JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

勤務先の会社が掛けた退職金積み立てが2件あり、その1件を途中解約した時、私宛に約400万円が振り込まれた。その内20

解決済みの質問:

勤務先の会社が掛けた退職金積み立てが2件あり、その1件を途中解約した時、私宛に約400万円が振り込まれた。その内200万円を会社に(資金繰りの必要から)「貸付金」として提出し、同額の借用証を受け取った。その後、定年退職時に2つ目の「特退共」(商工会議所)から約2 00万円
振り込まれた。(振り込み総額約600万円)。会社に200万円の貸付金の返済を求めたところ、
退職金規定は500万円だから、600万ー500万=100万の過払いになっているとして、支払を拒否。
振り込まれた金額が退職金なのか、会社規定により貸付金を相殺して処理をしようとしている会社の言い分は正しいのですか。(南)i
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

まずは就業規則で、ご相談者様の退職金が500万円であることをご確認いただけたらと思います。そして500万円でしたら確かに会社の言うとおり100万円の過払いが発生していることになり、会社へ100万円の返還が必要です。

そもそも退職金を受け取る債権と貸付金という債権は完全に別個の問題です。

退職金としての受け取りと貸付金を返済してもらった受取では課税も変わってしまいます。

ですので会社が主張する相殺処理の言い分は正しくありません。

相殺処理をするのではなく正式に、

①会社⇒ご相談者様へ200万円を返済する。

②ご相談者様⇒会社へ「特退共」からの振込のうち100万円を返還する。

という処理になります。

それにご相談様は退職金500万円+貸付金200万円の合計である700万円を最終的に会社から受け取るわけで、現状は600万円しか受け取っていないのですから、どちらにしても会社の債務不履行です。

sr_hossyをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問