JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

友人が困っているので教えていただきたいのですが、 友人(相馬さん42歳男性)は今年の1月に離婚しました、 理由は

解決済みの質問:

友人が困っているので教えていただきたいのですが、
友人(相馬さん42歳男性)は今年の1月に離婚しました、
理由はいろいろあるようですが、妻が不倫をしていることや
妻が仕事(看護師)で家に帰らす夜勤だとかシフトでと いいつつ
何日も家をあけることが多く、奥さんに問いただしたところ、
明らかにおかしいのに「そんなことはない」といわれ
感情的にナリ暴力をふるったそうです。
そんな相馬さんの現在の悩みは、家のローン(1/2づつの夫婦ローン)と妻がしらないところで
作った自分名義の借金の返済で、元妻に連絡取ろうにも、
元妻はDV保護を理由に連絡を取れない、くれない、状態で
困っております、良い解決策はないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
次の点を確認させてください。

元妻はDV保護を理由に連絡を取れない、とありますが、
裁判所から保護命令は出ているのでしょうか。
出ているのだとすると、裁判所から通知が届いているはずです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
保護命令はでてないようですが、子供と元妻が急に家に帰ってこなくなった(3/31からだそうです)ので警察に捜索願いを出しに行ったら、「DVで話がきている、あなたには、捜索願いは出せません、生きているか死んでいるかも教えられません」といわれたそうです。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
保護命令が出ていないようであれば、やはり元奥様への連絡が必須です。
今回の警察の対応としては適切なものですが、話し合い自体が違法となるものではありません。

職場に連絡をする、というのは相手が所在を明らかにしない以上、やむを得ない方法です。住所がわからないとき、職場に送るという方法は裁判所も採用しています。
内容証明に配達記録をつければ、相手が書面を受け取ったことがわかります。

友人本人が手紙を送ると、警戒して返事をくれないという自体も考えられますので、代理人を通じて手紙を送るという方法もありえます。また、返事の期限を区切りましょう。「本書面到達以後、○日以内にお返事をいただけない場合には、法的手続きをとらざるを得ませんので、ご了承ください」などと書いておくとプレッシャーを与えることができます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

内容証明に、知らない借金の明細コピーなどもつけたほうがいいでしょうか?

妻の不貞行為が明らかな場合(現在すでに同棲中のようです)、元妻ないしはその相手を、DVの夫が訴えようとした場合逆に訴えられるでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
内容証明郵便には、作成した文章以外の資料を添付することはできません。
借金の資料のコピーを添付した方が、相手にとっては伝わりやすいのは確かですが、内容証明郵便にこだわる必要はありません。


不貞行為を理由とする損害賠償請求は、元妻とその相手を被告として提起することができます。その訴訟の中で、DVをしてしまったことは、こちらの請求額を減らす事情として審理されることになるでしょう。相手から訴えてくるかどうかは相手の事情ですから不明ですし、DVの証拠がないのであれば、妻らはもはやDVを立証しようがありません。DVの程度にもよりますが、刑事的な処分までされる可能性は低いでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

不貞行為の立証の件ですが、現在同棲中であることの証明はとれるとおもうのですが

昨年10月ぐらいから?の不貞行為の立証となると、二人の通話記録(携帯の明細)ぐらししかないようですが、その前の昨年春ごろには二人をといただし「もうしません」ということにはなったそうですが・・・難しいでしょうか?又、立証にはどのような資料があるとよろしいでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
同棲については、離婚前(友人野夫婦関係が円満であったとき)に始まっていることが言えればかなり強力です。夫以外の男性と過ごすというのは重大な背信行為です。
通話記録も、回数が相当多いのであれば、やはり浮気の証拠にはなるでしょう。
「もうしません」が書面として形になっているのだとしたら、それも強力です。

他にありえる証拠としては、
やはりメールが有力な証拠となることが多いです。文字として 残るからごまかしようがないですからね。あとは、相手の自白を書面にしたものです。自白させるのが難しい場合、今度会って話す機会があれば、「夫婦関係がうまくいっていたときから、お前は浮気をしたよな?」とでも差し向けて、相手の返答を録音してしまうといいでしょう。不貞を認めた発言を録音してしまえば、相手がそれを争うのは難しくなります。ただし、いったんDVをしてしまっている以上、こちらの言葉遣いには気をつけてください。怖くて認めてしまった、という反論をされる可能性があります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

現在、友人の元妻の相手の男性は離婚していない別居夫婦のようで、その男の妻から

友人に何度も連絡がありいろいろ相談されたり、二人がいそうな場所をその男の妻と車で見に行ったりと、勘違いされそうな行動をとっているようですが問題無いでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
友人は既に離婚をしていますよね。
仮に交際しているかのように勘違いされてたとしても、離婚後の交際は自由ですから、問題ありません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問