JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

86歳になる母の事です。母は証券会社と永く取引をしています。平成18年に扱者(女性)が代わりました。当初は現金の受け

解決済みの質問:

86歳になる母の事です。母は証券会社と永く取引をしています。平成18年に扱者(女性)が代わりました。当初は現金の受け渡しは金融機関の振り込みをしていましたが、もともと目が悪く高齢でもありATMの画面が見えづらくなって来ました。扱者は一緒に銀行へ行きATMや窓口での振り込みを手伝ってくれました。最初のうちは母の口座である碧信より入金し、控えも渡されていました。しかし平成21年1月頃より扱者が碧信から入金だと手数料がいる(会社持ち)。証券会社の振り込み先が三菱東京UFJ銀行(以下UFJ)なのでどこかのUFJから入れておくと言われ現金を渡していました。入金しているものとずっと思っていました。ATMで一緒に下ろし全額または生活費を引いた残り を渡していました。ときには窓口で振り込みを頼み隣にいたにもかかわらず出金しそのまま持って行ってしまいました。平成23年5月までに20数回で950万円くらいになると思います。扱者が転勤になり600万円を母の客勘定に戻していました。それでも母は気がつかずにいました。同年8月に数回母のもとを訪れ株を勧め、代金110万円を持って行きました。会社に問い合わせたところ株は買われないまま本人は行方不明で着服が発覚し8月だけで240万円になりました。240万円は双方が認めるところですが600万円で返済済みと言われています。はっきり分からないというのが理由です。なぜ950万円かと言うと母は碧信しか通帳は無く平成21年1月から平成23年5月まで出金合計が1472万円で証券会社に入金された金額は136万円。差額1336万円が扱者が着服した金額と母の生活費。母は家計簿をつけているのでその間の生活費合計が380万くらいなので950万円と思っています。差額の350万円が足りないのですが認められるでしょうか?また母は騙されていた事で体調を崩しました。慰謝料とか請求できるのでしょうか?教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 民事調停は、使用者責任で証券会社との話し合いでしょうか

それとも、横領した犯人が見つかり、その方との話し合いでしょうか?

多分、証券会社との話し合いですね。

 民事調停になったと言うことは、あまり証券会社の方から誠意がが示されなかったのかも

しれませんね。

 基本的に、大手企業との争いは、余程のことがないと良い結果にはなりません。

多分、先方は、専門の弁護士の先生で対応してくるでしょう。

 その場合、ご相談者様のお母様に対しての過失をついてくると言う

お母様にとっては辛い対応をしてくる可能性もございます。

 一つは、高齢と言うことで目が見えないと言うのもあったかもしれませんが

安易に、振り込みを他人任せにした自己責任は問われるでしょう。

お金が無くなったことに気付かなかったとなると、判断能力が劣っていたとも

解釈されるかもしれません。

 実際にどうかはわかりませんが、今後のこともありますから

判断能力が劣っているとなれば、法定後見を家庭裁判所に申し立てるか

まだそう言う状況で無くても、任意後見をつけて、司法書士や弁護士の先生などの

専門家に手続きをお願いした方が良いかもしれません。

 差額の350万円が足りないことの詐欺等の立証責任は、お母様側にありますから

証拠を揃えなくてはいけません。

企業側が、管理責任義務違反はなかったと主張しても、すべて白と言うことは

行かないでしょうが、一度調停で出方を見て考える手もあります。

企業側も横領の犯人が逃げているとなると、求償ができなくて対応が

厳しいかもしれませんが、本来は、そのような対策のために

企業側は従業員に保証人をつけていたりしているので

普通であれば、損害賠償はあり得ますが、慰謝料の方は、お母様の過失を

ついてくるかもしれません。

いずれにしろ、警察に被害届は出しておくべきでしょうね。

調停段階では弁護士の先生にご依頼する必要はありませんが

状況によっては、お願いした方が良いかもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。さらにお聞きしたい事があります。

 先日、裁判所へ行って来ました。調停申し立ては証券会社です。

 彼女(犯人)は居所がわかり、現在、会社側が把握していると思います。

 会社側としては金額がわかっている240万円(23/8月分)で済ませたかったんだと思いますが、こちら側がもっと多いはずと申し出ましたので、調停ではっきり決めようという事です。

 調停員の方に裁判所へ家計簿のコピーを送って下さいと言われているので今日、明日中の送付します。

 こちらにも過失があるのでどのくらいまでなら譲歩できるか決めておいて下さいと言われました。

 証券会社の方に「警察に被害届を出しても、お金が戻ってくるとは限らないので得は無いですよ」と言われました。他にも被害にあった方がいるらしく、私どもより10倍以上の被害額があるそうです。お金が戻らないと困るので警察に被害届は出していません。どうなのでしょうか? 

 それと23/8月に持って行った分のうちの110万円ですが、第一汽船という株を買うはずだったが買えず、値上がりしました。利益が出るはずだった分を請求できるでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

確かに被害者が多ければ、被害者の数で今ある返済可能額を分けることになる可能性は

あります。

たいてい、裁判になった後は、返済額が物凄く低い額になることも多いですね。

この手の話は、表沙汰になると、自分も被害者だったと、どんどん被害者が

増えていくと言う現象があります。

ある程度の返済をしてもらえるのは、人知れずに返済に向けて動き出した方で

裁判前などが多いですね。

裁判等になってからでは遅いですし

確かに、逮捕されてしまえば、いくら後で民事訴訟で争うと言っても

難しいでしょうね。

証券会社の方の話は正しいとも言えます。ある意味、会社も被害者でしょうからね。

そう言う意味では、調停でも早目に返済してもらうよう動くことです。

伸ばしても返済額が大きく変わることはないでしょう。

本来なら示談でも良いところです。

 第一汽船の話は、単に株が上がった時点での話で

では下がったらその分、返済しないでも良いのかと言う話になります。

そこの値上がり分云々は難しいでしょうね。

とにかく、早目にかたをつけることが大事な案件のようです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問