JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4916
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

夫(47)の不倫相手(37位・夫が妻子持ちであることは知っています)が妊娠してしまいました。最初の二人(夫と彼女)の

解決済みの質問:

夫(47)の不倫相手(37位・夫が妻子持ちであることは知っています)が妊娠してしまいました。最初の二人(夫と彼女)の話し合いでは、中絶をすることになったのですが、後から彼女が一人で生み育てると言い出しました。そして私生児にはしたくないから、認知だけはして欲しいと頼まれ、夫は認知について殆んど知識が無いままに(例えば、養育費が発生する等)認知をしてしまいました。
 私たち夫婦は離婚するつもりはありません。夫婦仲はとても良好です。今、夫と私は認 知をしてしまった後ですが中絶を希望しています。これから彼女の所へ話し合いに行く予定ですが、私たちが気を付けなければいけないことを教えて下さい。認知後に 「中絶をして下さい」とお願いするのは、強要と取られますか?性的暴力で訴えられるとしたら、それはどういうことになるのでしょうか。
 また、娘は、「相手の女性の不貞行為なのだから、まずは堕胎してほしいし、止むを得ず出産してしまっても、相続なども放棄してほしいし、慰謝料、養育費、後見の義務なども、父(である私の夫)に求めさせたくない。できればこちらが女性から慰謝料を取りたいくらいだ」と言っています。私も同じ気持ちです。
 しかし、その「相手女性の不貞行為」をこちらが武器にするには、当然「私の夫の不貞行為」という弱点もセットになってきますが、その上でこちらが有利になるにはどうしたらいいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に、中絶を強要することはできません。産む産まないは母親の意思だからです。

その上での、交渉になってきます。

現在は、判例で、中絶においても、誠実な対応をしなかった男性に対して

慰謝料請求が認められています。

中絶をさせるのであれば、それ相応の慰謝料を支払うことになると思います。

 認知に関しては、すでに胎児認知をされたのかもしれませんが

ご主人様が拒否をしても、強制認知と言う形で、裁判認知されることは

避けられません。

 相続においては婚外子と言うことで、嫡出子の半分の相続権があります。

相続のことも懸念されていますので

もし、ご相談様が離婚に至ってしまえば、ご主人様の相続権は無くなります。

その後に後妻として相手の女性が入籍する場合もありますので

それを考えれば離婚は考えない方が良いのかもしれません。

 多分、認知を要求して来るぐらいですから

相続の放棄はお子様のこととは言えあり得ないでしょうね。

養育費もしっかり取られるでしょう。

 交渉の仕方としては、やはり間に弁護士の先生を入れた方が良いでしょう。

この手の問題は当事者で感情的になって交渉するよりも

第三者の弁護士の先生を入れて事務的に、手切れ金などで交渉して行く方が

良いでしょう。

 また、本来は不貞行為ですから、多額の慰謝料を請求することも主張されると

良いと思います。中絶する場合は、それはなく、手切れ金まで支払うと言うような

交渉になるかもしれません。

 後は、先方の愛人の親御様も巻き込めば、普通は、不倫の子は問題と

なるでしょう。

 ご主人の不貞行為と言うのは、ご相談者様には不利と言うよりも

ご主人に対して慰謝料も請求できますし、相手の愛人にも請求できますから

そう言う問題は考えなくても良いでしょう。

堂々と、愛人の女性に主張されて下さい。

仮に、ご主人様が、ご相談者様と離婚をすると言って相手を騙すようなことになっていても

不倫を知って対応された愛人の女性の有責性が消える訳ではありません。

 とにかく、強要に受け取られないように、お願いすると言う立場で

対応するしかありません。相手が、養育費や相続権を放棄すると念書を書かせる

のも法的には効力がないですが形式上はしておいても良いでしょう。

実際には、養育費は公正証書でそのような契約もできますし

相続権に関しては、ご主人様が遺言で、認知したお子様にあげないように書くことです。

中絶をしない場合は、多額の慰謝料を請求していくと言うことは強気で主張されても

良いでしょうね。

 専門家の立場としては、弁護士の先生にご依頼された方が良い案件です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問