JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4803
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚 財産分与 親権

質問者の質問

離婚 財産分与 親権
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
1 財産分与

離婚時に存在する財産を、半分ずつに分けます。結婚生活中に貯めた給料については、半分を分与することになるのが通常です。
もっとも、結婚前から持っていた財産や、結婚生活とは無関係に取得した財産は、半分に分ける必要はありません。
調停では、お互いの通帳などを開示しあって、財産分与の対象となる財産の範囲を話し合うことになります。

2 親権

親権をどちらがとるのかについても、調停で話し合うことになります。
母親有利なのが実情ですが、
・お子さんが質問者様との生活を望んでいること
は、有利に働くことになります。
その他、お子さんを養っていくだけの能力があるのか、を主に審理することになります。


調停では、夫婦同席かまたは片方在席で、調停委員から言い分を求められます。
弁護士に頼まずとも、ご自分で言いたいことをしっかりと説明すれば問題ありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
妻が出て行った(「子供連れて)後に私名義 妻名義 子供名義 貸金庫の現金等を
すべて引き出し 私の親に譲渡したのですが ですので現在現金はほぼありません

家は親名義です これでも財産分与は必要なのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
すべて親名義にした理由が、財産分与をしたくないため、ということでしたら、
そういった主張は認められません。
実質的には、質問者様・奥様名義の財産であると考えられます
から、財産分与は必要です。

質問者様の親の財産であるとする理由(名義が親というだけでは不十分です。)をしっかりと説明できれば財産分与は不要です。

不動産についても、調停間際になって名義を変えたということでしたら、やはり財産分与は必要です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
子供の養育費のためにしたことなのですが それでも

財産分与は必要ですか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
養育費のために財産を譲渡するというのでは、調停委員は納得しないでしょう。
養育費が必要ということでしたら、むしろ預金を持っておくべきだと考えられてしまいます。

また、親に名義を移す代わりに、対価を受け取っているのでしたら、その財産を分与する必要があります。

ただ、財産分与は双方が納得すればどのような形で解決しても構いませんので、奥様において財産分与を希望しないのであれば、財産分与しないで解決することは可能です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
では 全くの他人 あるいは浪費したしたということにすればどうなのでしょうか?

全く貴殿の回答に納得できないですが 
質問者: 返答済み 5 年 前.
全然ダメ
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
納得できるかどうかではなく、そのように処理されるのです。
直前になって名義を変えて、「自分の財産ではありません」などという言い訳は通用しません。

>全くの他人 あるいは浪費したしたということにすればどうなのでしょうか?

そもそも、真実に反する主張が認められないでしょう。
そういったように、形式をいじくって調停委員をごまかすことはできません。
自分の財産なのでしたら、どのように体裁を繕おうと、財産分与は必要です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
実際現在から現金をすべて使ったらどうなんでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
全く理解力がなく、法的手続きを遵守する精神に欠けていることが明白です。

意味不明な財産隠匿に協力することはできません。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

先の専門家の先生が、オプトアウトされましたので

引き続き、わかる範囲でご回答いたします。

 ご相談者様は、どうしても、財産分与をされたくない様な話ですが

先の先生がおっしゃる通り、かなり無理のある行為となります。

確かに、養育費の問題はあるでしょうが、奥様が無職であれば

離婚後の養育費の請求は難しいでしょう。

たいていは、ご主人側がお子様を養育する場合は、奥様から養育費は

取らないことが多いようです。調停になれば、9割方は奥様に親権等が行くケースを

考えれば、養育できる状況にあることはレアなケースとして喜ばしいことです。

 財産分与すべき共有財産を、そのような使い方をした場合は

横領罪となる場合もございます。

 夫婦だから身内だからと、親族相盗例が働くかどうかは

このケースでは難しいかもしれません。なぜなら別居時点で夫婦関係が

破綻していることも考えれれる訳です。破綻している場合は、他人と同じですから

刑事告訴される可能性もあります。

 現金をすべて使った場合は、奥様側に弁護士の先生がつけば

別居を長期化させて、婚姻費用を請求し続けられる可能性があります。

 特に、以前のご相談者様のご質問でDVを離婚理由にしているとありましたので

有責配偶者からの離婚が原則できませんので

判例上は6年で離婚は可能のはなっていますが

相当な額の婚姻費用を支払うことになります。

 ましてや、応じなければ傷害罪で刑事告訴もあり得ます。

あまり奥様側が不利になる行動はされない方が良いと思いますし

仮に調停から裁判に移行した場合は、かなり不利になる場合がございます。

 きちんとした対応の方が得だとは思います。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問