JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

内容証明を相手に送った時は2度とも、該当者なしと言う虚偽内容で返送されました。そこで簡易裁判所で支払督促を申請して受

解決済みの質問:

内容証明を相手に送 った時は2度とも、該当者なしと言う虚偽内容で返送されました。そこで簡易裁判所で支払督促を申請して受理され発送されました。今まで該当者なしと言う内容で返送されてきたものが、支払督促については受け取って異議申し立てをしてきました。これで通常裁判裁判に移行されるわけですが、裁判に行く時間が仕事の都合上取れそうにありません。ここまで事態が進んでいるのに、相手に連絡をして、分かち合いという形に持っていこうと思っているのですが、この考えはおかしいでしょうか?また、相手に話し合いを持ちかけるのには、手紙と内容証明とどちらがいいのでしょうか?その文面はなんと書けばより効果的でしょうか?ご回答お願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 質問者様が、内容証明にて「貴殿が当方の要求を認めて金員の支払を履行してくれれば、訴えは取り下げる」と申し向け、実際に被告が支払ってきた場合は、裁判所には、訴え取り下げを行えばよいかと思います。

 

 ただ被告が争う場合には、口頭弁論でケリをつけるほかありません。

 

 1回目の期日には欠席しても擬制陳述で、陳述したものと扱われます(民訴第158条)。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

この件に対して返答ししたまだ質問の答えが、返ってきていません。先程の返答書きにも書いてありますがその時点で回答を承諾致しますので、早めのご返答をお願い致します。

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>ここまで事態が進んでいるのに、相手に連絡をして、分かち合いという形に持っていこうと思っているのですが、この考えはおかしいでしょうか?

 

→別段おかしくはないです。第1回期日が始まる前に和解の合意ができれば、そのまま訴裁判所に申し出ます(訴えの取り下げで処理するのかどうかは管轄裁判所に確認してくだださい)。

 

 

>また、相手に話し合いを持ちかけるのには、手紙と内容証明とどちらがいいのでしょうか?その文面はなんと書けばより効果的でしょうか?

 

→「裁判の口頭弁論が始まる前に合意できれば双方にとっても時間・費用の点メリットが大きいので、改めて裁判外の話し合いを持ちたいが、ご都合いかがでしょう」うんぬんでよいでしょう。

 

 

 

法律 についての関連する質問