JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4403
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

会いたくないと言う離婚した父親に息子が会いに行くことは法律に違反するのでしょうか?離婚調停中は全て終わったら会っ

解決済みの質問:

会いたくないと言う離婚した父親に息子が会いに行くことは法律に違反するのでしょうか? 離婚調停中は全て終わったら会って話すと言い続けていました。離婚後、私ではなく息子に一方的に親展扱いで「修学旅行費は払わない。払えないのなら引っ越せ」など自分の金銭的な要望のみを手紙で知らせてきました。それに、抗議しましたら養育費減額請求の申立をされました。その間、息子が会いに行きましたら、弁護士から、躁鬱病だから、会いに来ないように、監護監督しないと民事刑事で訴えると内容証明が届きました 。 調停は相手方が取り下げ協議は終了しました。相手の弁護士は、元夫とは話しておらず、代理人である妻としか話していませんでした。調停委員からは、弁護士に相談した方が良いのではと助言されました。その数日後、息子の担任にその妻が「父親は躁鬱病だから、自分が代理人として連絡しているといい。息子が父親に会いにきたら警察に訴えるぞ、学校で監督しろ」と連絡しました。息子は「一度は父親と会って話したい。」と言っています。元夫、躁鬱病といっても仕事もかわらずやっていて、それどころか、ある市主催のパネルディスカッションに先生として出て、H.Pでその事を公表しています。妻の行為は脅迫罪にならないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、ご相談者様の立場は、離婚された元奥様ということでよろしいでしょうか?

息子様と言うことではないですね。

 基本的に、実のお子様が、ご両親が離婚したからと言ってお父様に会いに行くことは何ら問題は

無いと思われます。

 ただ、お話から、元ご主人様の新しい奥様が、ナーバスになっている部分が

あるようです。

 一つは、ご主人様の実のお子様とは言え、養育費や特別の出費に対する

負担感があるのかもしれません。

仮に、元ご主人様が再婚されたのであれば、扶養家族が増えるので養育費の

減額対象になることはあります。

多分、特別の出費に対しては、調停調書でも協議で決めるみたいな条文だと

思いますので、一般的には離婚すると仲が悪いので離婚したのだから協議は

無いと踏んでいたかもしれません。そこで、かちんときているのはあるかもしれません。

至極、元ご主人様側の勝手な発想ではありますが。

 もう一つは、新しい奥様としては、ご主人様の財産を、もしもの時に

前の奥様のお子様に法定相続で半分、遺留分減殺請求でも4分の1取られると

言うせこい意識になっているのでしょう。

 躁うつ病は、一つの方便に過ぎないと思われます。

ただ、弁護士の先生からも内容証明が来るなら、かなり本気度は高いですね。

確かに、新しい奥様がしたことは、脅迫罪や強要罪にあたるかもしれません。

 ただ、実のお子様に本心で会いたくないと言う父親はいないと思いますので

新しい奥様に遠慮しているのかもしれません。

 そう思えるのは、自分の行動をいろいろHPに載せていると言うことは

その会場などに、お子様が訪ねてくることを期待されている面もあるかも

しれません。すごく良い方向に解釈すればですね。

 法的には、家に勝手に上り込めば問題とはなるでしょうが

外で会うのは、新しい奥様に発覚しなければ問題はないかもしれません。

確かに、そこに新しい奥様がいればもめるかもしれませんが

何もしないよりはやってみても良いでしょう。

 もしくは、調停委員の方がおっしゃるように

弁護士の先生にご依頼されて、第三者を交えて交渉すれば

会うことも可能かもしれません。

現状では、新しい奥様に抗議したり刑事事件で告訴をする対立構造は作らない方が

良いかもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとう、ございます。私の立場は元妻です。元夫は「お前とは話さない、これからは、息子と話す。」と言い家をでて行ってから、数日後、子どもの学校に現れ近くのマクドナルドに連れていき、「お父さんとお母さんの離婚はしょうがないけど、自分の生活だけは守ってください。」という息子に「学費はだしてやると言って居るのだから有り難く思え。今の家(賃貸)はあきらめろ。田舎に引っ越せばいいだろ。それがおまえの運命だ。あきらめろ。」と言っています。それから、息子の精神は不安定になり大変でした。離婚調停中、家を解約すると言われ、私は行くところもなく、息子の精神的安定を考え、相手方の離婚条件を全てのみ離婚しました。離婚後、精神的に落ち着いた息子は、会いにいきました。元夫は息子の胸ぐらをつかみ脅したあと逃げ ようとし、それを引き止める息子に対し、元夫は通りがかり大人二人に「こいつを取り押さえてくれ」と言い、息子が取り押さえられてる間に走って逃げました。唖然とする大人に息子が事情を説明すると一緒に新橋の駅までおいかけて下さったそうです。この事件を息子は過去に暴力事件を起こしているので、危ないから会わないと弁護士からの内容証明には書いてあります。暴力事件を起こしたのは、元父親だと思うのですが?元夫は離婚後2ヶ月で会社の同僚と再婚し、その2ヶ月後にマンションを購入しています。妻も働いてます。この再婚の事実もわざわざ元夫(妻?)が知らせてきました。私はとにかく調停で約束した学費を払ってくれればいいのですが、それも払わないと言っていますし、ここまで息子を傷つけ利用されて、許せません。息子の名誉と権利を守りたいのですが?
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話から、私の元ご主人様に対する認識が甘かったようです。

残念ですが、息子様は、もう、お父様とは会わない方が良いでしょう。

親子の確執と言うのは、難しいものです。

お互い、それでも身内と言う甘えから、遠慮せずにそう言うことができるんでしょうが

今後も会えば、喧嘩となれば、傷害事件など起きかねません。

息子様が変に事件に巻き込まれないようした方が良いでしょう。

よく言われることですが、お父様は死んだものと諦めた方が良いでしょう。

関わるだけマイナスです。

 とは言え、調停で決めたことを守れないのは困ります。

支払を協議すると言う約束なら、協議ができないので、やはり調停でしょう。

支払うことが調停調書にあるようであれば

家庭裁判所に、履行勧告、履行命令を出していただきそれでもだめなら

強制執行となります。

すでに調停は申立てていらっしゃるようですから、そこでの話し合いですね。

これまでの息子様と元ご主人様の経緯は、陳述書として、調停委員の方に事前に出されて

おくと有利な展開になると思われます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご返答ありがとうございます。やはり、そういう事ですね。元夫も変ですが、再婚した妻が更に変で、元夫の母から聞いたのですが、離婚後元夫が夫婦喧嘩で妻を殴ったそうで、妻は警察に通報し元夫の母に「傷害で訴える、離婚するから1千万円よこせ」と写メを送ったそうです。元夫は家に帰れず、カプセルホテルに泊まっているといい母親のところに来たそうです。また、その妻が入信している宗教にも入信し ているそうです。離婚後、元夫の父が他界し多少の遺産があるのですが、それも、母親は認知症だと言いだし、遺産の権利をよこせと揉 めたらしく、母は老後の資金に当てにしていた家賃収入の1/4(妹がいます)を渡すはめになったそうです。お葬式でも、息子の養育費を母親(祖母)に払えと言い親戚から説教され、二人は仕事が忙しいと言い途中で帰ったそうです。母は「あの子(元夫)は妻に殺されるわね。家のローンはあの子が死んだら払わなくていいそうだから。お金が目当てだったのよ。騙された。」と私に泣いて話されました。元夫については、本人が現状を受け入れている以上しょうがないですね。学費については調停で頑張ってみます。妻については脅迫罪で申立てるのはやはりやめたがいいでしょうか?しつこくてすみません。
追記です。離婚調停条項は支払うことを約束する。になっているので強制執行はできないそうです。ですので、支払うとする調停を申立てました。
元夫は恥ずかしながらこんな事をしていて、○○新聞出版で児童書の編集のデスクをしています。○○市でのパネルディスカッションでも先生様扱いで市長まで参加しています。息子は世の中を信じられなくなっています。裁判所さえです。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話から、元ご主人様も新しい奥様も相当のものです。

調停調書に関しては、内容云々と言うよりも、公正証書と違いすぐに

強制執行ができないようになっています。

次の調停をされたとしても、家庭裁判所の履行勧告、履行命令を経ないといけません。

一番良いのは協議の上で公正証書を作成することでしょうが

現状では難しいようですので、調停で頑張って下さい。

 新しい奥様に対して脅迫罪で警察に告訴しても

実際問題弁護士の先生もついていますから、不起訴処分となる形でしょうし

もっと問題なのは、そのことによりご相談者様親子に対して

逆恨みで嫌がらせなどがあることでしょう。

逆恨みと言うのは意外と多いのです。

ここは関わらない方が良いでしょう。そう言う事実があったことを

今回の調停でお話すのは構わないと思いますが。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご返答ありがとうございます。やはりそうですね。養育費減額請求の調停で裁判官が入っていたのですが、裁判官からは、「心は裁けない。とにかく、刺激しないよ うに。」と言われました。但し、どうしても自分では学費が払えない場合は貴方が調停を申立てる事と言われました。それで、今回の申立てをした次第です。裁判官からは、「弁護士を立てないでもこのくらいだったったら貴方でやれるでしょう」とも言われましたが、不安です。しかし、金銭的余裕もないので、とりあえず調停で頑張ってみます。離婚して一年半ですが、離婚から離婚後とずっと申し立てられ、弁護士相手に素人なりの陳述書や意見書を書いたりで現実はヘトヘトですが、子どもの将来の為にやってみます。ありがとうございました。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

調停は、当事者同士が調停委員の前で話し合うのが普通ですが

養育費や婚姻費用のような算定表があるものは

弁護士の先生が入ろうが入るまいがあまり変わらずに

請求者の有利になるようです。

裁判官の方がおっしゃったのであれば、問題は無いと思われます。

だいたい質問もまとまったともいますので

よろしくお願い致します。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4403
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問