JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

昨年の1月に子供の祖父がなくなり、今年3月の上旬に、子供の祖母が亡くなりました。相続の対象は子供が住んでいる家のみで

解決済みの質問:

昨年の1月に子供の祖父がなくなり、今年3月の上旬に、子供の祖母が亡くなりました。相続の対象は子供が住んでいる家のみですが祖父の際にも対応をしていませんでした。母親は再婚をして遠方で暮らしております。当人にも相続を子供へと了解はもらっているのですが、そのための手順と費用をご教示いただきたくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
相続関連の法律関係は複雑で分かりにくいですね。

さて、ご質問の件ですが、建物が御祖父様名義のままであるとすると、御祖父様が亡くなられた際に、1回目の相続が発生し、御祖母様及びお母様が建物の持分権を2分の1ずつ相続します。そして、今回御祖母様が亡くなったことにより、本来、お母様が建物の持分権を全て相続することとなります。
もっとも、お母様は相続しない意思とのことですので、相続放棄を家庭裁判所で行えば、お子様以外に他に兄弟がおらず、お母様にも兄弟がいない状況であれば、お子様に建物が相続されることとなります。
それ以外の場合ですと、お子様以外にも相続が可能な者がいますので、建物の持分の一部のみがお子様に相続されることになってしまいます。

相続放棄の方法は、家庭裁判所に専用の用紙がありますので、相続人(お母様)が必要事項を記入し、相続人(お母様)の戸籍謄本等を添付した上で行います。
ご自身で行えば、かかる費用は裁判所にもよりますが、1000円程度と安価です。

お子様以外にも相続可能な方がいるのであれば、それらの方々を含めて遺産分割協議を行い、お子様に建物を全て相続させるとの協議書を作成しなければ、お子様に建物を全て相続させることはできません。
協議書の作成は、公証役場で公正証書の形にしましょう。
これについても、ご自身で交渉を行い、協議書を作成すれば、公正証書作成代が数万円かかる程度です。

以上のほかに、建物の登記をお子様に移す際に、登記費用がかかります。
これは建物の固定資産評価額によって異なりますので、法務局で確認しましょう。
また、ご自身で登記手続きを行わず、司法書士に依頼する場合には、別途司法書士の報酬が必要となります。
司法書士ごとに報酬は異なりますので、いくつかの事務所で見積もりをとると、費用を抑えられるかと思います。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問