JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

建築業者経由で補助金を利用できるリフォームをしました。 建築業者は補助金は工事完了後、遅くても6ヶ月後には私の口座

解決済みの質問:

建築業者経由で補助金を利用できるリフォームをしました。
建築業者は補助金は工事完了後、遅くても6ヶ月後には私の口座に直接入金されるといい工事をはじめました。
期日をすぎても入金されず、国の補助金を取り扱っているところへ直接問合せたところ、何ヶ月も前に業者の方に振込みを完了したとの回答。
建築業者に問合せたところ『大きな工事の未払いがあり今払えないので待って欲しい』との事。
資産もある業者なのでその言葉を信じて待つこと2ヶ月。何回か期日を延ばし 延ばしされながら何度目かの催促の後、会社に現金がないので自分個人の資金から分割して支払わせてほしいとの申し出の後、やっと40分の1の金額を振込んできました。
これは業務上横領にほかならないのではないか、もっとさかのぼれば詐欺的行為ではとも思いましたが、別の残っている工事もあり裁判など起こすにしても費用までかけるよりは信じて待ったほうがいいのかと困り果てております。
よいてだてがありましたらどうぞご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、あきらかに業務上横領の可能性がございます。

ただ、警察に告訴して、相手が逮捕されても

リフォームも止まるでしょうし、お金も返ってきません。

業務上横領の告訴は、交渉の一つのカードとして

相手が、本当に支払うかどうかが問題で、個人と言うことで対応するのであれば

公正証書で、金銭消費貸借契約書を作成することです。

 また、詐欺罪の場合は、日本では非常に立証が困難ですので

刑事事件としては難しいでしょうね。

当初からご相談者様を騙そうとしていた意思が証明できないといけません。

そう言う意味では、公正証書を作成して、未払いがあれば強制執行が

できるようにしておくことが大事です。

公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生に

ご依頼されると良いですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問