JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

少額訴訟をおこされました。被告の立場で、簡易裁判に訴訟の申し立てをすることは、可能でしょうか?金銭的トラブルと、原告

質問者の質問

少額訴訟をおこされました。被告の立場で、簡易裁判に訴訟の申し立てをすることは、可能でしょうか?金銭的トラブルと、原告は主張しますが、県、市がらみの助成金をつかっ ての詐欺まがいの行為をされてます。訴えの背景には、そのようなことがつながっています。もちろん少額訴訟をおこされるいわれもないのですが、そのことを証明するにも、その助成金をつかった詐欺まがいを証明しないと、訴えられた側の立場から不利になるかと、懸念し、悩んでおります。原告は、不動産の仕事もされていて、少額訴訟に慣れてるようです。
また不思議なのは、少額訴訟をおこす申請場所が、原告、被告の関係ない地域(他市)の裁判所からきました。そのようなことは、可能なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
>被告の立場で、簡易裁判に訴訟の申し立てをすることは、可能でしょうか?

可能です。
民事訴訟法第373条第1項により、
被告は少額訴訟を通常の訴訟に移行するよう申述することができます。ただし、被告として出頭する最初の口頭弁論で申述する必要があります。
ご質問にあるとおり、被告として立証するべき事項があるのでしたら、1回で終わってしまう少額訴訟は不利ですから、移行を申述した方がいいでしょう。

>原告、被告の関係ない地域(他市)の裁判所からきました。そのようなことは、可能なのでしょうか?

可能です。
民事訴訟法第5条には、どの裁判所を使うのかについて詳細な規定があります。
義務履行地、支社がある場所、不動産所在地など様々な場所の裁判所を用いることができるとされていますので、その規定のうちのどこかの裁判所に対して訴訟を提起したのでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
裁判の申し立てのタイミングは、提出する答弁書に裁判の申し立ての記載して提出でも良いのでしょうか?
答弁書の質問 事項は、埋めなければいけないのでしょうか?また、申し立てをされた裁判所と、住まいは、広島と大阪ほどの距離にあり、不動連も居住もと全く関係のない地域です、意義申し立ては、出来ないのでしょうか?少額訴訟を同じ地域で、数回申し立ては、出来ない?って聞いたのですが、それが正しければ、原告は、同じ手口で以前にも起こしてる常習せいのある方ではないか?とも思うのですが、そのあたりを教えてください。それと、訴訟を起こす場合原告の申し立ての裁判所まで、車で、五時間は、かかります、裁判所の変更は可能でしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
裁判の申し立てのタイミングは、提出する答弁書に裁判の申し立ての記載して提出でも良いのでしょうか?
答弁書の質問事項は、埋めなければいけないのでしょうか?また、申し立てをされた裁判所と、住まいは、広島と大阪ほどの距離にあり、不動連も 居住もと全く関係のない地域です、意義申し立ては、出来ないのでしょうか?少額訴訟を同じ地域で、数回申し立ては、出来ない?って聞いたのですが、それが正しければ、原告は、同じ手口で以前にも起こしてる常習せいのある方ではないか?とも思うのですが、そのあたりを教えてください。それと、訴訟を起こす場合原告の申し立ての裁判所まで、車で、五時間は、かかります、裁判所の変更は可能でしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
以下、回答はしますが、新しい質問をする場合には、新たに料金を出して質問をするか、承諾をしてから質問をするようにしてください。


>裁判の申し立てのタイミングは、提出する答弁書に裁判の申し立ての記載して提出でも良いのでしょうか?

裁判所がいいといえばいいのですが、答弁書には書かないほうがいいでしょう。
答弁書を出すということは、少額訴訟で争う態度を見せるということです。
少額訴訟ではなく通常訴訟でやりたいのであれば、少額訴訟で争う態度を見せない方が態度が一貫しています。

>答弁書の質問事項は、埋めなければいけないのでしょうか?

少額訴訟で争わないのであれば、埋めなくても結構です。

>不動連も 居住もと全く関係のない地域です、意義申し立ては、出来ないのでしょうか?

民事訴訟法第5条には全部で15つの場合を規定しており、そのうちのどれかに該当しているものと思われます。裁判所を変えてほしいということはできますし、車で5時間かかるのであれば、以後は電話での出席にしてほしいといえばよろしいかと思います。

>少額訴訟を同じ地域で、数回申し立ては、出来ない?って聞いたのですが、それが正しければ、原告は、同じ手口で以前にも起こしてる常習せいのある方ではないか?とも思うのですが、そのあたりを教えてください。

民事訴訟法第368条第1項ただし書き、最高裁判所規則により、1年に10回までとされています。今回はその裁判所で10回までは達していないものと思われます。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問