JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

2009年に7月に結婚してから、 1. 2009/11-2010/2 出会い系サイト利用とその費用として家計からお

質問者の質問

2009年に7月に結婚してから、
1. 2009/11-2010/2 出会い系サイト利用とその費用として家計からお金を無断使用
2. 2010/7-9 1.が発覚以降夫婦喧嘩が増え、家にいづらいという理由で家計からお金を無断で使用(約15万)して無断外泊がつづく。 (2011/1に発覚し、私文書にて行動を改めることを誓約)
3. 2011/3-現在 フィリピンパ ブで知り合った女性と、二人でお店とは関係なく交際を始め、8月からは月に二度程度ホテルに行って肉体関係もある。と、2012/5/11に発覚。

夫を再三許して一緒に夫婦生活をと努めていますが、当初3の浮気発覚後は念書を書いてきちんとやり直したいと言っていのに、昨日からは「もともと結婚に向いていない」など言いだし、離婚したいと言われています。

彼の身勝手でいきなり離婚をするのは本意ではありません。
2009/10に入居した二人共同名義の35年ローンで購入した家があります。
子供はほしいということで、毎月二人で努力もしていました。(なので、もうずっと離婚したかったという主張には矛盾があると思います)。

彼は27歳、私は38歳です。
彼は今後もやり直せるでしょうが、私は彼と6年間交際しているなかでもずっと彼には子供がほしいので真剣に付き合えないなら一緒にいない方が良いと話し合った末の結婚でしたので、簡単にこれまでの二人の関係を捨てることは耐えられません。

どうしたらよいのでしょうか?
彼は、離婚した場合の彼の金銭的負担などの知識はまったく内容で、責任がわかっていないようです。
なにか、そういったことを含めてきちんと話し合いをできる場を第三者立会いの下持つということは可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
弁護士です。おはようございます。はじめまして。

夫婦間関係を続けるとしても,(あなたには不本意ながら)離婚するにしても,きちんとした話し合いができない状況でお困りのようです。そこで,まずは,第三者の前で,落ち着いた話し合いがしたいということがご相談の趣旨なのではないかと思います。

そうであるとすれば,家庭裁判所の,「夫婦関係調整調停(円満)」を利用されるのが良いのではないかと考えます。
夫婦が円満な関係でなくなった場合には,円満な夫婦関係を回復するための話合いをする場として,家庭裁判所の調停手続を利用することができます。
 調停手続では,当事者双方から事情を聞き,夫婦関係が円満でなくなった原因はどこにあるのか,その原因を各当事者がどのように努力して正すようにすれば夫婦関係が改善していくか等,解決案を提示したり,解決のために必要な助言をする形で進められます。
 なお,この調停手続は離婚した方がよいかどうか迷っている場合にも,利用することができます。
申し立て費用は1200円です。
この手続を受けるのにあたって,弁護士に代理人を依頼する必要はありませんが,専門家からの助言を受けながら進めたいという場合には,お住まいの地域の弁護士会か,法テラスで弁護士の紹介を受けられると良いと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
残念ですが、私の期待していたものがずれていたのかもしれませんが、家庭裁判所のことであればネットなどで調べておりましたので、目新しい回答ではなかったです。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
家庭裁判所を利用せずとも、弁護士に
「相手と離婚条件でもめています。今まで不貞行為があったりして、精神的な苦痛を負っています。相手との話し合いがうまく進んでいないので、話し合いに立ち会ってくれませんか」とお願いすることは可能です。

そうすると、弁護士が金銭的な請求額(通常は、裁判で認められる額より、高めに請求します)を請求しますので、相手からするとその金銭的負担に驚いて離婚の考えを改めるかもしれません。

その中で、公証役場に行って、公正証書を作成してしまうといいかもしれません。

また、裁判所ではない機関での話し合いというのであれば、
http://www1.odn.ne.jp/fpic/
公益社団法人家庭問題情報センターというのもございます。
より具体的な手続は、http://www1.odn.ne.jp/fpic/chotei_tetuduki_annai.htm
土日でも調停はできるようで、裁判よりも便利です。弁護士に頼む必要もないと思いますので、金銭的な負担もおさえることができます。

法律 についての関連する質問