JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

傷害事件の加害者です。2ヶ月前に2名の方に暴力を振るってしまいました(泥酔していた為かなり記憶が曖昧です)現行犯逮捕

解決済みの質問:

傷害事件の加害者です。2ヶ月前に2名の方に暴力を振るってしまいました(泥酔していた為かなり記憶が曖昧です)現行犯逮捕され11日間拘留された後、略式起訴され罰金50万円で釈放されました。
現在交渉中の方の被害は(おひと方とは スムーズに和解が成立し示談金もお支払いしました)診断書の内容になりますが、頚椎捻挫及び外傷性右眼網膜振トウにより加療15日。
治療費は3日間で65500円(領収書あり) 通院交通費10000円(領収書なし) 飲食代10800円(領収書なし、被害者の方が当日偶然居合わせた方で私の会計を立替たそうです) 上記、実費と慰謝料で合計18万円を支払い和解させて頂きたいと打診しましたが相手方は慰謝料20万円と実費で286300円を支払うように何度も要求してきます。
私事ですが18万円という金額を用立てるにも本当に精一杯で、その旨も先方には何度もお伝えしています。
実費である86300円だけでも早急にお支払いしたい旨、何度お伝えしても聞き入れて貰えず、分割でも良いから総額286300円の三分の二だけでも早急に支払うよう言われます。
先日電話で「ワレ早く金払わんかい!お前がどこで商売してるかしってるぞ(当方、自営です)店まで行ったろか!」など大声で言われ、とても怖くなりました。 
今後直接交渉せずファックスなどで裁判にして頂いて構わないと伝えるべきか、警察に被害届を出すべきか悩んでいます。
割愛した点もありますが、大まかな内容は上記のとおりです、宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

傷害事件の加害者であるため、強くは出にくいのはわかりますが、
相手の「ワレ早く金払わんかい!お前がどこで商売してるかしってるぞ(当方、自営です)店まで行ったろか!」という発言は、もはや恐喝です。もはや相手が加害者になっているというべきです。

また、すでに刑事裁判は終わっているため、示談の有無が刑罰に反映されることはないため、あせって示談する必要はありません
もちろん、被害者には迅速に賠償金を支払うべきですが、それは正当な賠償金に限った話です。

可能であれば、相手の脅迫的な言動を録音などしてから、警察に相談するというのは1つの手段です。そして、逆に恐喝罪で告訴します、といったようにけん制するか、
「示談がまとまらないようなので、民事裁判で話し合いましょう」という提案をするといいでしょう。
裁判になったら、領収書がない部分は、こちらに有利になる可能性がありますし、相手からすれば脅迫的なことを言った点が後ろめたいため態度が軟化する可能性があります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答有り難うございます。 被害届を提出するか裁判にしてもらうかで悩んでいるのですが、両方実行したほうが良いとの事でしょうか?

また被害届を提出する際に録音はしてなくても問題ないか、裁判費用の当方の負担額はおおよそいくら位になりそうでしょうか?

先方は慰謝料20万円は妥当な額だと言っていますがいくらなら妥当な金額と思われますでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
同時並行がいいと思います。
次のやりとりでは、「貴殿より脅迫的な言動をうけた。被害届けの提出を検討中である。無事に示談が成立すれば、被害届けは出さない。誠意ある対応をしてください。」といったように、駆け引きを持ちかけるといいと思います。
とはいえ、これ以上脅迫されるのが恐ろしいようでしたら、早めに相談することも構いません。あまり難しく考えず、ご自分の望むように行動されてください。

被害届けを出す際にも、録音はあった方がいいです。警察はなかなか動きません。また、被害届けだけでなく、「告訴します」というようにしてください。被害届だけですと、警察に捜査義務が生じません。

裁判になるとしたら、相手が請求する側です。こちらは、弁護士を頼まなければ、お金はかかりません。弁護士に頼んだ場合は、今回の金額からいって費用倒れ、20~30万前後になってしまうでしょう。

妥当な慰謝料額は、
・傷害の程度
・相手の職業
などで左右されます。一律にいくらが妥当、というものではありません。
例えば、モデルの顔に傷つけたら高額になるというのはお分かりになると思います。
20万も不当な額ではありませんが、これを支払うのが厳しいというのでしたら、質問者様の提示額でも不当ではありません。結局はお互いに合意できるかどうかの問題です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問