JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

否認事件について質問です。 免許の更新手続きを忘れていて、先日一時停止を気付かずに警察に止められ、そこで更新切

解決済みの質問:

否認事件について質問です。

免許の更新手続きを忘れてい て、先日一時停止を気付かずに警察に止められ、そこで更新切れで無免許ということが発覚しました。

そこで交番へ行き調書を取られたのですが、その際「本当に気付かなかった」と主張し続けたところ更新切れから年月が経ち過ぎているので「この発言では否認になる」と言われました。

そして結果的に否認事件として扱われることになったのですが、私は自分の無免許を否認するつもりは一切無く、むしろ自分が悪いのだと反省しているので罰は受けるつもりでいます。

「二、三回警察に呼ばれることになる」と言われたので、次回警察で話すときにそれを伝えたいと思っているのですが、それでも否認事件として扱われ続けるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
犯罪の成立には、過失犯を除き、故意が必要とされています(刑法38条1項)。
無免許運転罪についても同様であり、「無免許であったこと」を認識しながら運転していない場合には、犯罪が成立しないことになります。
すなわち、「免許の更新期限が切れていると気づかなかった」という弁解は、犯罪の成立を否定するものですから、否認事件として扱うのは誤りとは言えません。

「更新に気づかなかった」という弁解に対し、警察がどうしたいかというと、
「更新に気づいていた」と立証したいわけです。
「更新を知らせるハガキが届いたのではないか」「免許証に書いてあるだろう」「(初めてでなければ)今までにも更新したことがあるだろう」などと言われるのだと思います。
それを踏まえても「気づかなかった」と言うのであれば、上記のとおり否認事件として扱われます。

質問者様は、無免許運転をしたことを認め、罪は甘んじて受けるとのことですが、刑法上はこのような処理になってしまいます。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問