JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

一人親方の建築大工です。住宅建設の依頼を受けましたが建築業許可がないため、分離発注での請負を考えておりました。とりあ

質問者の質問

一人親方の建築大工です。住宅建設の依頼を受けましたが建築業許可がないため、分離発注での請負を考えておりました。とりあえず知り合いの設計士にお願いして図面を 作成していただきましたが、やっと確認申請の準備も整い見積もりを提示したところで、依頼主より白紙に戻したいと連絡がありました。
契約書はまだ取り交わしていないのですが、設計にかかった費用と測量の費用を請求したいと思い連絡しましたが、大工が設計すれば費用は掛からない。うちで設計士を頼んだわけではないので、測量の費用しか払う義務はないと取り合ってもらえません。
資格がなければ確認申請用の図面は作れない等ちゃんと説明しなかったこちらが悪いのかもしれませんが、設計の費用は請求できないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
確認背申請の準備がやっと整った段階で契約が白紙となってしまい、とても残念ですね。また費用負担につきトラブルとなってしまいさぞ気がかりかと思います。

ご質問についてですが、結論を申し上げると、設計にかかった費用についても相手方に請求できる可能性が高いでしょう。

一般的に、契約書をまだ取り交わしていない段階でも、商談が行われ、互いに契約を締結するものと信頼する状況に至ったにもかかわらず、一方が契約を白紙に戻した場合には、他方が被った損害を賠償する責任があるとされています。
そして、その賠償しなければならない損害の範囲は、契約締結準備費用や契約が成立した場合の義務を履行するための準備費用といった契約の成立を信頼して支出した費用等です。

質問者様の場合も、契約書はまだ取り交わされていないものの、質問文の内容からすると、契約が締結されるものと信頼される段階には至っているものと思います。したがって、質問者様は、発注者に対して、契約の成立を信頼して支出した費用につき損害が発生したものとして賠償を求めることができることとなります。
そして、設計費用は、契約が成立した場合に、質問者様が大工さんとしての義務を履行するにあたって必要となる準備費用ですから、契約の成立を信頼して支出した費用として、損害賠償を求めることができるものと思います。なお、相手方が図面の作成費用がかかることを知らなかったとしても、請求は可能です。
これに対して、大工さんが設計すれば費用はかからないと相手方が主張しているようですが、厳密にいえば、質問者様ご自身が設計していたとしても、時間も労力もかかっているわけですから、損害がないわけではないのです。

上記のことを相手方に説明し、改めて費用の負担をご請求してみましょう。ご自身での交渉が困難な場合は、かかった設計費用の金額によっては、弁護士への依頼をご検討されてもよろしいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
詳しいご説明ありがとうございます。
設計士さんの方からは60万程度はかかっているといわれました。
もし、相手が応じなかった場合、
金額的には弁護士に相談した方がよいのか教えてください。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士に依頼する場合、内容証明の送付のみでしたら相場は数万円です。裁判外の交渉まで依頼されると、弁護士にもよりますが、30万円程度かかる場合が多いです。裁判まで持ち込むと、50万円程度はかかると予想されますので、裁判外での解決が望ましい事案です。いずれにしても、弁護士によって費用の幅がありますので、費用を抑えたいようでしたら、いくつか事務所をあたって比較してみるとよいでしょう。

まずはご自身で交渉をしてみて、難しいようでしたら、弁護士の名前で内容証明郵便を出してもらうのが一番費用を抑えられると思います。弁護士からの手紙というだけで、相手方にはかなりのプレッシャーを与えることができ、支払いに応じることも十分にありえるからです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
主人が請求書を持って支払交渉に行きましたが、全く受け入れてもらえませんでした。
その上、成り行きで「俺が払うからいいですと言ってしまったようです」
もう請求することはできないのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
「俺が払うからいいです」と言ってしまわれたそうですが、録音等されていましたか。
このような発言は、債務の免除の意思を表示したものと捉えられ、請求ができなくなる可能性があります。
しかし、発言をした証拠がないのであれば、相手方は、免除の意思表示が行われたことを証明することは難しくなります。
免除の意思表示を証明できなければ、請求権はそのまま認められることとなります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
録音はされていません。
主人の話を頭から聞かず、全く支払う意思がないことと、金一封(いくらかの金銭のようですが受け取らなかったので)を提示されたことで、無駄だと感じて言ってしまったようです。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
録音されていないのであれば、相手方がご主人の発言を証明するのは難しいのではないでしょうか。
相手方が任意に支払うことは望めないようですし、こちら側に不利な発言を咄嗟にしてしまうことを防ぐためにも、直接のやり取りは避け、書面での請求をされた方がよろしいかと思います。
代理人を立てることもご検討されてみてはいかがでしょうか。

法律 についての関連する質問