JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

こんにちは、初めまして、 H17年に義弟の店舗の連帯保証人となりましたが、その後、金銭トラブルにより、ここ4年

解決済みの質問:

こんにちは、初めまして、

H17年に義弟の店舗の連帯保証人となりましたが、その後、金銭トラブルにより、ここ4年程音信不通になっておりましたが、先日その店舗の管理会社より内容証明郵便が送られて来ました。今月の22日までに3ヶ月分の賃貸料を支払うようにとの内容でした。(6月までの62万数千円です.)
仲が良かった 当時に「接骨院」をやると言うことでしたので、連帯保証人になりました。(暫くは、接骨院をやっていたようです。)しかし、疎遠になってから、土木系の会社を興し、そこを事務所にして営業していたようです。(2月半ばより、行方知れずです!会社の金を持って逃げているようです。)

契約書には、契約した店舗のみで(接骨院)使用の事となっていまして、使用目的以外に使用する場合は、契約者に承諾を得ることとなっていました。こちらは、何も知らないまま現在に至っていました。
こういった場合、賃貸料を払わなければならないのでしょうか?

また、2月分までは振り込みがあったそうです。

行方知れずになった時(3月半ば)にその管理会社さんに電話して連帯保証人になっているか問い合わせたところ、個人情報だから教えられないと言われてしまいました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

残念ですが、連帯保証人になっておられる場合、支払い義務は発生してしまいします。

※契約時に連帯保証人はこの契約から生じる一切の債務を連帯保証する旨、合意されているのが一般的ですので、ほぼ間違いなくそのような契約内容となっていたかと存じます。

 

ただ、賃料の請求は5年で時効となりますので、その3か月分というのが5年以上前の分であればお支払いする必要はございません。

※文面から推察すると直近の3か月分かと存じますが・・・

 

なお、担保も取らずに合法的かつ強制的に他人から金銭を回収するというのは、一般の方が思われているよりも大変なことです。

※まず、裁判をして、そしてそれに勝てれば、相手方の財産を調べて(裁判所は調べてくれません)、そしてその財産を差し押さえて、これでやっとお金を回収できますが、その手間と労力はかなりのものです。

 

以上のとおり、支払うにしても交渉の余地は十分にありますので、まずはお支払い可能な額を分割など色々条件を付けて、交渉されてみては如何かと存じます。

※言い方は悪いですが、ゴネればゴネるだけ相手は非常に困りますので、こちらに有利な条件で示談できる可能性が高いかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

内容証明郵便では、火曜日までの入金となっていました(法的手続きを取るとのこと!)

が日にち関わらず、交渉しても大丈夫と言うことでしょうか?

(くどくて済みません。)

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

内容証明郵便では、火曜日までの入金となっていました(法的手続きを取るとのこと!)

が日にち関わらず、交渉しても大丈夫と言うことでしょうか?

(くどくて済みません。)

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

確かに、実際に法的処置に出る可能性もゼロではありませんが、”法的処置をとる”というのは請求する際の決まり文句ですので、先にも述べたとおりその手間や労力を考えると数十万程度の請求でいきなり訴訟などしてくる可能性はかなり低いかと存じます。

 

それよりもご質問者様の方から、交渉次第ではまったく支払う気が無いわけでもないというようなニュアンスを見せれば、相手方も話に乗ってくる可能性のほうが断然に高いかと存じます。

 

また、仮に訴訟を起こされた場合でも、先に述べたとおりいきなり財産を差し押さえられ、強制的に回収されるようなことはなく、もしそうなってもかなり先の話になります。

 

ですので、まずはこちらも強硬な態度で応対し、実際に訴訟になった場合にその場で和解するというスタンスで臨んでも良いかと存じます。

※訴訟になった場合でも、その場で和解可能です(実際に裁判所も当事者に対して和解するよう強くすすめてきます)。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問