JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

すみません。お聞きします。 私は55歳になる「長男の嫁」です。 夫は高卒、次男は大学卒業です。それも予備校に1年

解決済みの質問:

すみません。お聞きします。
私は55歳になる「長男の嫁」です。
夫は高卒、次男は大学卒業です。それも予備校に1年、大学は1年留年したので5年通いました。実家 からではなく寮住まいでした。
お聞きしたいのは、学歴は「贈与」とかの対象になるのでしょうか。兄弟2人が同じような学歴だとなにも思わないのですが、ちょっと差があるのと、親の財産と言えば、今住んでいる家と土地だけなのです。弟はその財産の四分の一をくれ、とは言いません。が、本当の所学歴は生前贈与の対象になるのでは?って思ってしまいます。教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

大学に行くために弟さんだけが多額のお金を出してもらっているのであれば、その分が「特別受益」とみなされ、相続の際に相続分から「特別受益」額が引かれることになります。

ただし、特別受益は相続人同士の話し合いにより決める事になります。
もし話し合いで決まらなければ、調停で決めることになります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

が、その回答だと不満です。ちょっと長くなりますが説明を聞いてください(笑)

 

今、両親は市内の老人ケアマンションに暮らしています。その前はお風呂だけ共同のいわゆる「2世帯住宅」で私達と一緒に暮らしていました。私達は共働きで、そろそろ両親も老いてきて少し不安だ、ということで今のケアマンションに引っ越しました。

両親は自分達が出た後は好きなように倒すなりリフォームするなりしたらいい、と言っていたのですが、半年くらいはそのままにして、その後リフォームをしました。もちろん弟にも了承をもらい、工事後は喜んで親子4人で遊びに来てくれました。が、ケアマンションに入った両親のところには電話もかけてなく、もちろん様子も見に来てくれてないようで、義母がいうに「アンタ達が家を工事したから機嫌が悪いんじゃないか。あの子にも権利があったわけで」とか言われました。

弟も、その嫁も「そんなもんいらない」って言ってくれるのですが、どうも親が納得しないのです。「今さら?」って思うのですが・・・。法務局に行って価値をみたら「200万」です。もちろんリフォームの工事代は全額私達が払いました。親からの援助はなく、逆に今生活費の援助を送金してるくらいです。

なので、学歴というのが財産と言えるかどうかが確認したいのです。200万の土地と家はいただいたようになったけど、その分弟には大学行かせてあげたじゃないですかって言えないかな。

なんか、よく理解してもらえないかもしれませんが、○か×かで教えてください。単純な人間なので・・。よろしくお願いいたします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
そういう事情があったのですね。

質問者様のおっしゃる、「学歴」(ここでは大学)のために弟さんが親から援助してもらったお金は「贈与」とみなされます。

不動産の評価も高額ではないことですし、弟さん夫婦も了承しているのであれば、質問者様がおっしゃる通りにご両親に話しても大丈夫でしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問