JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

母が亡くなり、保険金やら貯蓄などを解約したお金を兄夫婦が全部管理し、弟の自分に分ける気配もなく、いくらお金が入り、今

質問者の質問

母が亡くなり、保険金やら貯蓄などを解約したお金を兄夫婦が全部管理し、弟の自分に分ける気配もなく、いくらお金が入り、今いくら残っているのか?との質問にも答えてもらえず・・・ちゃんと分与してもらうにはどうすればいいのですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1 ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

 

2 遺産相続の分割協議がスムーズにいかないときの手続きとしましたは、調停があります。

 

  一般的に遺産には、現金だけでなく不動産や株式、著作権などの様々なものがあります。これを相続人全員が、満足できるように分割するのは、大変難しいものです。

それぞれの相続人の家庭の事情や、亡くなった人との親密感などで、必ずしも話し合いがスムーズにいくとは限りません。

3 つまり・・遺産を分割する場合は、まず、相続人全員の遺産分割協議によって、解決するのが原則となっています。

 ただ、1人でも協議に同意できない人がいるときは、家庭裁判所に「遺産分割調停申立書」を提出して、「調停」で解決することになります。

この調停というのは、家庭裁判所の調停委員が、相続人同士の意見や主張を聞きながら、うまく合意できるように進める制度です。

調停委員は、亡くなった人への貢献度、職業や年令などを総合的に判断して、相続人各人が納得できるよう、話し合いを進めます。

3 なおこの調停でも話し合いの合意ができないときは、「遺産分割審判申立書」を提出して、家庭裁判所の審判で結論を出すことになります。

 詳しくは、お近くの弁護士の先生にご相談されるとよいでしょう。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

それでは、どのように調べればよいか簡単にご紹介します。わたくしは、弁護士事務所で勤務しておりました。

  1. 預貯金は、郵貯や銀行で相続人であることを証明すれば単独でも開示してもらえます。(平成21年1月22日の最高裁判例以来)
    被相続人の除籍と、相続人の戸籍で相続人であることは示してください。

    なお、被相続人がどの支店に口座を持っているか分からなくても、どの支店でも調べることができます。

  2. 生命保険
    生命保険は大きく分けて2つに分かれます。

     ①受取人が故人以外の人で特定されている場合

      この場合、相続財産には含まれず、指定された人に保険会社から支払われることになります。

     ②受取人が故人、又は相続人とされている場合
      この場合、相続財産に含まれるため、保険会社に問い合わせるとよいでしょう

 

3 弁護士会23条照会請求

 これは、弁護士が弁護士会を通して、各機関に対してその照会を請求できる制度です。

 

 社団法人生命保険協会に対して照会請求をすれば、被相続人が生命保険契約をしていたのか、していれば①契約日や②契約の種類、③保険期間や④金額、⑤保険金支払日も分かります。

 

 人によって残した財産は違い、また複数の財産を残していることがしばしばです。なので、何カ所かに問い合わせる必要があり、慣れていない方にとっては大変かと思われます。ですので、相続財産調査は、弁護士に任せることをお勧めします。

法律 についての関連する質問