JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

3月末に新車を購入しました。 2週間くらいたった日に、エンジンがかかりにくいという状態があり何度かかけ直しているう

質問者の質問

3月末に新車を購入しました。
2週間くらいたった日に、エンジンがかかりにくいという状態があり何度かかけ直してい るうち5,6回目にかかりました。
その後、また同じ状況があり1ヶ月点検で調べてもらったところ、「原因がわからないのでそのまましばらく乗って様子を見てください」と言われました。

それから先週までに2回、エンジンがかかりにくいという状況で、担当のかたに連絡し3日前からまた点検に出しています。

担当のかたによれば、エンジンがかからないその時にすぐ連絡をくれれば、機械もっていき調べることも可能だと言いますが、時間で動いている忙しい状況で担当の方が来るのを待っている時間はありません。

先ほど担当者に連絡をもらいましたが、あずかっている間にはエンジンは通常機能していて原因がわからないので、とりあえず故障の可能性のあるプラグを交換し車を戻すのでそれでまた乗ってみてください、ということでした。

結局、原因が解明されていない状態で、また同じような状況になる可能性は残っています。

新車を買ったのに初めからこのような状態ではとても憂鬱です。

はじめから欠陥車のような車にこの先乗るのは不安です。

状況が証明できれば返品や新車交換などもできるのでしょうか?

今の状況では我慢してその車に乗るしかないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。この度は大変な事態に遭遇されまして、心中お察し申し上げます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

欠陥車の疑いが濃いと思います。売買の目的物に隠れた瑕疵(かしと読みます。「欠陥」のことです)があったので、民法570条の瑕疵担保責任を車屋に問える事案だと考えます。

 

大量生産されている自動車なので不特定物になりますので、適用する条文は民法415条の債務不履行責任だと主張する民法学者もいますが。

 

いずれにしても民法570条または415条に基づき、契約の解除(この契約はなかったことにする)と損害賠償請求等の主張が可能な事案だと考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早急にご回答いただきありがとうございます。

 

契約解除の申し出が可能だと知り、安心しました。

 

新たに同車種の新車に交換を要求し、受け入れてもらえない場合契約解除の選択をすることが可能だとの認識で良いですか。

 

購入から期間が経っていますが、問題ないでしょうか?

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

① 売買における瑕疵(かし)担保責任追求の損害賠償請求は、事実を知って

  から1年

 

② 債務不履行による損害賠償請求の場合は、請求できるときから10年

 

 

相手がご相談者様の契約解除の申し出に同意することも考えられますが。解除の申し出に何らかの理由(難癖!?)をつけて同意しない場合もあり得ます。

 

その場合は、調停、最終的には訴訟の申立てということも、可能性としてはゼロではないと思います。尤も、それは相手にとっても得策ではないので、何らかの譲歩案を出してくる可能性の方が高いと思います。

 

その場合は、その申し出を受け入れるか、あくまでも争うかのいずれかになる可能性もあり得ます。

 

相手のあることですから、必ずしも形式通りに行くとは限りません。色々な場合が想定されます。

 

相手は、顧問弁護士等の法律家もいるでしょうから。必ずしも正義が勝つとは限らないのが世の常です。理論武装が必要です。

 

 

ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。回答をご理解頂けましたら承諾をお願い致します。新たにご質問がある場合は、承諾後にお願い致します。

 

 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
貴方が価格を提示して回答を募集した質問に、法律家としての意見を回答致しました。次は貴方にに法律上の義務を果たすべき責任があります。

 

回答の意味が分からない場合は解説します。回答を踏まえて質問なさる場合は「承諾」した後に新規で投稿願います。価格を提示して質問した以上は責任を持って、ご対応をお願いします


shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。

要求可能な期間について分かりました。いろいろと勉強にな ります。

あと残る不安が一つあるのですが、ご返答下さい。

今回の場合、エンジンがかかりにくいという状況をメーカーや担当者は実際に確認できていません。メーカーが持ち帰り調べている段階ではエンジンは通常機能していますので私の話の内容から原因究明をしています。

このように実際にメーカーのほうで確認できていないトラブルの状況をもって、交換や契約解除の要求が可能でしょうか。

メーカーのほうでは、たまにそういった事例(エンジンがかかりにくという)はあります。とは言ってましたが、「そんなに頻繁に短い期間にあるのはじめて」ということを言われました。




専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

法律問題は、①法律的に問題のある事実が存在し、②該当する法律を当てはめ(民法570条または415条)、③法的効果(解除・損害賠償)が発生するわけですが。

 

ご質問は①についてですが。私は②③は一応専門家ですが、自動車のメカニックについては素人です。

 

しかし、文面から拝察する限りは、ご相談の案件は①目的物に隠れた瑕疵(民法570条)があった、または債務の本旨に沿った履行があったとは言えない(同法415条)事案だと思われます。

法律 についての関連する質問