JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

法律の事が良く分からないのでご質問させて下さい。 私は数年前に居酒屋を始めたのですが、数ヶ月で経営が上手く行かなく

質問者の質問

法律の事が良く分からないのでご質問させて下さい。
私は数年前に居酒屋を始めたのですが、数ヶ月で経営が上手く行かなくなり、店を閉める 事になりました。その際に知り合いが変わりにお店のオーナーになってくれて、その後は雇われの店長と言う形で一年半程仕事をしていたのですが、先日突然、経営出来なくなったので店を返すから自分でやって行けと言われ、半月後から元の通り、自分でお店をやって行く事になりました。
その際に今まで働いた分の給料が約二ヶ月分未払い状態な事、を元オーナーに告げたのですが、払うお金が無いと行って一向に払ってくれません。(先月分の家賃も未払い状態です)
おまけに今まで面倒見てあげた手当てとして一ヶ月5万円ずつ×1年分=合計60万円の借用書を書いて支払えと言われました。(実際はまだ署名してません)
不動産名義は最初に私が経営していた頃から今は元オーナーに渡っており、今はまだ自分に戻しておりません。
この場合、給料の未払い状態はどうなるのか?不当な解雇宣言・不明な60万円の借用書は払わないと行けないのか、について教えて下さい。
又、当初私が不動産屋に払った保証金(敷金礼金)は約50万・次のオーナーが名義変更の際に払った金額が約30万、次にもう一度私に戻す場合は(店舗内装・外観はそのままの状態でも)100万円位支払って貰わないと行けないと不動産屋に言われました。
こちらの方もどの様になっているのか教えて頂ければありがたいです。
分かりづらい文面で申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
1 給料の未払い
 質問者様が働いて得るべきものであった給料ですから、当然に支払いを請求する権利があります。ただし、店長となる契約をお店との間で締結したものですと、請求先はお店ですから、結局は実質的な負担者は経営者である質問者様ということになってしまいます。
 雇われ店長となる契約を、その知り合いとの間で締結したものですと、その知り合いに給料の支払いを請求することができます。
 
2 60万円について
 ご質問をみた限りでは、60万円を支払い必要は全くありません。法律的に言っても、なんら60万円を支払う契約が成立していないからです。
 借用書にサインをしてしまうと、覆すのが難しくなってしまうので、絶対にサインや押印しないようにしてください。
 また、あまり関係がないことですが、給料は全額支払わなければならないため、給料から勝手に債務の弁済にあてるのは違法です。この点でも借用書は法律的に問題があります。

3 不動産について
 こちらもご質問をみた限りでは、100万円の根拠はないものと考えられます。ただ、元オーナーに名義が残っているということなので、その名義を変更してあげる代わりということで金銭を要求しているのでしょう。
 不動産の所有権が質問者様にあるという証拠(契約書など)があれば、1円も支払わないで登記名義を変えるように強く請求することも1つの手ですが、早急に手を打ちたいとのことであれば、いくらかの金銭を支払って解決することも考えられます。心配なのは、当初から不動産の名義が元オーナーとのことなので、本来は質問者様の名義であることを立証できるかという点です。この立証が難しいと、金銭を支払って解決する必要が生じてしまいます。

法律 についての関連する質問