JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

祖母が亡くなる前、祖母の土地を長男の名義にする際、次男、長女、次女には、財産を分配しました 祖母が死亡後、

解決済みの質問:

祖母が亡くなる前、祖母の土地を長男の名義にする際、次男、長女、次女には、財産を分配しました


祖母が死亡後、さらに遺産を要求されましたが、祖母の貯金は施設費用などで、ほとんど残っていません

それでも、同居以外のこどもたちへ何か渡さなければいけませんか

祖母は15年近く痴呆がひどく、施設に入る前は自宅で長男の嫁が介護していました
そういったことは、考慮されませんか?

ちなみに、姉、姉、長男の兄弟構成で、昔から、長男夫婦は、姉たちからバカにされる扱いばかりでした・・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、お母様が亡くなる前に、推定相続人の方達に生前贈与的なものが

あったということですね。

 そして実際にお母様が亡くなって、相続が発生した時に、財産が無いことに

対して、お姉様達が、あるはずだと騒いでいるということですね。

多分、ご相談者様は、お話の内容からご長男様の奥様ではないかと思われます。

お姉様達から、お母様の預貯金を横領でもしたのではないかと疑われているのだと

思います。

相続と言うのは、他人であれば遠慮するところを、身内と言うことで本音や欲望が

丸出しとなり正に骨肉の争いとなるのです。

 現在は、お母様の晩年のお世話をしたことに対して寄与分を家庭裁判所が

あまり認める方向性にはありません。親の世話を金に換算するのかと言う

発想だと思います。認知症であれば、本来は、成年後見制度を利用しなければ

いけない現状もございます。認知症の方のお金の管理は法的にはできない

ことにもなっています。そこは、お姉様達も攻めてくる可能性はあります。

下手をすると横領罪での刑事告訴の可能性もあります。まさかとは思いますが。

 多分、このままでは、相手側もおさまりがつきませんから

家庭裁判所の遺産分割調停をご利用されると良いと思います。

これは、弁護士の先生にご依頼する必要はありませんが

少しでも負けないようにするには、弁護士の先生に代理交渉をお願いした方が

戦略的にもお得かもしれません。

 中には、確実に寄与分をもらおうと、ご長男様の奥様をお母様と養子縁組を

させると言う方法論を取るケースもあります。

そう言う意味では、もっとご相談者様たちも強気で攻めても良いかもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

返答、ありがとうございました。

私は、長男の孫です

子供のころから、おばさんたちの非常識加減にあきれていました

痴呆老人の介護の苦労も、お金に換算してほしいわけではありませんが、考慮されないとは、非情ですね

考慮し合える、親戚付き合いができないのも残念ですが・・・

遺産分割調停の際に必要なものは何ですか?

祖母の介護に必要だった経費の証明がないと、いけませんか?

一般的に、親が亡くなった場合、遺産とよべるほどのものがなくとも、長男は、ほかの兄弟にお金を渡すものですか?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ご相談者様は、ご長男様のお子様でしたか、大変失礼いたしました。

認知症の高齢者の場合、本来は、親族とも言えども、勝手に年金等のお金を

銀行からおろしたりもできないのが現状です。

そのための成年後見制度があります。成年後見制度が出来て10年ですから

まだ、浸透していない部分はあるでしょうが、

お姉様達からすれば横領があったのではないかと疑っているのでしょう。

多分、調停になってもそこは攻めてくるでしょう。

 とは言え、現実問題、お金が無いのに、お金をご長男様だからと

支払う必要はありません。まさに無理難題を押し付けているとしか言えません。

 調停は、家庭裁判所に申し立てるだけですから、相手方もそこまで争う気が

ないなら、先に、争いますかと内容証明等で、お伺いをしてみると言う手は

あります。

 もし調停になれば、どの程度の経費がお母様にかかったかわかる資料が

欲しいですね。

 まず、内容証明等の作成からなら民事法務専門の行政書士の先生に

ご依頼すると比較的安く済むでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問