JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

一方的に理由も示されずに交際を絶たれました。このまま、泣き寝入りしなくてはいけないのでしょうか? 7年間の遠距離で愛情も時間も経費もかけました、婚約破棄で慰謝料を請求したい思いで

解決済みの質問:

一方的に理由も示されずに交際を絶たれました。このまま、泣き寝入りしなくてはいけないのでしょうか?
7年間の遠距離で愛情も時間も経費もかけました、婚約破棄で慰謝料を請求したい思いです。

お互いに死別同士で、結婚を前提に7年間遠距離のお付合いをしました。それぞれの家族とも顔合わせも了解し合い
通い合い事実婚の状態でした。相手の息子の結婚式にも親族側で出席し私の父の葬儀にも親族側で参列して
います。相手の2世代住宅を新築した時に自分たちの食器や家具を用意したらと言われて数十万分の経費をかけて
用意しました。7年間で私は325キロ離れた相手宅へ約80回通っています。高速代・ガソリン代・相手方へのお土産代
相当額を使っています。父が亡くなりやっと一緒になれると思った矢先に、2月末に10日滞在し帰宅した後から、
連絡が途切れ、メールにも電話にも出なくなりました。3月末に突然お別れメールが来て驚いて325キロ車を 飛ばして
合いに行きました。(雪国で、3月末まで車ではいけない所でした)今は、良いが後でゴタゴタするのは絶対嫌だと、
言われました。家族と(息子夫婦でしょう)上手くいかないだろう!と。7年間もお付合いをして、思いがけずに急に
絶縁されショックでうつ状態で、診療内科に通いながら何とか働いています。
シニアの再婚は、家族との事は想定していたはずで、私がご縁を絶ちたい時は引き留めていていながら・・・
3ケ月過ぎましたが、沈黙を守り私に用意させた食器や家具は、返してくる気配はありません。メールも携帯も着信
拒否にされています。交通費・預かり金として7年間で計60万使うなよと渡されています。これが、資産数億と自慢して
いた大農家の主人がすることかと悔しくてしかたありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。この度は大変な事態に遭遇されまして、心中お察し申し上げます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

精神的苦痛に対して慰謝料請求をしてみてはいかがでしょうか(民法709条・710条)。

 

イキナリ訴訟という訳にはいきませんから、まずは行政書士さんや弁護士さんに依頼して、内容証明郵便で、慰謝料請求の①通告書をお出しになると良いと思います。

 

相手が和解に応じてくれば、そこで、やはり行政書士さんや弁護士さんに依頼して、和解協議書を作成してもらって下さい。

 

相手が和解に応じなければ、②民事調停の申立て、③民事訴訟などの選択肢があります。

 

貴方が法的措置を取った場合、相手は資産家だそうですから弁護士が代理人として出てきて解決する可能性が高いです。

 

貴方は素人さんなので、まともに相手にされない可能性が高いです。具体的に申し上げると、貴方の主張には法的根拠がないので和解金はゼロとか、相手の責任を極端に低く評価して、スズメの涙のような和解金を提示してくる可能性が大です。

 

貴方も可能でしたら、弁護士さんを代理人にして対抗しないと、この問題の解決は難しいと思います。

 

費用面等でご心配がありましたら、法テラスなどにご相談なさるとよろしいと思います。

http://www.houterasu.or.jp/nagare/youkenkakunin/index.html#no1

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。回答をご理解頂けましたら【承諾】をお願い致します。新たにご質問がある場合は、【承諾】後にお願い致します。

法律 についての関連する質問