JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

二十数年前に家屋購入の為に義理の父母に借金をしました。その時に借用書は要らないとの事でしたが、ケジメのために借用書を

解決済みの質問:

二十数年前に家屋購入の為に義理の父母に借金をしました。その時に借用書は要らないとの事でしたが、ケジメのために借用書を書きました。その後、折り合いが悪くなり十二年前(平成12年12月末)に請求書が来ました。
後から「気が済んだ」との言葉が来ましたが納得していません。それ以後10年以上過ぎているので「時効の援用」にて内容証明郵便を送りたいのですが・・・出来るかと書き方を教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
1 時効の援用について
時効は裁判でなければ援用できません。内容証明で時効を援用することはできません。
こ ちらから裁判を起こして、「時効だから債務の不存在確認を求める」としてもいいですが、あえてする必要性は低いです。こちらから裁判を起こす場合兄は、弁護士に頼んだ方がいいでしょう。
義理の母から支払い請求訴訟を提起された場合に、反論として時効を援用すればいいです。

ただし、10年を経過した後でも、債務の存在を認めてしまうと時効を援用することはできなくなってしまいますから、「もうちょっと待ってくれ」などの発言には気をつけるようにしてください。

2 分与について
義父がお亡くなりになったと書かれていますので、財産分与ではなく、相続のお話かと思います。財産分与は離婚のときの問題です。
義父の財産を相続人の間でどのように分けるか、という話ですから、質問者様の借金はまったく関係ありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。では、私の方からは動く必要は無いわけですね。また、妻の相続に関してもこちらから動く必要もなく期限もないということですね。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
そうですね、時効に関しては動く必要性はとても低いです。 相続は、まったく動かないというより、奥様が、義父の財産がどのくらいあったのか、遺書はあったのかなど、しっかりと話し合いに参加するようにしてください。質問の状況から察するに、勝手に相続財産の分配を進められてしまうおそれがありそうです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問