JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

農協の組合員代表訴訟についてお尋ねします。 農協執行部は代表訴訟を起こした元職員を以下のように非難しています。

解決済みの質問:

農協の組合員代表訴訟についてお尋ねします。
農協執行部は代表訴訟を起こした元職員を以下のように非難しています。

(引用開始)
元職員Aは組合在職中に入手したと思われる組合内部機密書類を訴状に添付して組合員代表訴訟を行った。仮に公益通報者保護法があるとはいえ、判決は、「控訴人の請求は理由がないと判断」とされており公益通報者とは言い難く、組合の信用を大きく失墜させました。
さらにこの裁判の背景には、組合側が訴訟参 加しており、実質的にはJA相手の訴訟でした。よって元職員Aは当組合と敵対関係にあります。
(引用終)

【質問1】
訴訟で負けたのなら、公益通報者と言えないのでしょうか?またその事によって組合の信用を大きく失墜させたと言えるのでしょうか?
ちなみに判決理由は「実質的に貸付先が破綻しているとはいえ、法的に破綻してないので債権者の組合はまだ実害を被っていない」だそうです。

【質問2】
確かに商法の規定に基づき、組合の顧問弁護士が参加しましたが、それをもって代表訴訟が実質的にJA相手の訴訟と言えるのでしょうか?またその事によって、元職員Aが組合と敵対関係にあると言えるのでしょうか?

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。元銀行員の社会保険労務士です。

組合員代表訴訟を起こされている事、判決内容が貸付先の実質破綻という点から、「情実融資」や「理事長等によるいわゆる鶴の一声による、正規の審査を経ない融資」が行われ、その債権が焦げ付いた、という内容でしょうか。

「組合員代表訴訟」と「公益通報者」とは別に考えた方がよろしいです。

元職員Aが退職した理由や時期がわかりませんが、労働局回答の通り、公益通報者保護法は内部告発した従業員に対して解雇等の不利益な取り扱いを禁じる、というものです。

組合員代表訴訟は執行部に不正等があり本来は組合自身が訴えるべきところを、しかるべき対応を取らないがために組合員が執行部に対して行うものです。

公益通報者保護法の観点からすると、元職員Aが内部告発(組合員代表訴訟という形で)をしたことで、解雇や退職強要により退職しているのであれば、同法違反となります。訴訟で負けたことは関係ありません。

組合が訴訟参加しているから、実質JA相手の訴訟とは言えません。それは上記のように執行部の融資姿勢(不正)に対するものであり、組合を守るために行われたのが組合員代表訴訟ですので。

今回の元職員Aにたいする非難、がどのような形(内部回覧、組合員や会員向け冊子への記載等)でなされているのか不明ですが、今後同様の訴えを起こすことがないよう、職員や組合員に対するアピールでしょう。

「組合員代表訴訟を起こしても無駄だぞ」「我々は訴訟に勝った。我々は正しい」というアピールに過ぎません。

sr_hossyをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問