JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

両親の権利について ①個人自営業の開業費及び住宅購入資金、260万を義理の両親に出して貰いました。  主人が

質問者の質問

両親の権利について

①個人自営業の開業費及び住宅購入資金、260万を義理の両親に出して貰いました。
 主人が離婚を要求してきましたが、私と義理の両親は反対。どうし ても離婚するなら、
 出資したお金を返却することと、私(妻)には主人にはお金は預けるなといわれました。
 しかし、主人(35才)は自分の会社だし、稼いだ金は全て自分のモノだと聞きません。
 はたして、義理の両親の言葉に法的権限は発生するのでしょうか?

②個人自営業の専従者として働いてきたが、名義上主人が社長なので利益は全て主人のものなのか?

③離婚に至った場合、慰謝料はどれくらいとれるのか?結婚10年娘8才。専従者として働いても9年です。

①と②が特に重要です。それを理由に離婚を拒否したいので。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

結婚後の財産は離婚の際は半分は貴方のものです。養育費は8万円~10万円位が相当だと思われます。

 

離婚するなら、最低その程度は必要だとご主人に言ってみてはいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不正確.
知りたいのは、①②に法的権限があるかということと、連れ添った年数、勤続年数を考慮した慰謝料は幾らになるかということです。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
①ご両親に離婚を止める権限はありません。
離婚するか否かは、夫婦が話し合って決めるべき問題です。

②個人自営業の利益に貢献しているのであれば、質問者様が半分を財産分与として請求できるのが原則です。
名義はあまり関係ありません。

③離婚するに至った原因がどちらにあって、どのような原因に基づくのかわかりませんので、回答できません。
そもそも、慰謝料を発生させるような事情(浮気、暴力など)がない場合、慰謝料の支払い義務は発生しないのです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

説明不足でした。

①に関しては、離婚するなら融資した分を返却するよう言われているので、返済義務が発生するかが知りたいです。

離婚の原因は主人の音楽活動です。1カ月のうち家に居るのは1週間程で家庭を顧みなくなったこと。収入と支出のバランスを無視し高額な小遣いを要求。また、異性との話をここぞとばかりしてくるので、注意したところ離婚をきりだされました。主人の方が慰謝料、養育費を払うと言っていますので、年収400~500万、結婚10年、子供8才だと幾らぐらい請求出来るか、また、主人と二人で営んでる個人自営業に関しても勤続10年程ですので退職金の要求が出来るのかが知りたいです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

説明不足でした。

①に関しては、離婚するなら融資した分を返却するよう言われているので、返済義務が発生するかが知りたいです。

離婚の原因は主人の音楽活動です。1カ月のうち家に居るのは1週間程で家庭を顧みなくなったこと。収入と支出のバランスを無視し高額な小遣いを要求。また、異性との話をここぞとばかりしてくるので、注意したところ離婚をきりだされました。主人の方が慰謝料、養育費を払うと言っていますので、年収400~500万、結婚10年、子供8才だと幾らぐらい請求出来るか、また、主人と二人で営んでる個人自営業に関しても勤続10年程ですので退職金の要求が出来るのかが知りたいです。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
融資した際の条件次第です。
融資したときに、「結婚生活を円満に続けることが条件」としていたならば、返済を請求することができます。
他方、特に返済義務について定めないまま融資したのであれば、それは贈与とみなされる可能性が高く、融資済みの分は返還請求できません(民法第550条但し書き)。

ご主人から慰謝料を払うと切り出しているのであれば、あまり相場を気にせず請求されてみてはいかがでしょうか。
質問を拝見する限り、慰謝料は150万円前後におさまるように思います。ですが、それは裁判所で判断される慰謝料の額であり、裁判手続を使わないで慰謝料を請求する分には、相手が支払いに応じれば、相場を気にする必要はありません。

退職金については、お勤めの会社の就業規則、契約次第です。就業規則・契約に退職金支給の条件が記載してあり、それを満たしていないと退職金は支給されません。

法律 についての関連する質問