JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4282
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

法律相談です。H22年に家を建てることにし、夫婦共有財産で頭金をだし、着工しました。すでに銀行の審査で4600万円の

質問者の質問

法律相談です。H22年に家を建てることにし、夫婦共有財産で頭金をだし、着工しました。すでに銀行の審査で4600万円のローン審査を夫が受けて通っており、それを信じてパナホームが建てていました。H23年3月完成予定で、4月に越す予定でした。しかし、夫は切れやすい人で、DVの気があります。H22年12月29日に、私に性的嫌がらせをし、抵抗したら、切れて、家出し、留守番電話に、私に「借金を肩代わりして、お前が住め」と、入れました。私は 共同発注者で、支払義務がありました。しかし、専業主婦なので、ローンは組めません。収入もありません。さらに、男性不妊症(精子の問題)で、私は長年、人工授精や体外受精(顕微授精)をしたなどで、障害者2級です。家は私の障害があっても、不自由なく暮らせるよう、詳細にわたって工夫したもので、共有名義です。結局、H23年2月14日に、夫がローンを組んだものの、強引に鍵を受け取り、翌日から寝泊りし、完成・引っ越しを待たずに、占拠しています。私はアパートに取り残され、家に入れてもらえず(女性がいるわけではありません)、現在婚姻分担請求の審判になっています。賃貸住宅で、障害を抱えて単身で暮らすのは、非常に困難で、どうしても、障害に対応して建てた家でないと、一人で暮らせません。しかし、別居で婚費分担する法律は760条で、費用だけで、現物給付の規定ではなく、夫は明渡を拒否しています。夫は障害はなく、どこにでも住め、職場が借り上げした高級マンション(2LDK+書斎+ウオーキングクローゼット)に敷礼金なしで、諸経費・駐車場込みで、格安の20200円/月で住めます。私には、椅子取りゲームの音楽が鳴ってる最中に座ったルール違反の人が認められているかのように思います。理不尽です。法律相談をしましたが、夫に家を明け渡してもらう方法が思いつかないとの弁護士さんの答えです。このような、ルール違反をして、住み、一人で占拠している夫に明渡を要求するのは、どうしたらよいのでしょうか。760条以外に、家の明渡を命じられる法律は無いのでしょうか。なんとか、高齢の親の協力で、夫の家出から1年半生きていますが、これから先、親をあてにするわけにもいかず、審判になったら、夫は離婚を要求してきました。夫のDVは精神的DVが主ですが、暴力もあり、1度は石段から転落し、私は背骨を折り、全治1ケ月になるなどもあり、診断書も証人もます。有責配偶者からの離婚は認められないので、それはあまり心配していないのですが、私はこんな夫でも、離婚したら生きていけず、また、その家でしか、単身で暮らすことは無理です。弁護士さんを依頼していますが、なかなか、よいアイデアが浮かびません。家が障害に適した仕様であることを主張していますが、夫側の弁護士は760条は、費用だけだと主張されます。このような状況で、婚姻費用分担と、現物給付の家の明け渡しを命じてほしいのですが、どうしたらよいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

 弁護士の先生でもアイデアが浮かばないとは法的な解決は

難しいのかもしれません。

 基本的に、ご主人様の離婚理由がよくわかりませんが

現時点では、精神的DV(モラルハラスメント)だけでは、裁判上の

有責配偶者とは完全には言えず、長期の別居実績のみが離婚可能と

言うことでも無いと思いますので

このまま別居実績が続けば、破たん主義から、離婚を家庭裁判所から

促されるケースも出てきますので、ご注意が必要です。

すでに、弁護士の先生にもご依頼していますから大丈夫だと思いますが

市役所に「離婚届の不受理の届」を出されていなければ、提出しておいてください。

離婚届を勝手に出す人も意外と多いですし、不受理の届を出してないと

離婚を容認するとも解釈されませんのでご注意が必要です。

現在、婚姻費用の調停か何かされていますが

夫婦関係修復の円満調停は申立ていないのでしょうか?

お話から、ご相談者様は、離婚はご希望ではないようですが。

それと、DVに対する慰謝料の請求も関連事件として申し立てて下さい。

ただ、男性側が、離婚して欲しいと言うのは、たいていが女性がらみですが

すでに別居されているのであれば、お調べになってもよろしいでしょうね。

 確かに、別居中の法的な請求は婚姻費用だけ支払えば問題ないことに

なっていますので、不動産に対する請求は相手が応じないと難しいでしょうね。

やはり、ご相談者様のご親族様等にご協力いただいて、ご主人様と協議することが

早道とは言えます。また、ご主人様のご両親様の対応はどうなのでしょうか。

 仮に、離婚する場合に、離婚条件で、4600万円もの不動産のローンを

ご主人様が支払うとは考えにくいので、修復するしか不動産を維持する方法は

ないかもしれませんね。

 とは言え、ご主人様は離婚したがっているようですから、離婚条件を提示して

協議離婚で、不動産を何とかしてもらうと言う手はあるでしょう。

DVの慰謝料分と、ローンの半分を家賃として、ご相談様が支払う等の

条件になってくると思います。

 また、やはり、ご主人様の不貞行為が認められれば、かなり有利な展開には

なると思いますので、できれば探偵事務所等で調べられた方が良いでしょうね。

ご主人様側は、別居をしているので、夫婦関係が破綻していることを主張される

でしょうが、破綻の証明は難しいので、何とか対応はできるでしょう。

 もしくは、法的な対応としてはぎりぎりかもしれませんが

強引にでも押しかけて、そのままその家に居座ってしまうと言うのでも

良いかもしれません。戸籍上はご夫婦であれば、不法侵入とも言えないでしょう。

ただ、慎重にしないといけませんね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

女性はいません。夫は男性不妊症で、通常の性行為もままならないず、私は今も新居と徒歩数分のアパートに住んでいます。新居の隣人にも地鎮祭で挨拶をし、顔見知りです。数回偶然出会った事があり、「ご主人から、奥さんが病気で先に越してきたと言われたので、心配してましたがもう大丈夫?けなげに家庭菜園をして収穫物をいただき、奥様の料理方法を教えてもらいました。」といわれ、夫の虚言に困っています。前回のミスですが、「H23年9月に婚費分担調停になって」は×→「婚費分担の審判になって」○です。家は、私の弁護士さんから、現時点で家に入ると、裁判中なので、「不法侵入罪」となるといわれています。夫の理由は、「私が回復しがたい重度の精神病と、継続しがたい理由として、私から殺される」とのこと。「妻に包丁で寝ている間に殺される」という被害妄想です。この強烈な妄想は婚姻生活13年中3回目です。夫が統合失調症の疑いの診断書は提出しています。しかし、夫の「妻に殺される」というよ うな被害妄想の数々は突発的で、夫自身に病識もなく、通院しても虚言ばかりで、診断はつきませんでした。私が統合失調症でないのは、診断書で出しました。夫は多分、パラノイヤだと思います。「妻に殺される」という被害妄想がおさまると、表面上正常になります。だから、子供が欲しいと泣くので、H20年まで、私は過酷な卵子提供までして、不妊治療に協力してきました。夫が謝ってきた手紙は電話帳数冊分あります。しかし、夫側の弁護士は、「暴言暴力で、妻に暴行・強要されてかかされた」と主張しています。夫は物理学系の研究者です。一度夫の職場の知人に相談したら、「この職場の研究者に、人格障害者でない人はいないよ。」と言われました。一言でいえば、夫の被害妄想で離婚訴訟をされています。また、医師からも、「殺される」という被害妄想中は、「正当防衛だ」と危害を受ける危険があるから、注意するようにと言われています。よって、鍵はパナホームさんから共有名義なのでいただいていますが別居せざるを得ないのです。審判なので、合意とかの話ではなく、夫は合意するはずはなく、裁判官の「命令」をしてもらうには、760条では不足なのです。どうしたら良いでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話はだいたいわかりましたが、かなり難しい案件であることは変わりありません。

お話の内容からご主人様は確かに統合失調症と言うよりも

偏執病(パラノイア)と言う可能性が高いようです。

そう言う意味では、現在は、カウンセリングよりも投薬治療がメインですので

きちんと精神科等に通院された方が良いのかもしれません。

 現実問題、別居中の相手のご自宅に勝手に入るのは

住居侵入罪と言うのはあり得ますが、それをすぐに警察に被害届として

ご主人様が出すかどうかは試してみないとわかりませんね。

たいていは、合鍵もある訳ですから、警察が来ても逮捕拘留とはならないでしょう。

名誉棄損罪があっても、身内で悪口を言ったから即逮捕と言うことがないのと同じです。

弁護士の先生は、最悪、そう言うこともあり得るというご説明でしょう。

夫婦は同居の義務がありますので、そのような精神状態での理由付は

無理があると思いますが。

とりあえず、精神疾患のお困りごとですから、現在は、保健所が窓口ですから

そこにご相談されて対応を考えてもよろしいでしょう。

偏執病だと、日常生活的には問題が無いことも多いので

どうすべきかは、本当に難しいでしょうね。

法的に解決するよりも、やはりご親族様の出番だと思われますし

ご相談者様の病状がどれだけかにもよりますが

毎回、協議に出向く作戦を取った方が良いでしょうね。

それも、ご相談者様、一人では無く、必ずご親族様かご友人等で複数で行くと

言うことですね。

よくあることですが、ご相談者様が、離婚そのものを認めることで

ご主人様が不動産を譲渡される可能性も出てきます。

離婚を拒むことによって、相手は、そのような脅迫じみた対応をしてきているのでしょう。

離婚も視野で、「財産分与」と言うことになれば、話は変わると思います。

一端離婚して、復縁と言うケースもございますから

そちらの対応もご検討下さい。

そう言う条件を出してみて、相手の出方を伺うのも手です。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

私の障害2級は、PTSD(複雑性PTSDともいいます)です。原因は、夫の父親の嫌がらせと、幼少期に激しい暴力で育てられたため、恐怖心で父親に何も言えず、かばってくれない(いじめのを無視して放置することもDV)と、夫自身のDVと、男性不妊症のための妻が受ける過酷な不妊治療です。PTSDは不安障害の1種ですが、PTSDは、他の不安障害も併発しやすいという特徴があり、私も潔癖症(強迫性障害の不潔恐怖)とパニック障害を併発しており、新札以外の現金に不潔感があり、クレジットカードの配偶者カードで、日常は、ジャスコで買い物をしています。離婚となると、障害のため、仕事もなく、クレジットカードが使えなく、また、その工夫した家にも住めないため、こんな夫でも離婚は考慮にあり ません。離婚裁判で勝訴することは明らかで、証拠もたくさんあるので、100%勝訴できます。精神的暴力、性暴力の謝罪文、背骨骨折を放置した事実もあります。数百万慰謝料を取っても、新居に住めない、クレジットカードが使えない件と、数百万では、1,2年くらいしか生活できず、PTSDの治療回復には、不安のない環境で穏やかに暮らす事が必須で、唯一の家族である夫に精神的サポートが受けられない状況ですので、偶然にも、新居の隣の住人夫妻の子供夫婦が不妊夫婦で、精神的な病になっておられるのか、私の病気に理解があり、「不安になったらいつでもおいで」と言って下さっています。そういう心ある方に支えてもらいながら、回復させなければ、心の病は治りません。だから、別居婚姻分担請求審判をしているのです。こちらの婚費分担調停、夫の離婚を求める調停、訴訟とも、全部弁護士さんが一人で行ってくれています。PTSD症状で、家裁に行けない症状があるので、調停でも裁判官からも、裁判所に行かなくてよいことは理解していただいています。本人尋問が必要な場合は、ホテルかどこか、裁判所以外で、私が安心できる所に裁判官が来て下さるそうです。夫は研究者としてはかなり優れているので、社会的には問題ありません。私にだけ「殺される」等という被害妄想を突然もつのです。病識がないから、以前、私が夫に頼んで、精神科に行ってもらいましたが、「統合失調症の疑い」「情緒不安性性人格障害・衝動型の疑い」の診断書は提出していますが、夫自身が「俺は正常だ」と言い、通院は続かず、確定診断には至りませんでした。何らかのストレスがたまると、突然切れて、被害妄想が出て、1日から数日、3ケ月と10ケ月を1回ずつ、合計の家出数は13年間で40回以上しました。これも、夫の弁護士は「妻に殺されそうになり、命の危険を感じて家をでた」と主張しています。しかし、戻ってくると、そんな妄想は消えて、優しい状態の夫は、普通以上に優しく、結婚当初からダブルの布団でずっと、夫はすやすや寝ています。はじめは夫の被害妄想は、虚言か被害妄想か区別がつきませんでしたが、楽しく家を建てて、完成直前、住宅ローンの契約がストレスになったのか、また、突然「妻に殺される」という被害妄想で訴えられているのです。H21年10月に、私の知らない間に、私の知らない傷を医師に診せ、妻にさえたと言ったようで、「前腕に新旧混合の打撲痕、擦過痕跡があり、軽いが、数が多い。DV被害者と思われる。寝ていると妻に包丁を突きつけられるとのこと。」と記載されている診断書を提出しています。そんなことをしておきながら、毎日一緒に同じ布団で寝て、H22年に家を着工し、H23年元旦にローンを押し付け、完成引っ越し前の新居を占拠し、昨年3月3日まで、毎日アパートに来て、優しい言葉をかけたり、文句を言ったり、殺されると言ったり、子供が欲しいと泣いたり、本当は離婚したくないと言ったりしに来ました。妄想性の何かの病気か、私が通院している医師に話したら、性格だとも言われました。パラノイヤであると思いますが、常に被害妄想が表面化しているわけでもなく、ちょっと理解できないのです。夫のことはさておいて、とにかく、私はPTSDが治れば、臨床検査技師の国家資格も持っており、婚前は、病院の検査室で勤務していたので、離婚は、PTSDが治ってからの話です。治るためには、その新居で、平穏に暮らすことが必須なのです。760条以外に使えるものはないでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

だいたいのお話は、わかりましたが、お話から

ますます、複雑な様相を呈してきました。

 ただ、ご相談者様が、臨床検査技師の資格をお持ちとのことですから

PTSDが完治及び仕事に支障が無い程度に緩和されれば

生活はできるとのことですから

 まずは、離婚を前提に、話を進めた方がよろしいでしょう。

ご主人様は、別の場所を安価に賃貸できるようですから

離婚を前提に、不動産の明け渡しを要求して

期限付きで、使用貸借(無償で借りて)をして

ご相談者様が、仕事を開始すれば、賃料を支払うなどすれば

ご主人様の精神的な負担は減ると思われます。

ご相談者様に殺されるとまで言っているのですから

夫婦関係の修復は難しいでしょう。

そう言う意味では、これまでの慰謝料としてと

更に扶養的財産分与として不動産を及び譲渡してもらうような

ご主人様に譲歩した条件を出して行くことだと思われます。

 どうしても、弁護士の先生だと、ご相談者様の権利の主張のみを優先して

どう円満に解決するかと言うのがありません。

その場合は、ますます泥沼化します。

譲歩案及び、離婚に向けての承諾を考えていることをご主人様側に

弁護士の先生を通してか、ご相談者様が直接相手の弁護士の先生に

伝えればかなり変わると思いますし

別居の婚姻費用と違い、離婚の財産分与の方が請求の根拠としては

効力が強いでしょう。(民法768条)

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
完治には時がかかります。期限を決めて治るものではありません。「この先安心」という「安心感」が必須の病気です。もう47歳なので、完治後に仕事があるかどうかわかrません。現在でも就職難な状況です。仕事もなく、離婚すれば、生活できません。婚姻費用の分担要求額は、算定額+治療費に、明渡として賃貸住宅費は、夫の職場近辺 の2LDKが借りられる7万円は引いて、弁護士さんが書面を提出しています。産める期間全部男性不妊のために、私は卵子を提供し、今さらの離婚は許せません。家は、私が相当工夫し、詳細にわたって、パナホームの設計士さんと考え抜いたもので、老後のことまで考え、非常に住み心地よく、夫は手放す気は全くありません。訴訟では、私の婚前からの財産や、親からもらった財産、それらをもとにした投資信託まで、夫は「共有財産であり、妻に暴行を加えられ、収入を妻名義を変えられ、8000万円あり、半分を渡せ」とまで言ってきています。公務員の年下の夫の婚姻後の全収入合わせても8000万円もないのに・・・私名義の財産はそこそこありますが、それを夫が知っているから、そういう要求をしています。しかし、私名義といえど、私自身のものはその中の半分で、他は、親が子供のころから、子の名義を借りているだけで、事実上私のものではなのです。離婚はPTSDが治ってからの話で、現時点では考慮していません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
離婚前提でなく、婚姻継続の婚費分担で考えて下さいますようお願い致します。
質問者: 返答済み 4 年 前.
よろしくお願いいたします。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、現在は破綻主義を取っていますので

このまま別居を続ければ、概ね5年程度で、離婚が成立する可能性はございます。

早ければ3年以内の可能性もあります。ご主人様の不貞行為が無いのも

早まる要因の一つです。

とは言え、条件的には、不動産をどうするかと言うことになるでしょう。

早目の方が、条件も有利でしょうし、別居実績が長くなるほど

条件もどんどん不利になっていくことが考えられます。

相手は、ただ待てば良いのですから気楽な部分はあります。

特に、今回も事件の背景にある、お子様がいないことが

男性にとっては、養育費や相続権の問題で非常に有利な離婚と成り得ます。

ご主人様に対してご相談者様が純粋に愛情のみで対応するのであれば

裁判官も心を動かされるかもしれませんが

現時点では、不動産を欲しいがための言い分ではと推測される危険性も

ございます。

そもそも、別居に対してはするべきでなかったと言えます。

その時点での対応の仕方に現在に至る問題点があったかもしれません。

婚姻費用分担と言うよりも、同居義務違反で、同居していくことを求めた方が

良いのではと思います。

また、離婚問題は、駆け引きですから、離婚しないにしても戦略的に

対応していかないといけません。

現時点は、打つ手がないのですから、離婚前提で、相手の出方を見て

次の方法を考えても良いでしょう。やはり離婚はしないとなっても

何ら問題はありませんからね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
完成・引っ越し前の何もない家に行けるはずはありません。別居後、新居に泊ったら話し合ってやると言われ、泊 ったら、夫は、自己満足の性的行為をして、話し合いはしてくれず、離婚調停出したとしか言われませんでした。翌日も「泊りに来い」とアパートに言いに来ましたがましたが、離婚調停を出しておきながら、そのような行為だけされるのは、耐えられません。殺されるという被害妄想も怖い。だから、新居には1泊しかしていません。2月です。暖房もなく、裸では寒いです。夫の被害妄想がおさまったと思った頃、弁護士と相談して、一人で新居に行き、「震災で日本が一つになろうとしている時、夫婦でもめるのはやめようよ。」と言いに行ったら留守で、帰ろうとしたら、家の前で夫と遭遇しました。夫は「家に入れ」と言いましたが、外で話すよう弁護士と医師に指示されていたので、入りませんでした。そうしたら、夫は、当時、弁護士を付けておらず、私の弁護士に「俳諧停止命令」と題して「妻が、来て、近所にお前の行動を言い触らしてやるなどとの精神的暴力を受けましたので、俳諧停止を指示してください」とのファックスが弁護士にして来て、弁護士は「アパートから徒歩数分の道を利用しても問題ない」という書面を夫に出してくれました。愛情なくして、命の」危険もある保険適用外の男性不妊症のための妻が受ける不妊治療をご理解されていないのではないでしょうか? 血栓などの副作用がある薬物投与を多々受けてまで、受ける不妊治療は、夫の願いを叶えてあげたい一心なのですよ! 私に不妊原因はありませんでした。卵子は、究極の限りある臓器提供です。これが、簡単に出せるボランティアの精子提供と異なる点です。野田議員も得られなかったほど貴重な日本人の卵子はプレミアもので、1個500万円つまり、1ケ月に10個危険な薬物投与で激痛を伴って提供することは、1ケ月で、5千万円の価値になります。どれほど貧困国の女性でも、実験用に卵子提供をしないのは、激痛・屈辱的・身体障碍者・生命の危険まであるから、ボランティアではありえないことなのです。ずーっと簡単な、血液同様、増殖する骨髄バンクでさえ、提供者が少ない現状ですよ。先生は、卵子は無制限にあると誤解されていませんか?卵子の数は生まれた時に決まっています。限りある臓器です。先生は、腎臓が2個あるからと言って、愛情なしに、一つ提供できますか?肝臓は、細胞分裂で再生しますが、愛情なしに、誰かに半分あげられますか?医師が、私の病の悪化を懸念する中、夫は、私の病が悪化しても「責任を持って妻を支える」と4件目の病院で制約して私に卵子提供を求めたのですよ。その制約を破り、卵子提供できなくなり、住み心地の良い家が完成し、私や私の実家にローンを押し付け、払えないと、離婚請求。これこそ、究極の利己的な精神的DVです。どれほど男性不妊症の妻が受ける治療が保険適用されず高額の費用がかかり、妻が危険なのか、分かってないのでは?愛情なしにできることかどうか、、もっとご理解の上、回答して下さい。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談者様が気分を害されたのであれば誠に申し訳ございません。

問題は、ご相談者様の愛情の深さではなく

それを理解しないご主人様にあると思われます。

その説明が、上手くできなかったようです。

とにかく、今後は別居実績が問題となってくると思います。

誠に申し訳ございませんが、私では、ご相談者様のご要望にお答えできない

ようですので、オプトアウトさせていただきます。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問