は、ベット床(40~50)程の総合病院と隣接した、200坪弱の土地に自宅と駐車場があります。

解決済みの質問:

お世話に成ります。我が家は、ベット床(40~50)程の総合病院と隣接した、200坪弱の土地に自宅と駐車場があります。25年前に病院の増築にあたり、建ぺい率か容積率の不足の為、我が家の土地スペース目当ての記入済みの土地賃借契約書を持参して来ました。記 載内容は、賃借期間20年、賃料は256.500円/月と一方的な形式的ないようでした。しかし但し書きが最後に添付してあり、契約書は増築の為(東京と衛生局)に提出する目的で作成された物で、現実には土地賃借契約は無いものとする。と言うものです。しかし、16年前に家の改築で建築申請に行ったところ、土地の多くは病院の増築に使われ、家の改築:土地の有効利用計画に支障をきたしました。質問は、現在、以上の状況理由から、病院に我が家の土地売買を考えていますが、裁判を避け、良心的話し合いで商談をまとめたいのですが。法律的。道義てき見地からのアドバイス宜しくお願いします。相手の行為は詐欺に当たりますか?仮に裁判になった場合の優位性はどうですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
今回の契約は、いわゆる契約書上は、賃貸借契約ですが、実際は賃料の授受がないということですので、使用貸借契約にあたります(なお、期間20年としていますが、この期間を使用貸借の機関に充てるかどうかがポイントになります。)。
使用貸借は、貸主が、借主に対して無償で目的物を引き渡す契約です。貸主としては、貸主の使用収益を認める代わりに、期間の定めのない場合には、契約解除を求めることは出来ます(今回、契約書上では20年の賃貸借契約となっていますが、現実には期間の定めのない使用貸借契約とみなされますから)。

なお、ご 自身の家の改築に支障をきたしたということですが、借主の使用収益を妨害しない程度に受任義務を負う、とされていますので、自宅改築に支障をきたしたことは、受任義務の範囲内と考慮されます。

後は、病院側の出方次第でしょう。病院の改築が、ご自身の土地利用権の侵害に当たるかどうかは、個別判断にもよりますが、今回、売却を病院になさるということですが、ご自身の家の改築に支障をきたしたということで、使用貸借契約の即時解約と20年間の賃料(6,156万円)や、周辺の土地価格を鑑みて、売却価格をお決めになられては如何でしょうか?
なお、病院の一連の行為が詐欺になるかどうか、ということですが、飽くまで詐術を用いたとは到底言えませんので、詐欺とは言えないでしょう。裁判でも、どちらが優位か?となりますと、病院の公共性を加味され、やや病院側有利に働くかもしれません。
あとは、専門家にご相談をなされて、ご判断なさった方がいいと思われます。
kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問