JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私道を市道に編入してもらうために苦労しています。一部に2㎡の隅切り部分があり、故人名義になっています。 3男の方か

解決済みの質問:

私道を市道に編入してもらうために苦労しています。一部に2㎡の隅切り部分があり、故人名義になっています。
3男の方から無償提供してもらう同意は得ていますが、相続人9名の同意が必要と市から言われました。3男さんに聞いたところ数名の方とは付き合いがなく、なかには印鑑証明をお持ちでない方もおられるようで同意は不可能といわれました。何か名義を変更する方法はありませんでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
・故人がなくなったのは、いつのことですか。

・その私道は、誰がどのように使っていますか。

・相続人の方の、住所はわかりますか。

・相続手続は、どのように処理されましたか。

確認事項が多く、恐縮ですが、補足いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

7年前です。

近隣住民18軒が日常つかっています。他に整備された道がありません。

一部の人とは没交渉でわからないとおもいます。

隣接地の相続は遺言状により相続されたそうですが、その前に地籍調査があり

角地が分筆されていました。

以上です。よろしくお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。

なるほど、時効取得していないかと思ったのですが、要件を満たしそうにはないですね。

問題の土地が、故人の名義になっていることからして、相続手続はしっかりと行われていないのではないかと思います。登記名義まで移転して、相続を完了するはずです。相続人の方が亡くなっていると、さらに相続人が増えてしまいますので、相続登記をしていないと多くの問題点を発生させてしまうことがあります。

ですから、まずは、遺言書にしたがうと土地の所有者がどうなるのかを確定します。隣接地については、相続がなされたとのことですから、本件土地も特定の相続人が指定されている可能性があります。
そして、相続人全員の共有でなければ、その方を相手に交渉します。
それで9人(それ以上の可能性もある)の共有になるということでしたら、行方を調査して、相続手続を進めてください。行方不明の場合には、行方不明の相続人の代理人を選任して相続手続を進めることになります。

また、連絡がとれない相続人については、行政書士や司法書士などに依頼することで、
住民票や戸籍、戸籍の附票などを取り寄せて、現住所を明らかにできる可能性がありますので、そこで住所を判明させて手紙を送るという方法が考えられます。

印鑑証明は今から登録すればいいので、問題になりません。

本件では、故人名義となっていることから、どうしても相続手続を済ませる必要が生じてしまい、手間がかかる解決法は避けられないように思います。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問