JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

先月4月に離婚した48歳の男です。 去年5月に転勤したものの給料はよくなく(月手取り220000円ボーナス6000

解決済みの質問:

先月4月に離婚した48歳の男です。
去年5月に転勤したものの給料はよくなく(月手取り220000円ボーナス60000円)家賃も払えない状況でした。
妻から4月に離婚を切りだされ以前より関係も良くなかったことから同意したものの家賃が12月より5ヶ月滞納されており(月々80000円)4月に引越しは無理で5月まで計算すると48万円必要となりました。

以前より私の実母(既に離婚しており北海道で一人暮らし)から妻が幾度もお金を借りており「もう貸せな い」との
事で妻方の兄(両親は既に他界している)に相談した所「破産するしか無いだろう」と言われたが何とか頭を下げ
て私の名前で50万円を借り借用書を書きました。私一人で25年度より3年以内に返却という内容。
6ヶ月分とし妻に48万引渡し2万円は私の銀行口座に入れました。

とりあえず5月まで時間が出来たため身辺整理を進めた所次から次へと借金が発覚。銀行から全てのカード
を妻に託していたのですが3つのカードにショッピング・ローン・リボと120万円もの借金が私の調べて分かり
車のローンを含めると230万有りました。

離婚成立したのは4月18日でしたが妻はなかなか銀行手帳等を整理してると引き渡さず手元に渡されたのは
5月2日で手帳そのものは新しく更新されており残金46000円ほどになってました。
不信に思い出し入れ記録を調べた所手帳に記載されている内容を隠蔽するかのように何十回も1000円単位
で出し入れを繰り返し手帳記入欄を埋め尽くし新しくしてありました。
家賃の48万円の行くへを調べると大家からの引き落としは35万円となっており?
昨日元妻に追求したら震災から家の傷みもあることから月々7万円になっていたらしく5ヶ月で35万でした。
5月分は自分の銀行口座から7万円を振り込んだらしく残り6万円は自分のものにしていたそうです。
借用書には家賃とは記載せず 50万借りたと使用目的や内容は記載してなかったのは反省です。
しかし、借用する時に妻方の長男・長女が訪れ5月までの家賃として話し了解して借りたものです。 

とりあえず車は売り今月残金の精算をしましたが50万近く現金として残っのにもかかわらず私の承諾なしに
振込先を妻の自分の銀行口座にしてあり私に渡すつもりもなかったといいます。

結局色々調べあげた結果、今日5月17日現在でショッピング・キャッシュ・リボ・未払い請求(公共料金など)
合わせると車の精算分差し引いても160万もあり今後二人で毎月10万近く支払う羽目になりました。

私は毎月各カードのやり取りと借りた50万の返済をしつつアパート暮らしとなり妻は大家のはからいで
家賃を5万円にしてもらい今の家に残ることとなりました。
家には1級障害を持つ成人の子供二人と長女が東京の専門学校にいて私にはなんの相談もなく3人共
認知してました。

本来 家賃の50万も二人で返すべきなのに 渡した48万の内6万円と売った車の手取り分、約50万まで
手にしようとしています。

一体どうしたらいいものか素人の私には分からない状況です
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
1 ご相談いただきまして、ありがとうございます。行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

2 自己破産という方法もありますので、ご検討されるとよいと思います。

  自己破産するにはメリットとデメリットがあり、メリットと感じるか、デメリットと感じるかは人そ れぞれですが、自己破産することの最大で、自己破産する全ての人にとってのメリットが、債務が免除され、借金がゼロになることです。

 

 ただ、自己破産制度は、債務者の必要最低限の生活費、財産以外は全て換価し、債権者に配当する制度ですので、自己破産すると、財産を失うことになります。

 

 さらに、ご相談者様に破産手続開始決定が下り、免責許可の決定を受けて、晴れて自己破産手続が終わり、債務(借金)が免除されたとしても、残念ながらそのことは連帯保証人には影響しませんので、債権者は今度は保証人に取り立てを行うようになるのです。

 

 実母のかたは、おそらく、連帯保証人と思いますから、この点が心配ですが、この点に注意しつつ、破産を検討されるとよいと思います。

 

 もう、弁護士の先生には相談されていますでしょうか?

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問