JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

夫と別居中で、現在共有名義の家に私が子どもと一緒に住んでいます。私から夫へローンと固定資産税の6割を夫口座に振り

質問者の質問

夫と別居中で、現在共有名義の家に私が子どもと一 緒に住んでいます。
私から夫へローンと固定資産税の6割を夫口座に振り込んでいます。
しかし、夫は残りの4割の負担をしたくないので、競売にかけると言ってきました。
そんな夫に今後もローン負担額の支払いを続けていくべきなのでしょうか?
婚姻費用調停では、夫から婚姻費用を受取、ローン負担額6割の負担を約束するとなっていますが、
ローン負担を止めれば婚姻費用を支払ってこないと思いますが、銀行へのローン支払いをしないと言っているのに夫に振込のも無駄なことに思います。
夫が婚姻費用を支払ってこない場合は差し押さえ出来るのでしょうか。
また、夫が銀行に支払っていなくてもローンを支払わないといけないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りの状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、現時点で、別居されていますが

もともとの理由は何でしょうか?離婚前提の別居でしょうか。

お話の雰囲気から、ご主人様が離婚をしたがっているようにも見受けられます。

ローンの負担をご相談者様もされていますので

それなりの収入がある方だと思われます。

 別居の理由にもよりますが

仮に、どちらも有責性がないのであれば、早く離婚したくて

負担となるローンの支払いには関わりたくないのが人情で

そこは話し合いになってくるでしょうね。

 多分、住居が他にもご主人様は借りているか何かでしょうから

その分が、負担であれば、やはり同居するしかないでしょうね。

同居することを求めて行くのも手でしょう。

 また、もしご主人様に不貞行為等の有責性があるのであれば

慰謝料として不動産をもらうことにすれば流れは変わってくると思います。

 男性の場合は、多くの実務経験から

同じことをするにしても、離婚するとなれば、少々のことは我慢するものです。

別居でも法律的な婚姻関係が続くのが精神的に耐えられなくなっているのでしょう。

意外と、経済的な問題ではないことが多いのです。

そう言う意味では、今後、何かと難癖はつけてくるでしょう。

 それと、競売は、一番損をしますし、オーバーローンともなりかねませんから

するなら任意売却でしょうね。売った利益が出れば、折半ですが

そこは、相手の有責性で全部もらうことも可能です。

 どうしても、その不動産にこだわるのであれば、名義変更して

ご主人様から譲渡してもらい、これまでのローンの支払いは帳消しにしてもらう

ことです。お話から、ご相談者様のご両親様は不動産のローンが払えるだけの

充分な資産がおありのようにお見受けします。

 後は、調停調書が出ていますので、家庭裁判所にローンの支払いの

履行勧告、履行命令を出してもらい、最期には強制執行をすることです。

公正証書ではないので、手間はかかりますがやるべきでしょう。

その間、銀行側はローンを待ってはくれませんから

ご相談者様の方で支払って、ご主人様に後で請求する形です。

 いずれにしろ、銀行のローンのリスケジュールもしてもらっても良いかもしれませんね。

そこは交渉次第だと思います。

 自動車に関しても、名義がどちらでも共有財産ですから

離婚になれば、財産分与の請求はできます。

 協議では話がまとまらないようであれば、また家庭裁判所に調停を申立てるしか

ありません。

 そのような、対応をされる、ご主人様は、完全に夫婦の関係が冷めて破綻して

いるようにも見えますので、離婚も含めて協議が必要ですね。

 別居実績によっては、離婚が可能ですので、きちんとした話し合いを

早目にしてください。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問