JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

現在中学1年生の娘を持つ母です。 以下の件が訴訟の対象になるでしょうか? 子供を指導する立場の大人に、堂々としか

質問者の質問

現在中学1年生の娘を持つ母です。
以下の件が訴訟の対象になるでしょうか?
子供を指導する立場の大人に、堂々としかも執拗に子供がイジめられ、精神的に参らせて追い出し、しかも追い出した後でも悪口を言いふらす行為をされました。娘の友達も同じ目に遭いましたが、組織は助けてくれませんでした。そのイジメの張本人が組織で力を持った人物なので、組織内で何かするのは無理なようです。私の目的は、娘の受けた精神的被害が報われるような形をとらせることです。お金 はいりません。社会的制裁を与えること、または公式に謝罪していただくことです。

具体的には次のようです。小学6年生時の娘が空手道場で師範と指導員の妻にイジメに遭いました。はじめ信頼していただけに精神的ショックが大きく、精神科に通院することになると思います。
師範が練習中にみんなの前で見せしめ的に罵倒し、こんなふうになったらおしまいだとか、腐ったみかん、また心が汚い、うそつきは要らない等の暴言を浴びせるのは日常茶飯事でした。また、道場生に「あいつと関わるな」と命令して孤立させました。やってないことをやったと決めつけて、みんなの前で罵倒し、頭を何度も叩き、罰として75キロの男子とスパーリングを命じられ怪我をしたことがありました。実際、娘は無実だったので、母である私が抗議しに行きました。さすがにその時は師範は誤りました。しかしそれ以降は罵倒はなくなりましたが、娘を1か月以上無視し、合格していたはずの昇級試験を理由もなく取り消されました。精神的に参ってしまった娘は結局理由をつけて退会させられました。

証拠としては、客観的な記録として日常の出来事を書いた2年前から公開しているブログ、メールの受信記録、娘の日記、友達の証言、兄の証言くらいです。

どうかよろしくお願いいたします。犯罪行為でなければ、こんなに子供をイジめることが許されるんでしょうか?法律ではどうにもならないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1 ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

 

2>犯罪行為でなければ、こんなに子供をイジめることが許されるんでしょうか?法律ではどうにもならないのでしょうか?

 いじめと言われている行為の中には、単なるいじめの範疇を越え、犯罪的行為が行われている場合も少なくありません。
 明らかに違法な犯罪行為でありながら、学校側、マスコミが「いじめ」としてとらえている風潮も気になります。

3 もちろん、いじめを直接取り締まる法律は、現在では存在していません。
 しかし、被害者の物を隠したりすれば状況次第では「窃盗罪」になり、破損させれば「器物損壊罪」になります。
 陰湿ないじめで、「体調異変」を発症させれば「傷害罪」になります。

4 いじめ被害の現状が以下の刑法上の罪に当たる場合は、被害届けを出す事も必要です。
悪いのはいじめ加害者です。
 明らかに違法な行為が為されたときには被害者が泣き寝入りする必要は在りません。
 証拠もあるようですし、お近くの弁護士に相談することをおすすめします。

rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験: 弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
結局、傷害罪(精神的被害)で被害届を出してどうなるのでしょうか?
要するに、訴訟に値する事態だということでしょうか?

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1 失礼いたしました。行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 

2 たとえば、こんな記事があります。

   ↓

 秋田県立西仙北高校のいじめ事件で、被害者側が10月1日付で警察に暴行の被害届を出していたことがわかった。  

 被害者側は「学校の対応は不誠実で、調査に限界を感じた。真実を明らかにするためには警察の捜査に頼るしかなく、被害届を出した」(読売新聞2010/10/5『「2人から暴行」被害届 大仙署、裏づけ捜査進め立件へ』)

 

>組織は助けてくれませんでした。そのイジメの張本人が組織で力を持った人物なので、組織内で何かするのは無理なようです

 

ご相談者様も、同じ心境だと思われます。

 

警察や検察は、国家機関であり、強制的捜査権限を有しています。

 

また、これにより社会的制裁も受けるでしょう。

 

3 別の視点もあります。

 

 一度提出した被害届は,相手方との示談成立等により取り下げることができます。( 一度取り下げた被害届は,再度提出することはできません。)

 

 ですので、加害者は、被害者に示談を申し入れることが多いです。

 

 公式な謝罪とまではいきませんが、示談の中で、加害者を話合いのテーブルにつかせて、加害者を追及することもできるでしょう。

 

4 もちろん、上記のようにうまくいくかはわかりませんが、証拠をそろえて、警察が受理してくれれば、被害届はそれなりに有効な手段だと思います。

 

 伝わりましたでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>私の目的は、娘の受けた精神的被害が報われるような形をとらせることです。お金 はいりません。社会的制裁を与えること、または公式に謝罪していただくことです。
>小学6年生時の娘が空手道場で師範と指導員の妻にイジメに遭いました。はじめ信頼していただけに精神的ショックが大きく、精神科に通院することになると思います。

 

  すでに他の先生がお答えになっていますので、補足と言う形で回答します。

イジメ(特にこれを苦にした自殺例)についての判決は二つに分かれ、一はイジメを肯定、二はイジメを否定するものです(イジメと自殺の因果関係を否定するもの、イジメの存在じたいを否定するもの)。イジメの存在を否定するものは、「イジメの存在を積極的に推認させるものはない」と言った言い回しです。日記・遺書のようなものでも、「うらみ、つらみ」がハッキリ書いてないとダメのようです。このように(自殺例でも)証拠の集め方、裁判官の主観にかなり左右されるものと思われます。

 

 日本のスポーツ、武道ははっきり言ってイジメの温床です。しかも隠微な形

で行われるので証拠の蒐集に困難を極めます。

 

 訴訟としては不法行為による損害賠償請求(慰謝料)が端的と思います。謝罪は判決では得られませんが、訴訟上の和解でならありえます。

 

 最寄の弁護士に相談されて提訴されることをお勧めします。

法律 についての関連する質問