JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

はじめまして。賃貸マンションの管理会社についてのご相談です。5月初旬に賃貸マンションに引っ越しました。 その時、管

質問者の質問

はじめまして。賃貸マンションの管理会社についてのご相談です。5月初旬に賃貸マンションに引っ越しました。
その時、管理会社から「カギは2つしかありません。退去時に御返却頂かなかった場合新しいかぎの料金を頂きます。」と言われました。これには全く異議はないのですが、先日、ポストにナンバーも同じ3つ目のカギが入っていました。すぐに管理会社に問い合わせたところ、「カギは預ってないし、大家さんかもしれない。」と言われ調査するとの事でした。実はカギがポストに入っ ていた前日、庭でタバコの吸い殻が落ちていました。全く身に覚えのない吸い殻に当初は「いたずらか~」と思っていましたが、今思えば投げ込まれるにしても、おかしな場所で、それも2本も同じ場所にありました。管理会社には新しいカギに変えてもらうのは当然だと思いますが、家族が日中生活しているので、万が一他にまだカギがあって家族に何かあったりしたら。。。とか、留守にしていた間に誰かが侵入してきていたのではないか。。。と考えると不安ですし、管理会社に怒りを覚えます。ポストに入っていたということは、我が家のカギという事を知っていて入れたのですが、意図的と思います。こんな部屋に賃貸料を普通に払うのは納得できません。どうしたらいいのかご相談のメールを致しました。宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます

ご心痛お察し申し上げます。

 今回のケースは何点かの問題点があると思います。

昔ならいざ知らず、最近の賃貸マンションは、高度なセキュリティーを求められます。

オートロックや防犯カメラは当たり前であり

当然、借主が変わる度に、鍵の交換も要求されます。

それは、そのマンションを所有する人間にとっても

資産の維持としてとても大切なことなのです。

 仮に、その第3の鍵が、ご相談者様がお持ちの鍵と同じものであれば

そう言う鍵の交換さえもしていない、もしくは、簡単に作れる鍵を

未だに使っている、セキュリティーの弱いマンションか

そう言う感覚のオーナーのマンションと言うことです。

そうであれば、今後も、その手のセキュリティー関連のトラブルは起こることは

考えられますし、今後、鍵の交換を依頼したときに、本来は必要ない

オーナーが支払うものを、ご相談者様に請求されかねません。

まだ、引っ越されたばかりであれば、すぐに他の所へ引越すわけには

行かないでしょから、今回の件を問題視して、オーナーや管理会社に

新しい鍵に交換してもらよう交渉しても良いでしょう。

鍵の交換の費用はオーナーたちに支払ってもらえるはずです。

 とは言え、一般的には、ドアの前面は分譲マンションでも共有部ですので

鍵の交換と言っても普通は、シリンダー内部だけです。

より高度な、タッチキーやカードキーの搭載までは、余程のオーナーたちの

意識がないとダメですね。

 そのため、シリンダーの使いまわしと言うのはよくされているようです。

前の住人からは身を守れても、その前まではわからないと言うことですね。

 それと、やはり問題は、その煙草の吸殻を捨てたり、鍵をポストに

いれた人物が誰かです。

前の住人の可能性はありますが、なぜ、そのようなことを

管理会社やオーナーではなく、ご相談者様に対してしたかと言うことです。

一つは、ご相談者様家族を監視しているぞと言う合図かもしれません。

ストーカー的な意味合いもあります。

盗聴器等が仕掛けられている可能性もあります。

少し、ご相談者様もご心配させる形になったかもしれませんが

その辺りも、考えておきたいと言うことです。

いずれにしろすぐにでも、鍵の交換をしていただき

欲を言えば、防犯カメラも取り付けてもらうことです。

いろいろ大変かもしれませんが

難しいようであれば、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご相談して

対応を検討してもらっても良いでしょうね。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問