JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

先ほどの続きですが、慰謝料的なモノの請求は可能でしょうか?経営者側が遠い親族でもあり円滑に解決する為にはしない方が良

解決済みの質問:

先ほどの続きですが、慰謝料的なモノの請求は可能でしょうか?経営者側が遠い親族でもあり円滑に解決する為にはしない方が良いか
その他金銭的に請求可能なものがあれば教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。

慰謝料というのは、精神的な損害に対して支払われる金銭です。
質問者様が在職中に、パワハラにあっていたなど精神的にダメージを与えられることがあったのであれば、慰謝料の請求が可能です。
未払い賃金の支払いが遅れたことのみをとらえて、慰謝料を請求することは困難です。

なお、さらに考えられる請求としては、
未払いの残業代の請求が考えられます。
雇用契約上の勤務時間と、日々の残業を照らし合わせて未払い分があれば請求可能です。もっとも、2年で時効消滅してしまいますので、請求は2年分に限られることになるでしょう。

どこまで請求するかについては、
会社の経営状態を主に考慮されるといいでしょう。世の中には社員にちゃんとお金を払っていないことで、なんとか経営を続けることができている会社が多くあるのが現実です。請求することで会社がつぶれるような状態ですと、会社はかたくなに争い、紛争が長期化することがあります。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問