JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

おはようございます。 昨日はありがとうございました。 また入力途中に入力文字が消えてしまいました。中途半端な文章

解決済みの質問:

おはようございます。
昨日はありがとうございました。
また入力途中に入力文字が消えてしまいました。中途半端な文章が届いてまし たらすみません。
昨日、あれから弁護士事務所や費用の事等かなり調べましたが、被害額から考えると着手金、報酬額の合計がかなりの額になるので弁護士に依頼する以外に他に手立てはないのかと考えておりました。
drespquire様は②の○○ー○○ファンドに関して強く弁護士に依頼することをお勧めされておりましたが、他の手段をとるより弁護士に依頼する利点を教えて下さい。
どうしても弁護士を使うという選択が良いなら、まず、相手方に再度返金交渉し、応じなければ金融庁に報告、または弁護士に依頼すると圧力をかけて反応を見て弁護士に依頼するのが良いのか、またはそれを一切告げずいきなり弁護士に依頼した方が良いのかどちらの戦略のがいいのでしょう?
もし、弁護士に依頼する場合、相手方は東京なので東京と名古屋(私は三重ですので近いです)に事務所がある弁護士事務所の方が交通費等の経費が抑えられるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは、弁護士として、弁護士の依頼についてご回答します。

弁護士に依頼する利点は、やはり、ご自身で返金の請求等をされるよりも、弁護士の名前で行った方が相手方に圧力をかけることができる点です。また、弁護士はこのような事件にも慣れているため、弁護士に依頼された方が、よりスピーディに解決させることができる可能性があります。
副次的なメリットとしては、ご自身が表に立って交渉しなくて済むという精神的な安心感もあるかもしれません。

他方で、ご指摘のようにご自身で行うのと比べて、費用が多くかかってしまう点が大きなデメリットかと思います。
もっとも、依頼される弁護士ごとに請求する費用は大きく異なりますので、いくつか事務所をあたってみられるとよろしいかと思います。また、弁護士に依頼する場合でも、書面の作成のみを依頼し、実際に会って交渉するのはご自身で行うこととすれば、費用は大分抑えられるでしょう。

ご指摘の、再度ご自身で返金の交渉を行うことについてですが、やってみてもよろしいでしょうが、効果はあまりないかと思われます。なぜなら、「弁護士に頼んでいる」などと圧力をかける人は大変多く、相手も聞き慣れてしまっている可能性が高いからです。また、実際に頼んでいなければ、相手としては特に怖くありません。

ご依頼される場合は、東京と名古屋の両方に事務所がある弁護士事務所があれば、もちろんよろしいでしょうが、複数の都市に事務所がある弁護士事務所は大変限られていて、探しにくいかと思います(全国に数えるほどしかありません。)。相手が東京であれば、基本的には東京での活動になりますので、東京に事務所のある弁護士に依頼されれば、一番交通費等の経費が抑えられるかと思います。質問者様とのやり取りは、メールや電話等で行えますので、質問者様が事務所まで行かなければならない機会は、多くても2回程度でしょう。
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
すみません。
私も,質問後すぐに書いた回答が消えてしまって。

もう一度回答しますので,少々お待ちください。
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
先に回答された弁護士の先生がおっしゃるように,弁護士によって圧力をかける方が効果的です。
弁護士に依頼しますよ,というのは,少なくとも,今回の相手方のように,ファンドとして資金を集めるくらいの才覚のある人物に対しては,威嚇としての効果は薄いように思われます。

弁護士報酬に関してですが,昨日のお話のように,お知り合い数人と 共同で依頼すれば,一人あたりの負担は幾分軽減されるのではないでしょうか。

東京,大阪,名古屋といった都市部の弁護士であれば,この分野に経験ある事務所はあると思いますが,東京と名古屋に事務所を有する事務所に依頼するメリットはそれほどないと思います。担当するのは特定の弁護士であり,名古屋で依頼を受けた弁護士とは別の,同じ事務所の東京の弁護士が東京で相手方と対峙するというわけではなく,名古屋の弁護士が相手方と対峙することになる可能性の方が圧倒的に高いからです。そうすると,名古屋の弁護士の出張費は依頼者が経費として負担することになりますから,依頼者であるあなたがはじめから東京の弁護士に依頼なさる方が経費の節約ができると思われます。
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験: できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問