JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

頚椎ヘルニアを発症した娘が(当時36才)整形外科医に頭痛も訴えていたが、ヘルニアとは関係ないと言われ、自分で脳ドッグ

解決済みの質問:

頚椎ヘルニアを発症した娘が(当時36才)整形外科医に頭痛も訴えていたが、ヘルニアとは関係ないと言われ、自分で脳ドッグを予約したもののその日を待たずにくも膜下出血で突然死しました。ヘルニアが軽快したかにみえたので、仕事を始めた矢先、勤務先でぶり返しというのかまた倒れ、勤務先近くの病院に入院したり、自宅近くの病院を希望し退院したが、入院させてもらえず自宅療養している最中のできごとでした。その間4.5人の医師に診てもらい 、いつもと違う頭痛を訴えていたにも関わらず、誰一人疑う医師がいなかったのです。入院を拒否された総合病院からは、救急医療も拒否されました。あれから一年、母の無念の想いは強くなる一方で、何も知らずに逝った娘が哀れで、遺された二人の幼子のことを想うと心が折れそうになります。当時経緯を知る人たちからは訴訟の声も上がり、今また医療に従事する人からは、「今は整形でもCTとるよ」と言われました。そこで質問です。医療訴訟は難しいでしょうか。訴訟とまでいかなくても娘に関わった医師たちから医療過誤を認めてもらえるでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.
医療関係の訴訟となりますと、担当した整形外科医に過失があったことを、訴訟を提起する側が証明しなければなりません。そうなりますと、どうしても専門的知識のある方が有利になってきます。
ですので、医療関係の訴訟を専門になされている弁護士へ相談の上、経緯を知る方に証言になってもらってみてはいかがでしょうか?
kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問