JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中
法律

ブラジルに5年赴任、去年完全帰国、夢があると家族を騙してブラジルへ。しかし、統合失調症になり、行方不明になり警察へ保

護、タクシーで爆弾騒ぎをおこし警察へ保護。
症状が悪化し、救急搬送。一人で帰国できず、家族が迎えに。ブラジルの後始末で、アパート、銀行とうの解約をしたいの ですが、その方法、委任状の作成の仕方。本人は、帰国後即入院。現在も。しかし、退院したらまたブラジルに行くと言っています。それを阻止したいのですが、パスポートは私の手元にありますが、再発行されたらどれまでで、永住権のビザも放棄したいのですが、どうすればいいのでしょうか?領事館へ行ったらいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
法律 に関する質問をする
返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず問題は、その統合失調症がどの程度のものかですが

現在、入院されていると言うことで、お医者様からはいろいろ伺っていると思いますが

統合失調症(昔は分裂症と言いました)は完治することが難しく

一生、糖尿病や高血圧のように薬を飲み続けないといけないものです。

また、薬の副作用は、意外と強く、いつも無気力のような感じになります。

そう言う意味ではそう簡単に、退院してブラジルに行くような気力にはならないと

思います。

 また、ビザに関しても、一度その手の事件を起こしていれば

普通は入国拒否される可能性が高いですね。

犯罪歴等は、すべて残されているものです。

それと、統合失調症のような精神障害のある方も

成年後見制度が使えます。多分すぐに法定後見になりますので

後見類型の「保佐」か「補助」になりますから

それを利用すれば、ご相談者様が保佐人等になって財産等の管理ができます。

成年後見制度は、今では2週間程度でおりますので

積極的にご利用されることです。

また、離婚をされる場合は、今回のケースは、ご主人様に判断能力が

無いとなると裁判離婚になると思われます。

資産がなければ、慰謝料や養育費とかはすぐには難しいかもしれませんね。

そこは覚悟が必要だと思いますが

ずっと統合失調症の方と今後暮らすことを考えれば

どう言う選択が良いかですね。成年後見制度の申請は

司法書士や弁護士の先生にご依頼されると良いですね。

ご主人様のご両親様に支援していただくなどの方法もあり得ると思います。

頑張って下さい。

質問者の返答 返答済み 5 年 前.
警察へは、逮捕ではなく、明らかに精神病とわかったので保護という形になっていると思われます。それでも入国拒否してもらえるのでしょうか?現在も入院中ですが、 薬の副作用もなくすぐブラジルへ行くと言っています。なんとか入院させてもらっていますが、状態もよく、そろそろ退院させられると思います。本人は、悪びれた様子もなく反省する気持ちもないですが、いたって普通にみえ、ブラジルへ行くという以外治ったのでは?とかんちがいさせられます。それでも後見制度を申請することはできますか?この制度を利用した場合、就職とう不利益は招じますか?
supertonton, 行政書士 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

入国の拒否をするかどうかは相手国の判断となりますので

病気の方を受け入れるかどうかは難しい判断です。

ビジネス目的であれば、入国させてしまう可能はありますが

無職と言うのは逆に入国はさせないかもしれません。

当然、観光ビザなら拒否も何もないとは思います。

 日常生活に支障のない程度の症状であったら

成年後見制度を使うのは難しいかもしれませんね。

その判定は、お医者様の診断書で行うので、とりあえず

診断書で、成年後見が取れそうかどうかお医者様にご確認されると良いですね。

 ある意味、正常であれば、ブラジルに行くなら離婚すると主張されても

良いでしょう。ただ、海外に逃げられると、日本の法律では

難しいことも多いのです。

例えば、養育費の未払いでの強制執行は海外ではできません。

ただ信じるしかないということになります。

そこまでブラジルにこだわるとなると、ブラジルに女性の影があるかもしれません。

後見制度を利用するような状況であれば、きちんとした仕事に就くのは難しいでしょうね。

判断能力が欠如していると言う認定になりますからね。

ご主人様との今後についてのきちんとした話し合いが必要でしょうね。

その場合は、ご親族様一同をまぜて話し合いをされて下さい。

頑張って下さい。

質問者の返答 返答済み 5 年 前.
そうなんです、ブラジルに愛人がいてアパートに主人と住んでいたようです。そのアパートを解約し、ブラジルの主人名義の銀行口座も解約したいと考えております。日本の委任状をブラジルへ送付し、現地の知人にすべてを委任し、あちらでポルトガル語に翻訳すれば可能だそうです。
その場合の書式等を教えて頂けたらとおもいます。その場合、本人の同意は必要でしょうか?
supertonton, 行政書士 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

やはりそうですか。

とりあえず、ご主人様は日本国籍がおありですので

不貞行為をした有責配偶者として離婚も可能ですし

当然、慰謝料も取れます。

愛人に関しては、各国の国際司法に任せることになると思いますが

一般的には欧米では愛人に慰謝料は要求できないことなっています。

ただし、愛人が日本人であれば話は別です。

また、有責配偶者からの離婚請求はできません。

ですから、ご主人様からは勝手には離婚請求ができないということです。

書式に関しては、銀行に確認された方が良いでしょう。

日本でも金融機関ごとに書類や方法が異なります。

また、委任状は原則本人の同意がないとできません。

成年後見制度でも利用してなければ、本人の意思の確認が無くては何事もできないのです。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問