JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

家族の看病のため仕事ができなくなり、生活保護の申請を出したのですが、 実家に確認の書類が郵送されると聞いていたのに

解決済みの質問:

家族の看病のため仕事ができなくなり、生活保護の申請を出したのですが、
実家に確認の書類が郵送されると聞いていたのに、なかなか届かなかったようで、
おかしいと思ったら、なんと実家の隣りの家に届いていたようです。

実家の隣の家も同じ苗字 で、郵便局の人が間違えたのかもしれません。
何日かして知らないはずの人から、「保護受けてるんだって?」と聞かれました。
噂になっているようです。

書留にすれば、こんな間違いが起こるはずもなく、配慮のなさに腹が立って仕方ありません。
このような場合 誰に責任があるのでしょうか。

生活保護を受けると人権まで無いのでしょうか?受給者の個人情報なんて、どうでも良いのですか?
芸人のニュースのせいで、さらに肩身がせまく、子供を病院にも連れて行けません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます 。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

まず郵便局の配達員の誤配によるものですね。その場合郵便局に責任を問えるかということですが、残念ながら「普通郵便」の誤配は損害賠償の対象にはなりません。

では、役所の生活保護課が発送方法を「書留」等にしなかったため、個人情報が知られてしまったことによる責任を問えるかということになりますが、個人情報保護法には発送方法の明確な規定はされていません。つまり発送する側が決めることができるものとなっていますので、たとえ誤配されたとしてもその責任はないことになります。
もし、受け取る側が「普通郵便」では不安なので、「書留」にしてほしいと頼んで差額を払えば「書留」にしてくれたとは思います。残念ながら自分の個人情報は自分で守るしかないという現状なんですね。
相手が一般企業であれば、個人情報を守れない会社だということで評判が悪くなってしまうことを恐れ、郵便物の発送方法に十分気をつけていますが、役所は必要最低限のことしかしてくれません。
質問者様の心痛はお察しいたしますが、今回の件では誰かが責任を取るということは難しいでしょう。

しかし、質問者様が今回生活保護を受けるにあたって今騒がれているような「不正受給」ということでないのであれば、何の後ろめたさを感じることはありません。保証制度として受け取る権利がありますので、堂々と受け取りましょう。お子さんも病院に連れて行ってあげてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

私のような人間に親切に、ご回答いただき ありがとうございました。

人様の手紙を勝手に見ただけではなく、噂まで流す人の事も許しがたいです。

それも個人情報を自分で守らなかった私のせいでしょうか。

基本的には、気付かなかった自分も含め 皆 許せません。

でも、shihoushoshikunさんの「何の後ろめたさを感じることはありません。」という言葉に救われた気はしています。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問者様のやり場のない怒り、心痛はごもっともです。

他人の封書を勝手に開ける行為は誤配によるもので気がつかなかったと言われてしまうと、責任を問うことは難しくなりますが、有害な噂を広めるという行為は犯罪となる可能性があります。いずれも質問者様が防ぐことのできないことですから、ご自分を責めることのないようにしてください。

さて、有害な噂を広めるという行為は、「名誉毀損」として刑事告訴し、民事として「不法行為」を 形成し損害賠償を請求することができます。
ただ、そうするためには噂を広めた人が、噂の発信源であることを特定できるような「決定的な証拠」が必要となります。しかし、この証拠を集めるのがとても難しいといわれています。噂を聞いた人に証言してもらうことが考えられますが、ご近所でのことということもあり、面倒なことに巻き込まれたくないと考えて協力をしてもらえない可能性があります。
裁判となると、質問者様にも心身ともに負担となります。それでも質問者様の気が済まないのであれば、証拠を集めた上で「内容証明郵便」を送り、これ以上噂を広めないでほしいということと、やめないなら法的手段をとると警告することで相手に心理的な圧力をかけることができます。

他人に知られたくない情報を知られ、それを噂されてしまっている質問者様のお気持ちはよく理解できます。とても悔しいですよね。しかし、そんな他人のプライバシーを話のタネにするような人間なんて無視しておけばいいんです。いちいち感情を害されてしまうことが勿体無いですからね。

ただ、どうしても我慢できないところまで追い込まれてしまったなら「法律」という武器で戦うこともできます。
無理なさらずに頑張ってください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問