JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私は外国人です、この件について具体的に私はどの責任を負いますか

解決済みの質問:

私は外国人です、A会社と一年間の雇用契約を結びました、そして、A会社からB会社に派遣されました。 B会社でお客様Cのためにプロジェクトでプログラミングの作業を担当しました、普段はB会社から提供されたパソコンを使ってB会社で仕事をしていました、 でも、時々B会社で当日の作業が終わらなかった場合に、作業を家に持って来て続いてしたこともありました、そして、関する技術資料を家に持って来たことも ありました。当然、最後これらの資料を全部消しました、そして、私以外の人に渡したこともありませんでした、仕事以外の目的で使用したこともありませんで した。いまB会社はこのことを発見しました、B会社はお客様Cに伝えました、プロジェクトも暫く止まりました、この事件について、B会社は内部調査をして います、私は既にB会社の要求で自分のパスポートとか、自分のパソコンとかの個人ものをB会社に渡しました、でも、自分のパソコンを渡した前の二ヶ月の間 に段々会社の資料を削除しました、資料を削除した目的は、作業が済んで続いて自分のパソコンで保存する必要がないと思ったから、そ して、自分のパソコンでosを再インストールしました、osを再インストールした目的は、再インストールしたら、パソコンの全てのデータ は書き込まれて会社のデータは完全に削除されると思ったのです、ですから、会社に渡したパソコンの中に会社のデータは存在していないのです、今会社は私の 説明を聞きましたが、私のパソコンの中に以前使った会社の資料が見つからなかった、会社に故意に隠蔽工作をしたと言われまし た、隠蔽のつもりはないんですが、嫌疑の晴らしは難しいと思います、まず聞きたいのは、これは故意隠蔽を言えますか、そして、今お客様Cは資料が漏れた心配がありますから、警察に頼んで調査をするつもりです、もし会社Bの内部調査の結果を通して会社Bはお客様 Cに納得させないと、多分来週か再来週かお客様Cは警察に報告する可能性は高いと思います、まだ聞きたいのは、民事責任と刑事責任に、具体的に私はどの責任を負いますか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
外国の方で、仕事をご自宅でも一生懸命したことがトラブルとなってしまい、とても気がかりですね。

さて、ご質問についてですが、まず、質問者様がパソコンの情報を削除した目的は、情報の流出を防止するためであったのですから、故意に違法な行為を隠蔽する行為ではありません。
実際上も、情報はパソコン内部に保存されていない方がいいわけですから、質問者様の行為は適切ともいえます。

次に、刑事責任についてですが、刑事責任を問える場合というのは、法律に厳密に定められていて、法律に定められていなければ、処罰されることはありえません。
そして、質問者様の行為は、刑法上も、その他の関連する法律上も、処罰事由には該当しないので、安心してください。
質問者様には、会社の内部資料を盗む意思や、情報を不正に使用する意思がなかったからです。
刑事責任は、わざと行った場合(故意がある場合)にしか、基本的に負わされません。
このように、質問者様の行為は犯罪行為ではありませんので、Cが警察に調査を依頼したとしても、質問者様が逮捕されたり刑事罰を科せられたりすることはありえません。
そもそも、警察が、明確な損害も発生していないこの程度の事件について、介入することは実際上考えにくいです。

そして、民事責任についてですが、質問者様の行為によって、B会社やCに損害が発生している場合には、不法行為責任を問われる可能性はあります。
しかし、単にプロジェクトが暫く止まったというだけでは損害があったとはいえず、プロジェクトが止まったことによって、たとえば絶好の機会を逃し、利益を得られなかったといった損害があったことを具体的にBやCが証明しなければなりません。
また、損害がBやCに発生していて、不法行為責任を質問者様が負う場合でも、質問者様が自宅で仕事をしなければいけない状況にした会社Bにも責任があります。
したがって、質問者様が損害の全額につき責任を負うことはありえません。
半分以上の責任はBにあると評価されることも十分に考えられます。

以上のように、質問者様の状況はそんなに悪くありません。
落ち着いて、自分の主張はちゃんとして、解決しましょう。

jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問