JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

自動車運転中に携帯電話の使用の違反行為を行ったとして、警察官に違反を告げられました。私は停車中にしか使っていなかった

質問者の質問

自動車運転中に携帯電話の使用の違反行為を行ったとして、警察官に違反を告げられました。私は停車中にしか使っていなかったので、署名を拒否し、供述調書を取られました。
この際、罰金の請求はありませんでしたが、行政処分(減点)は行われました。
本人は事実無根の無実と出張しているにもかかわらず、裁判も行われないまま行政処分は行われるというのは
三権分立の立場から違憲だと思うのですが、いかがでしょうか?
専門家のご意見をお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変嫌な思いをされましたね。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず停車中の考え方ですが、ご存じの通り、道交法には「停止」の

厳密な意味が書かれていないので、警察官によっての判断の差はあり得ると

思われます。

よく言われるのが、信号待ちですが、最近ではエンジンが切れるものも

ありますが、信号で停止して動き出す瞬間までOKとか言う場合もありますが

動き出した時点でアウトと言うことですから、厳密に信号待ちでの携帯電話の

操作は不可能だと思われます。そこを見られると難しいですね。

 後は、渋滞の場合も、完全に停止ができるのかと言う問題があります。

道交法違反は、基本的に現行犯なので、警察官が見ていて判断したので

あれば、違法性を認めないのは難しい面はございます。

それと、駐車違反の場所の停車は、停車とは認められないと言うのは

あります。

 どのような状況かがわかりませんので、はっきりとは言えませんが

携帯電話使用等の違反は1点で、普通車なら反則金は6千円だと思いますが

軽微な違反なので、刑事罰になる「罰金」は請求されません。

あくまで反則金です。

お話からは、切符が切られてないような感じですが

減点の事実だけ告げられたと言うことでしょうか?

反則金を取れれあいケースがあるとは考え難いのですが。

 よく、罰金刑での裁判で、ごねた場合は、罰金は科されず

減点だけで済むとこともあるようです。

 今回の処分にご不満がある場合は、「行政不服申立」を行うことに

なります。

神奈川県庁に異議申立をするか、神奈川県公安員会に審査請求をする

形になります。

データでは、全体の1%が不服申立をしているようです。

少ないですが、されてみる価値はあるかもしれません。

不服申立は、郵便代等を除いて、原則、無料です。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

今回の質問の目的は

交通違反の行政処分は三権分立の観点から違憲ではないのか?

ということです。

私は違憲であると思い、国を告訴しようかと思います。

出来れば弁護士からの回答を頂きたいと思います。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
前の先生がご回答しているとおり、行政処分の効力は事後的に争うことが可能です。
不服申し立てもできますし、訴訟によることも可能です。
これらを踏まえて、合憲性について簡潔にご説明します。

まず、行政処分は、法律に則ってなされているので、立法権(憲法第41条)は侵害していません。

次に、行政処分として、司法権のような機能を果たしているのではないかという点ですが、迅速に執行する必要性があることと事後的に争うことが可能であるという手続き上の許容性もあることから、合憲であるといえるでしょう。

ご質問の趣旨からすると、三権分立ではなく、適正手続(憲法第31条)違反が考えられそうですが、意見聴取の機会が与えられていること、不服である場合には争う手段が用意されており、その手段についての通知もなされていることから憲法31条に反しているともいえません。

したがいまして、本件でも、事実無根であれば裁判で争う余地が残されている以上、行政処分そのものが確定的なものであるとはいえず、憲法には抵触しないといえるでしょう。
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問