JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

生活衛生同業組合の理事長を務めていた間に、会計上の問題があったとして4000万円の訴訟を起こされたが、結果としてその

解決済みの質問:

生活衛生同業組合の理事長を務めていた間に、会計上の問題があったとして4000万円の訴訟を起こされたが、結果としてそのような事実はなく、ただし理事長としての監督に不備があったとして400万程度の和解金で結論を出したところ、和解後にも「不正 かな会計をしていた」と繰り返し理事会やその他公の場で実名をあげて攻撃をうけています。16年間勤めたことを全て否定されて、なおかつ個人の人格を否定するような事を続けられ、組合の友人知人にも合うことが出来ないような精神状態になり、名誉の回復を申し入れましたが無視されています。このような場合、名誉棄損で誹謗中傷している相手を訴えることは可能でしょうか。誹謗中傷や暴言は理事会に参加した複数の友人が録音してくれています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

 多分、会計上の問題があると言うのは、ご相談者様の対立的な方々からの

策謀だとも思われます。

どのような組織でも、小さいな横領的な問題はあるものです。

そう言う意味では、対立構造にある方々が指摘してくるのは

たいていが会計に対する指摘です。

 今回の事件で、ご相談者様に対する対立的な立場にある方々が見えてきたのでは

無いでしょうか?

既に、会計の問題は和解が成立していらっしゃるようですが

名誉棄損罪や、その組合での名誉回復の問題が残っていると言うことですね。

名誉棄損罪に関しては、「公然と」と言う状況かどうかもポイントになります。

不特定多数の前で、そのようなことを言って

それが事実ではなく、公益性も無ければ、名誉棄損罪として告訴も可能でしょう。

ただ、実際に刑事事件にするかどうかは、やはり、理事長としての

懐の広さも相手方に見せつけた方が良いのではとも思います。

まずは、謝罪を要求して、それを組合の中で、広報なりで宣言させることです。

組合の規定にもよりますが

名誉回復の規定などあれば、それに従いますが

そう言う規約が無ければ、臨時の議案として、ご相談者様の味方につく

組合員にご提案させて、採決を取る形ですることも可能でしょう。

ただ、どうしても相手方が謝罪等に応じなければ

刑事告訴も考えられますが、民法の不法行為による慰謝料請求でも良いでしょう。

まずは内容証明等で謝罪と慰謝料を要求して応じなければ

刑事事件として告訴するのでも良いと思われます。

これらは弁護士の先生にお願いするか

民事法務専門の行政書士であれば、内容証明等は比較的にお安くできると思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問