JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めて質問します 長男が、窃盗罪で逮捕されました 拾った財布から現金一万円を抜き取り使いました 逮捕後、事情聴

解決済みの質問:

初めて質問します
長男が、窃盗罪で逮捕されました
拾った財布から現金一万円を抜き取り使いました
逮捕後、事情聴取のため、3日間抑留されます
被害者には、親として謝罪したいのですが…
会いに行ってもよいのでしょうか?
また、息子に弁護士を付けた方がいいのでしょうか?
いつになったら、自宅に帰れるのでしょうか?

回答をお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
ご子息様が逮捕されてしまったとのこと、大変ご心配なことと思います。

ご子息様が成人であるとの前提で、ご質問について、以下順にご回答いたします。

被害者への謝罪についてですが、被害者の了解が得られれば、担当検察官経由で連絡先を教えてもらうことができます。連絡先を教えてもらえれば、お電話をまずかけてみるのがよろしいでしょう。そこで、会って謝罪したい旨お伝えし、被害者が了解されれば、お会いしてもいいのではないでしょうか。
会う場合、被害弁償(1万円)及び慰謝料の支払いはご検討されていますか。ご検討されている場合には、支払う際、被害者と示談書を作成するか、「ご子息様を許し、ご子息様が刑罰に処せられることは望まない」との上申書を作成してもらってください。作成後、検察官に提出すれば、ご子息様の処分を検察官がする際、考慮してもらえます。

弁護士をつけるか否かについてですが、ご子息様が起訴されれば、国選弁護人が無償で付きます。また、起訴前であっても、一定の条件を満たす場合には、国選弁護人がやはり無償で付きます。
本件では、拾った財布から現金を抜き取ったとのことですが、窃盗罪で勾留されているのであれば国選弁護人が起訴前であっても付きます。
もっとも、国選弁護人は選ぶことができません。基本的にはどの弁護士が担当することになっても、きちんと弁護をしてくれるとは思いますが、ご子息様と合わない・話しにくい弁護士が担当になってしまうといったことはありえます。そこで、ご両親がご子息様のために最良と思う弁護士を選びたいと思われるのであれば、依頼してもよろしいのではないでしょうか。

帰宅できる時期についてですが、警察による逮捕の後48時間以内に検察官に身柄が移されます。そして、検察官は最長で20日間身柄を勾留した上で、処分を決定します。検察官が起訴しないと判断すれば、その時点で自宅に帰ることができますが、起訴されると、引き続き身柄が勾留されます。もっとも、起訴後は、保釈を求める申し立てを裁判所にしてみることが可能ですので、保釈が認められれば釈放されます。

なお、ご質問にはありませんでしたが、拾った財布から現金を抜き取った場合、窃盗罪ではなく、遺失物横領罪に問われている可能性があります。窃盗罪よりは軽い犯罪です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①国選弁護人を起訴前につける場合、

誰にどのように申し立てればいいですか?

②窃盗罪で起訴された場合と遺失物横領罪で起訴された場合

服役などの刑罰は、どのようなものになりますか?

③今後、逮捕経歴がある息子が社会生活を送るうえで

不利益な事態が生じますか?

④被害者が、謝罪を断り、上申書がない場合

ただ刑を受けるしかないのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
①京都にお住まいとのことなので、
http://www.kyotoben.or.jp/onayami08.cfm#touban
をご覧ください。
京都弁護士会のサイトで、電話番号が書かれています。

②起訴された場合についてのご質問ですが、初犯であるならば、被害金額が1万円ということもあり、そもそも起訴されない可能性が高いです。遺失物横領罪であれば、より起訴されない可能性は高いです。仮に起訴されたとしても執行猶予判決(直ちに刑務所には行かない)になる可能性が高いでしょう。

③特にありません。申告を求められるような場面もありません。

④そんなことはありません。ご子息が十分に反省している姿勢が見られ再犯のおそれがなく、親の監督も十分に期待できるなどの事情がそろえば、被害者が許さなかったとしても起訴されないことは十分にありえます。

はじめての経験で戸惑いのことかと思いますが、本件は起訴猶予になる可能性が高い事案であると見受けられます。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問