JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私は今日、勤務先の人ら「退職金辞退の手紙を書け」と言われ、言われるがまま、書きました。 温情で80%カットで退職金

解決済みの質問:

私は今日、勤務先の人ら「退職金辞退の手紙を書け」と言われ、言われるがまま、書きました。
温情で80%カットで退職金は支給されるようですが。。。
たしかに、今回、私は上に立てついてそれが原因で退職という事態になってしまいました。
でも、半ば強制的に書かされた文章。労働基準局に相談したら「書いてしまったら、どうにもならない」との事。
私は、それだけ悪い事をしたのか?一般的な基準が分からないので教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

労働基準監督署の方も不親切ですね。

とはいえ、貴方もそのような書類を書いてしまったのなら不利な状況であることは間違いありません。

労基署の方が、会社に指導したとしても会社はそのような書類を貴方が自分から書いたと主張すればそれまででしょう。

ご質問内容にあるような強制的に書かされたということを立証するのはなかなか難しいと思いますが、そもそも退職金を辞退しなければいけないほど貴方が悪いことをしたかということも含めて、争う覚悟があるかどうかです。

どのようなことをしたら退職金の減額が認められるかも労基署では判断できません。

労働審判、もしくは訴訟で争うことになります。

労働審判制度とは裁判所において、原則として3回以内の期日で、迅速、適正かつ実効的に解決することを目的として設けられた制度です。
裁判官である労働審判官1人と労働関係に関する専門的な知識経験を有する労働審判員2人とで組織する労働審判委員会が審理し、適宜調停を試み、調停がまとまらなければ、事案の実情に応じた解決をするための判断(労働審判)をします。

労働審判でも解決が着かなければ訴訟に移行します。

減額される退職金の20%がどの程度かはわかりませんが、その金額、時間、今後同じ業界で仕事をしていくことに対する影響などと天秤にかけ、判断されるとよいでしょう。

remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問