JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めまして。 よろしくお願いします。 自分は男性です。 不倫・認知・養育費などの質問です。 W不倫の末、相手

解決済みの質問:

初めまして。
よろしくお願いします。
自分は男性です。
不倫・認知・養育費などの質問です。
W不倫の末、相手に子供が出来、先日DNA鑑定した結果、私の子供と判明。
相手のご主人、私の妻は、全て知っています。
今年4月に相手のご主人が知り、今までに1度だけ、相手の夫婦とこちらの夫婦で話をしました。その時は今までの経緯の説明だけで、今後についての話は出なかったです。
現在、DNA鑑定の結果が出て、相手のご主人から責任の取り方を要求されています。
その取り方について一般的な見方で教えてほしいのです。
私の責任の取り方の考えは・・・
1.認知
2.養育費の負担(生まれた日にさかのぼって、子供が成人まで)
その他の費用負担として・・・
3.DNA鑑定費用の折半
その他に考えられる 負担として・・・
4.出産費用の折半
5.生まれた時に脳内出血が判明、障害が出るとのことで、障害治療費の折半
その他として・・・
6.今後の育児への参加
★上記の1~6まで、全て責任を負う必要があるのか教えていただきたいのですが。
(私の立場としては全ての責任を負わなければならないと思っていますが、妻と子供3人の生活を考えると金銭的に厳しいところがあります)
★それと、他に責任を負う必要があることがあれば教えていただきたいのですが。
相手からの希望は、聞いていませんが、私の責任の取り方を現在相談している弁護士と検討したいといわれています。
★私の方も、きちんと弁護士さんに正式に依頼をして弁護士さんを通じての話し合いの方が良いのでしょうか?
※ここで、私が良いと言っていることは、責任・金銭面です。相手の子供の今後のこと、相手のご主人への対応も考えなければなりませんが、私が一番優先したいので、やはり家族の今後の生活のことです。私の妻からは離婚するのでサインを要求されていて、これからしっかりと話し合いをすることになっています。

すみませんが、よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

質問が多岐にわたるようですので、1つずつ回答いたします。

1.認知
→認知をすると、養育費の支払い義務が発生し、その子も相続人となります。認知そのものは義務ではありませんが、認知請求をされれば、応じるしかない状況です。その子の法律上の父親になる、という責任の取り方は1つの方法です。

2.養育費の負担(生まれた日にさかのぼって、子供が成人まで)
その他の費用負担として・・・
→認知をした場合には、養育費の支払い義務が発生します。
額面ですが、まずは第一に話し合いです。裁判や調停で決めることになっても、質問者様の年収を考慮し、家族を養える額は確保されます。借金してまで養育費を払え、ということにはなりません。その他の費用は特にありません。

3.DNA鑑定費用の折半
その他に考えられる 負担として・・・
→誠意の問題です。支払い義務があるわけではないように思います。

4.出産費用の折半
→認知をした場合、出生のときから認知をした人の子となりますから、出産費用を半分支払い義務はあるように考えられます。保険でカバーされますから、その残りの額を半分ということになるでしょう。

5.生まれた時に脳内出血が判明、障害が出るとのことで、障害治療費の折半
その他として・・・
→2と同じ問題です。養育費に含まれます。

6.今後の育児への参加
→これは質問者様と相手の女性の問題です。金銭だけを出して育児には参加しないという考え方もありえるでしょう。子どもに会いたい場合には、月に何回子どもに会うことができるか、と面接交渉について双方で定めておいてください。

7、その他
相手夫婦の男性に対して慰謝料の支払い。
→その男性からすると、自身の妻の貞操権が侵害されたわけですから、慰謝料の請求をすることができます。その男性が請求して来なければ、支払う必要はありませんが、今後請求される可能性がないとはいえません。
同様のことが、今の奥様にもいえます。奥様から慰謝料支払請求がなされたら、応じざるを得ません。

相手が弁護士をつけた場合には、こちらもつけた方がいいでしょう。弁護士費用も負担になりますし、相手との話し合いがこじれてからでも遅くはないように思います。こちらが弁護士をつけると、いかにも紛争、というようになってしまい、相手の態度が硬化する場合があります。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問