JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

家庭のある人と不倫し奥様にばれました 慰謝料300万求められ示談書にサインしましたが 高額すぎるのではと今更ですが納

解決済みの質問:

家庭のある人と不倫し奥様にばれました 慰謝料300万求められ示談書にサインしましたが 高額すぎるのではと今更ですが納得できません 手取り収入23万 母子家庭です 交際期間二カ月です 示談書はどれだけの効力があるのですか 第三者に口外しないことも約束させられました
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

2 民事上のトラブルを当事者同士で話し合いによって解決する方法を示談と言っています。
示談と言うのは法律用語ではありません。
法律用語ではお互いが譲歩しあい、妥協点を見出し紛争を解決する契約を和解契約と言いますが、普通示談と言われている法律上の性格はこの和解契約です。

3 当事者同士で話し合いがまとまると、後日の紛争を防ぐためにそれを「書類」として残しておく必要があります。通常、その書類を「示談書」といいます。

すなわち、和解契約の証拠となります。

 ご相談者様が約束を守らず、相手方が義務の履行を求めてきた場合、契約があったことの「証拠」になるわけです。

4 ただ、公正証書化されていないようですね。

 金銭的な約束事を反故にされたとしても、公正証書でしっかりと金額や支払方法、強制執行に服する旨陳述したことが記されていれば、 強制執行によって金銭債権を確保することができます。

 

 この場合、かなり強力ですが、ご相談者様の場合は、ここまで強烈ではない、ということになります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

公正証書は準備中です その前に減額の方法ないですか 300万はわずか二カ月のこうさい

でも 妥当な額ですか 彼からはふたりの間はうまくいってない 性交渉はずっとないときかされていました

質問者: 返答済み 5 年 前.

公正証書は準備中です その前に減額の方法ないですか 300万はわずか二カ月のこうさい

でも 妥当な額ですか 彼からはふたりの間はうまくいってない 性交渉はずっとないときかされていました

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1 回答が遅れて、大変もうしわけありません。退席中でありました。家族関係専門の行政書士rikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 

2 不倫(不貞行為)は、当たり前ですが一人で行うことができません。不倫は、不貞行為を行った配偶者と不倫相手の二人の共同不法行為となります。したがって、慰謝料も二人の不真正連帯債務となり、不倫をした二人に債務があることになります。

 

わかりやすく言うと、慰謝料の額が100万円だとすると、不貞行為を行った配偶者と不倫相手双方に50万円ずつ請求することも可能ですし、配偶者のみに100万円を請求して不倫相手に対しては無し、もしくは配偶者には無しで不倫相手に100万円を請求することも可能です。

 

男性の方に請求するような方向に持って行くといいかもしれませんね。

 

3 金額は、200万~300万は、一般的ではあります。

 

  ただ、手取り収入23万 母子家庭 交際期間二カ月 これを考えると、高いかもしれませんね。

 

かならずしも決まった相場というのはありませんが、ようするに、精神的苦痛は低かったことを強調することになります。

 
 おっしゃるとおり、請求される側の年収や、肉体関係の回数、相手側の家庭の状況などを総合的に判断して決まります。

 

 なかなか、ここで妥当な金額を断定するのは難しいですが、なにより、払えない金額を請求されてもしょうがないので、そのことも含めて、交渉で、理解をしてもらうしかないでしょう。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問