JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4808
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

以前、回答頂いていた続きで質問があるのですが、私の過去に質問した内容はそちらから見れるのでしょうか? 見れなければ

質問者の質問

以前、回答頂いていた続きで質問があるのですが、私の過去に質問した 内容はそちらから見れるのでしょうか?
見れなければ再度内容を投稿します。
<依頼する弁護士選びについて>
東京の法律事務所で2件まで絞り込みました。
・債権回収に自信がある弁護士
(ホームページはしっかり作り込まれておりSEO対策も万全)
・為替デリバティブの知識豊富な弁護士
(ファンド被害と検索するとスポンサー広告を出しているのでページ上に表示)
2件とも着手金+報酬は標準的ですが共に着手金は先払い。
ですが、ネットで弁護士探しをしているとHPにSEO対策までしている、スポンサードサーチに広告しているのは中々依頼がない実力のない弁護士だという書き込みもあります。
しかし、上記弁護士はお二人とも出版もされています。
自分自身弁護士探しにブレが入り、固まっています。
助言を頂けますでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

SEO対策と弁護士としての実力は無関係です。
対策していても有能な先生はいらっしゃいますし、逆もあてはまります。
今は法律事務所であっても、ある程度宣伝に力を入れますので、
SEO対策を重視して弁護士を選ぶのは、おすすめできません。

広告をどんどん出すような事務所は、1つの事件に手間をかけないのではないか、
と考える人がいます。これは一理あるように思います。

着手金をとるのは普通のことですから、これも判断材料になりません。

出版もあまり判断材料にはならないと思います。

債権回収に自信があるか、という点についても、自信がないと答える弁護士はいないと思います。債権回収は、弁護士の基本です。

弁護士の名前で検索をかけて、懲戒歴がないかどうかを確かめるくらいはした方がいいかもしれません。
http://shyster.sakura.ne.jp/

結局、あまり明確な答えになっていないのですが、相性の問題だと思います。
正直なところ、私の立場からすると、どうやって弁護士を選んでいるのかに興味があるくらいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

私の抱えている問題は、ファンド会社へ解約する旨を内容証明で送り、元本と運用益をすぐに償還しろと言っているにも関わらず、相手は解約に応じない上、強制的に新契約にサインしろと言われている。

償還は新契約の始まった時から1年後になるし、旧契約書無効同意書も送りつけられている。もちろん応じてない。

ファンドはデリバティブ取引、国債、不動産などで運用しているといっても事実確認できないので本当のところは不明である訳であり、その調査も含めて弁護士が行うならその専門知識がいるのだろうか?など様々な事を考えました。

検索ワードとして、「ファンド被害」or「詐欺」or「金融商品」+東京+法律事務所で検索し、とりあえず10ページくらい閲覧して探しました。

結局何を押さえて選ぶべきか分からないため、どこへ相談に行ったら良いか分からない。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
債権回収そのものでしたら、弁護士によって知識・能力に大きな差はありません。
ご質問のような状況であっても、専門知識が必要ではなさそうですし、仮に必要だとしても勉強しながら適切に進めるはずです。案外、弁護士にも知らない法律は多くあって勉強しながら進めているものです。

また、仮に裁判になった場合には、手持ちの証拠を出して、第三者である裁判所の判断を仰ぐことになるのですから、弁護士によって結論が変わるというようなこともほとんどありません。

あまりネットの弁護士の選び方は参考にしないほうがいいとだけは断言できます。
バッジの色が金だとダメとか、東京じゃないとダメなどなど、大半が意味不明です。

何度か通うことになる場所ですから、話しやすい弁護士がいいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

それでは弁護士による相手方の資産調査力に差はありますか?

仮に裁判所による支払い判決が出ても資産を海外口座などに隠され、お金がないので支払えませんと言われれば打つ手はないのでしょうか?

 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士は、基本的に資産調査は行いません。
依頼者からの情報に基づき差押さえ手続は行いますが、依頼者が相手方の資産につき何ら情報がない場合には、別途調査会社に依頼していただいています。
したがって、この点については差はありません。

資産の隠匿を防ぐために、裁判を提起する前に、仮差押手続を行い、相手方が資産を動かせないように手立てをします。
もともと資金がない場合には、判決をもらっても、強制執行することができず、残念ながら打つ手がありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

それでは自分で資産調査を探偵や興信所に依頼するのですか?

別の弁護士さんは弁護士の権限を使い資産調査では預金口座の内容まで分かる、相手が拒否するしないは問題としないと返答しましたが、もう一度その方に問いただした方が良いのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
他の弁護士の回答との関係にまで責任は持てませんし、当初の質問からも内容が変わってきていると思料いたします。
失礼ながら、回答は辞退させていただきます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

失礼ですよ、ほんとに。

他弁護士との関係にまで責任持ってくれとも言ってないし、質問の内容が変わってきてるとしても疑問を解決する場所なのだからそういったこともあるでしょう?

システムは回答に対する承諾は全て別々に承諾できるようになってます。

そのためにそうしてあるんじゃないんですか?

自分は今まで納得の行く回答を頂いたら最後の回答だけではなく、頂いた回答それぞれ別々に全部承諾しています。

今回も最後に納得できる返答頂ければ全部に承諾するつもりでしたわ。

大変残念な回答です。

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

先にご回答されている専門家の方がオプトアウトされましたので

引き続きご回答させていただきます。

 弁護士の先生の選任方法でお迷いと言うことでアドバイスさせていただきます。

一般的に、新人の弁護士の先生とベテランでは、訴訟等における

実力差が全然違うとも言われています。

なるべくであれば、ベテランの先生が良いでしょうし

HPを見れば、写真など出ていますので、やはり登録年数や

ある程度の年齢の方を選んだ方が良いと言うのはあります。

偏見や語弊と言う訳ではありませんが

最低でも40代か50代からの先生の方が経験の問題や

人当たりの問題でも良いと思います。

ただ、HP等の経歴等は、あまりあてに成らないことが多く

やはり、ご自分の足で探すしかないかもしれません。

本来であれば、ご相談者様のお知り合いに、弁護士の先生に関わった人が

探せば見つかると思いますから、その中での評判も参考にされると良いですね。

それと、調査会社の件ですが、大手の弁護士事務所等は

実質的には提携でしょうが(非弁提携の問題があるので提携とは言いません)

知り合いの探偵事務所等にご依頼するようです。

当然、調査の分だけお金は跳ね上がります。

現在、預金口座を調べることは裁判でも難しくなっていると言います。

もともとは、銀行の支店まで指定しないと開示しなくて

銀行側も厳しくなっています。

その上、財産を隠すような人は、現金で親族に預けたり

まず、近くにない金融機関に預けていたりで

実態がつかめないことが多いのも現状です。

弁護士の先生選びで大変でしょうが

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4808
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

このジャストシステムについて教えてください。

 

昨日、質問するにあたってプロフィールのページを開いてその下にある小さな質問欄から投稿しました。

 

そうすれば指名で質問したことになり過去に質問したことも見てくれているので最初から説明せずとも話しが分かるのでより早く的確な返答がもらえると思っていました。

 

そうして質問した場合はその質問はその人だけが開くことができるのではないのですか?

 

それとも、今回、返答を途中でオプトアウトしたので専門家全員に公開されてあなたがチョイスして答えて頂けたのでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ジャストアンサーのシステムで大変ご迷惑をおかけしております。

実際には、法律で登録してある専門家は

そのご質問が、専門家の回答に対して承諾等されて解決した場合に

閉鎖されますが、

それまでは、登録してある専門家は誰でも事の経緯を確認ができます。

オプトアウトされてもその前でも同じです。

一般的には、これまでのご質問を確認されて

以前の専門家がいれば、その専門家が答えるのが筋ですが

専門家も入れ替わりもあり、新しい専門家も増えていて

システムのことが分からない専門家も少なからずいらっしゃるようです。

 また、指名はできるのですが、時間が経つと解除されて

誰でも答えられるようになります。

 対策としては、ご質問の文面に

例えば、「以前お答えいただいたsupertontonさんにご質問です。」等

書かれておくと、他の専門家はマナーとして答えないと思います。

 とは言え、以前の専門家がまだいるか、またはいても

すぐに答えられない状況もありますので痛し痒しと言うところでしょうか。

 中には、専門家と言うことで上から目線になってしまう方もいます。

悪気があるのではなく、文章化すると、説明はきつくなりがちなので

注意して丁寧にご説明しないといけない配慮に欠けていたのかもしれません。

ご相談者様が、お気を悪くされていらっしゃるようでしたので

私の方で、もう1年近く専門家として対応しておりますので

その経験からご説明させていただきました。

 今後ともよろしくお願い致します。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4808
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問