JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中
法律

慰謝料についての御相談です。 リフォーム工事中にトラブルが起きました。 工事日程では休み(工事なし)の日

慰謝料についての御相談です。

リフォーム工事中にトラブルが起きました。

工事日程では休み(工事なし)の日、娘が一人のとき、まだパジャマで寝ていた時に
突然工事作業員が入ってきました。娘夫婦は共稼ぎの為、部屋の鍵は業者に渡してありました。
そのことに対して厳重に次回からは部屋に入る時は事前に電話なりで連絡するように抗議しました。

しかし、また娘が一人でいた時、予定日ではない日に、しかも娘がシャワーを浴びている時
鍵を開けたそうです。娘は前のことがあってから鍵とチェーンを必 ずかけるようにしていたので、
ドアを開けられずには済んだようですが、大変怖がってしまっています。

また、ある時は食器を割られ、その内の一つは植木鉢の中に隠してあったそうです。

また、ある日は仕事から帰ると、ドアの鍵は開けっ放し、窓も全開だったそうです。

業者に抗議すると、「隠したつもりはない。」とか
「二人の作業員が施錠したことを確かめている。」とか
言うだけだそうです。

... 詳細を表示
慰謝料についての御相談です。

リフォーム工事中にトラブルが起きました。

工事日程では休み(工事なし)の日、娘が一人のとき、まだパジャマで寝ていた時に
突然工事作業員が入ってきました。娘夫婦は共稼ぎの為、部屋の鍵は業者に渡してありました。
そのことに対して厳重に次回からは部屋に入る時は事前に電話なりで連絡するように抗議しました。

しかし、また娘が一人でいた時、予定日ではない日に、しかも娘がシャワーを浴びている時
鍵を開けたそうです。娘は前のことがあってから鍵とチェーンを必 ずかけるようにしていたので、
ドアを開けられずには済んだようですが、大変怖がってしまっています。

 また、ある時は食器を割られ、その内の一つは植木鉢の中に隠してあったそうです。

 また、ある日は仕事から帰ると、ドアの鍵は開けっ放し、窓も全開だったそうです。

 業者に抗議すると、「隠したつもりはない。」とか
「二人の作業員が施錠したことを確かめている。」とか
言うだけだそうです。

 その上、携帯の番号を本人の許可なく、隣人に教えてしまい、
隣人から電話を受け、「何故この番号を知っているのか?」
と聞いたところ、「作業員から教えてもらった。」
ということで、唖然としました。


 あまりにもひどいので、話し合うことになりましたが、娘はその作業員の顔も見たくない、
と言うので、その上司と会いました。
その時、10万円でなかったことにしてくれ、ということを言って来たのです。

 娘たちは出来たら引っ越ししたいくらいなのです。
新婚のまだ28歳の娘はドアの方でなにかガタガタ音がするだけで
とても怖がっているのです。未だに恐怖心が消えていないということは
これからの事を考えるとかわいそうでなりません。

 私どもにとって初めての事なので、10万円という金額が妥当なのかどうか分からず、
知人たちに聞いてみましたところ、バカにされているんじゃないか、との意見が多かったので、
専門家の御意見を聞かせていただきたく、メールした次第です。

 どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
詳細を非表示
法律 に関する質問をする
返答済み 5 年 前.
こんにちは。
とんでもない業者ですね。請求できるものはしっかりと請求された方がいいでしょう。

さて、ご質問の慰謝料の額ですが、慰謝料とは精神的損害を金銭に換算したものですから、金額の算定は非常に難しいのが現実です。
本件で慰謝料を高額化する事情を挙げてみますと、
・隠蔽という悪質性が高い行為に及んでいること
・女性1人のときに無断で入ってきたこと
・同様の行為 が繰り返されたこと
・携帯番号を勝手に教えるというプライバシーを侵害する行為に及んでいること
・娘さんが畏怖していること
・複数人によって行われていること
などなど挙げられます。

特に、勝手に家に入ってきた行為は住居侵入罪とされてもおかしくない行為ですし、壊した食器を隠す行為は窃盗罪も成立し得るものです(器物損壊罪は、わざと壊さないと成立しないので、成立しない可能性があります。)。

犯罪行為を金銭によって許すという側面もありますし、相手は会社ですから数十万に困るといったこともないように思います。そうしますと、10万円という金額は低いはいえても、決して高いようには思いません。
もちろん、前に述べたとおり、精神的損害であり、金銭に換算しにくいのです。
いくらが妥当か、というのは最終的に質問者様ご家族が納得し、かつ、社会常識に照らして不当ではない金額ということになるでしょう。
まずは、やや高い金額を請求して(言葉を選ばずにいえば、ふっかけてみて)、
出方を探ってみてはいかがでしょうか。
相手が10万円を打診するということは、10万円で済めばいいくらいに考えていることは明らかです。
質問者の返答 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

私はこのようなことは初めてなので、「社会常識に照らし」

というのが分からず、お聞きしたかったのは、

相手が提示した金額が妥当かどうか、

いくらにしたらよいのかということです。

ちなみに家賃はひと月8万円位だったと思います。

引っ越しまでの家賃や費用80万円では「社会常識」

に外れますでしょうか?

jo-ban, 弁護士 返答済み 5 年 前.
今は裁判ではないので、質問者様家族が10万円でも許す、というのであれば、
それは「妥当」ということになります。裁判になれば、どれだけの損害が発生したのか、という点を徹底的に審理することになりますが、今は双方の話し合いです。

事案の内容に照らすと、より増額されてしかるべき、と個人的には考えます。
相手の提案をそのまま飲むと、相手に主導権を握られたという印象が否めません。

引越しや家賃は、本件ではあまり関係がありません。
あくまで、彼らの非常識な行為によって被った損害(=娘さんの精神的ダメージなど)を請求してください。
それを金額に直すのが難しいのです。
ただ、80万円でしたら、最初に請求してみる金額というのはありでしょうね。

例えば1000万円となると社会常識から外れることは明らかですが、
200万となると意見が分かれそうです。100万でも人によって意見は異なるでしょう。

あまり、妥当性にとらわれず、相手が払えそうな高い金額を請求してみるといいと思います。そこで、相手は「それはちょっと高いです」というような反応をするでしょうから、若干の減額を認めて、妥協ラインを探る、ということになると思います。
最初からこちらが妥当な金額を考えてあげる必要はありません。最初から妥当な金額を考えてしまうと、相手は減額をお願いしてくるでしょうから、それより下の額になってしまう可能性が高いです。
こちらは被害者ですから、ある程度強気にいってください。
40~50万円で妥協できるのであれば、80万円をスタートラインとするのでもいいと思います。明確に、いくら、という金額を示せず恐縮ですが、話し合いなので、決まった答えがないのです。

念のために、今後その業者と話し合う機会があるようでしたら、録音などしてもいいと思います。会話の中で、業者が行った無礼の数々を話させてしまって、録音という形で残しておけば、万が一裁判になってもこちらが有利です。

法律 についての関連する質問