JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4753
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨年11月末にバイく屋にカスタムの依頼をし、130万円払いました。当初の約束では3カ月で納車でしたが、半年以上たって

質問者の質問

昨年11月末にバイく屋にカスタムの依頼をし、130万円払いました。当初の約束では3カ月で納車でしたが、半年以上たっても納車されません。のらりくらりと弁明して作業が一カ月以上ストップしています。実際の作業は10日分くらいしかされてないと思います。その乗れない間、カスタム費用のローンを払い、任意保険を払い、と30万円以上の出費をしました。法的に対処することはできないでしょうか。怒りが限界を超えています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

も し、三ヶ月で納車という契約を書面で証明できるなら、相手側の債務履行遅滞で契約の解除と損害賠償を請求できます。この場合の損害は、納車が遅くなったために乗れなかった期間の保険代くらいでしょう。
契約の解除と言っても、今まで作業した分の費用は支払う必要があります。
しかし、既に支払われた分から作業費用を差し引いた分のお金は返してもらえるので、その事を主張して相手にプレッシャーを与えると良いかもしれません。

もし、書面で作業期間を証明できないなら、今度催促に行く時にいつまでに終わらせるかを確約させ書面にしておきましょう。期間が過ぎたらその日以降の保険代を請求することを伝える事もできるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
いつもメールで連絡していたのですが、最初の約束は残っていませんでした。
さんかげつすぎた時のやり取りは、以下の通りです。
口約束は契約にならないのでしょうか。


中川様
 
遅れて大変申し訳ありません、今週はある程度の容を造りますので
 
宜しくお願いします。
 
週末に進行具合をご連絡します。
 
                      Mr.BIKE
----- Original Message -----
From: 中川穰二
To: ★Mr-BIKE★
Sent: Saturday, March 03, 2012 6:25 PM

お約束の3ヶ月が過ぎました
一日でも早く乗りたいので、よろしくお願いいたします


中川穣二より
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
メールの文面を拝見させて頂きました。

やはり、「相手側から三ヶ月の約束を守れていない」という文面がないと厳しいでしょう。質問者様からの主張は証拠力は低いです。
ただ、これは裁判をする場合に必要な証拠であって、実際に口約束でも約束したのであれば相手はそれを守る義務がありますので、相手に強く請求することはなんら問題ありません。

裁判になった場合には口約束では証拠がないため、争うことが難しくなります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
あなたの証拠能力は低いから、できることはこれくらいしかありませんよ。というかいとうでした。
私の要求は賠償ではなく、作業を進めてもらうことです。
刑事告訴は出来ないのか。裁判にはいくらくらいかかるのか。最初から和解を狙った進め方はできないのか。
私が知らない、方的な解決策を教えて欲しいと思い、6000円も払ったのです。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
そういうことであれば、他の専門家に相談してください。
私は質問の中から必要と思われるアドバイスをいたしましたので、回答を辞めさせていただきます。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

先に回答されていました専門家の方がオプトアウトされましたので

引き続きご回答させていただきます。

 お話から、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

先の専門家の方の回答の通り、口約束やメール内容では証拠能力はありません。

特に、メールのようなデジタル系のものは改ざんができると言うことで

デジタルのICレコーダーの録音やデジカメの画像でさえ、厳密には

裁判上の証拠能力は無いと言われています。

 ただ、それでは解決にもならないでしょうし

ご相談者様も、ある程度、バイク屋の腕を見込んでご依頼されているのでしょうから

まずは、内容証明で催促してみることです。

そうすることで、公的な証拠能力がある文書が一つできます。

その中で、これまでの約束を書いておいて、今後の対応の方法

(例えばいつまでに仕上げて欲しいとか)を要求して

応じなければ、契約の解除と損害賠償を請求すると主張されると良いでしょう。

 仮に、業者が、まともにカスタムをする気が無く、お金だけを取ったと言うのであれば

それが、最初から騙そうと言う意思があれば詐欺罪の成立もあり得ます。

ただ、日本の場合は、刑事事件としての詐欺罪の立証が非常に難しいので

不法行為や債務不履行の民事調停や民事訴訟にした方が良いと言えます。

調停や訴訟費用は、数千円から数万円の話なのですが、

弁護士の先生の報酬額が高いのですね。

着手金だけで30万円、裁判にでもなれば1回に10万円はかかるでしょうし

成果報酬として慰謝料等の何十%は取られるでしょう。

裁判をしたら赤字になると言うこともあり得ます。

ただし、民事調停の場合は、弁護士の先生にご依頼する必要はございません。

まず、内容証明は、民事法務専門の行政書士にご依頼しても問題はありませんので

その場合は、比較的お安くできると思います。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4753
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問