JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

派遣社員なので試用期間中の身ですが、人権侵害による解雇に今日明日にでも遭いそうで困っています!仕事遂行には関係のない

解決済みの質問:

派遣社員なので試用期間中の身ですが、人権侵害による解雇に今日明日にでも遭いそうで困っています!仕事 遂行には関係のない精神科通院を申告していなかったことが意図しないことで判明したことで、入社時虚偽申告となり、懲戒解雇等の懲戒処分の対応となりそうです!
会社側に労働基準法上はそれを理由とするならば不当解雇またパワハラ等としてまずは労基所または特定社会保険労務士のあっせんの利用を考えています。しかし、精神疾患(パニック障害)を
理由に解雇となると、差別を感じ、人権侵害の精神的苦痛で民事賠償または名誉毀損や侮辱罪で刑法での被害届を提出しようと考えております。この際、1個人なので費用負担をまずは抑えることを考えたく、法テラスの援助制度もしくは調停での訴訟がまずは思いつくのですが民事訴訟的にはそれで良いのでしょうか?また、パワハラ立証の可能性の見通しはあるでしょうか?
民事面の賠償法を主に聞きたいのです。宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
まず、必ずしてほしいことが、就業規則の確認です。
就業規則に、懲戒解雇にする場合というのが書かれているはずですから、
その中に本件のような場合の申告があたるかどうかを確認してください。
仮に就業規則上、質問者様のような行為を懲戒解雇事由にあたると規定されていたとしても、さらに懲戒解雇することの相当性が必要です。
ご質問の状況をうかがった限りですと、無断欠勤をしたわけではなく、悪質性は低いため、懲戒解雇はできないように思います。
ただし、虚偽の申告をしてしまったことはお認めになっているように、しょうがないことですから、懲戒(注意)処分程度は受けてもやむを得ません。

なお、質問者様が罹患されていた(いる)精神的な疾患が、
業務に支障のないものであれば、疾患を理由に解雇することは違法となります。

法的手段に訴えるのであれば、労働審判をおすすめします。費用はあまりかからないはずです。法テラスは収入要件などがあります。

立証の可能性ですが、これは証拠の存否によります。
会社側の対応について、何か証拠を残されているでしょうか。
録音、録画できており、会社側の対応が不当に厳しいものであることがわかると、
立証のみとおしがたちます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

 

まずは就業規則の記載内容についてですが

入社に病歴や健康状態を正当に申告しなかった場合という条文が懲戒解雇規定内に

確かにあります。

 

しかし私の精神科受診歴は業務に支障ないので採用に無用に不利となる等の差別につながるかもしれないプライバシーとて申告をしなかったことの妥当性を、

市の保険局障害相談員やハローワーク障害雇用担当者等に判断を得ており、

 

それを根拠に会社に報告しなかったことを虚偽とは言えないと報告したのですが、

頑なに受け入れず、就業規則にあるとの一点張りなので、その点は僕は苦慮しております。あっせんなどの第3者を交えた機会で世間一般常識と照らし合わせたところで、会社側に規則の妥当性が問えればと今は考えておりますがいかかでしょうか?

 

ただ、会社側も懲戒解雇はこの程度では出来ないとは労基署の相談で私も得ておりますが、今日の懲罰委員会と称する会合で、シフト上明日から勤務日で体調回復もしたので

出勤したいと申告したら、5/14までの出勤停止の処置を取られ、本日口頭で試用期間30日以降の雇用継続をしないという判断が出てしまいました。

つまり、試用期間終了まであと少しというところで妨害され、(しかも最初は5/15迄と言いかけたところ、他の委員と称する社員が慌てて1日減算しました。故意に追い込まれた感が

あります。

これも妨害工作と思われ、悪質だと感じ、パワハラの一件とはならないでしょうか?

 

また、その撤回を再三にわたり交渉したのですが、社長の権利との1点張りで決定して

しまいました。これも強権的ですが本当なのでしょうか?

契約期間は3ヶ月ある契約を交わしています。

 

あと、必要に迫られただ形だけ整えればとの安易な考えで行なったのですが

虚偽の報告と言われている診断書の件なのですが、内容を自己診断に改ざん

したので、公文書偽造となるかと思い、その処分になる可能性もあります。

具体的にそうなった場合は私に対する法的罰則はどうなるのでしょうか?

浅はかを承知でそうまでしなければいけなかった発端は39℃近い高熱のなか

保険証を会社が発行してくれず、病院に行けないのに要求されたので安易に

冷静な判断無くやってしまったことではあると主張はしたのですが…

ただ、会社就業規則規定には5日以上の疾病で休業する場合と有るのですが

3日で急に提出を求められたので適当だったのもあります。

心配だったからなどど言いますが、この都合の良い就業規則の歪曲運用での

正当性は無いと考え、適当な診断書を出した私と同じく重要性は低いと思われるのですが

いかかでしょうか。いっそのことこれで逮捕され留置場に入れば弁護士を付けられるので

頑なに受け入れないこちらの理由を伝えられるかな?などど思い詰めてしまいます・・・

 

録音の件ですが、最初に聴取された5/10の件、入社時病気未申告と今回の欠勤時の

虚偽書類報告をもとに懲戒にあたると述べている場面の録音はあります。

それも録音の許可を得て残してあるもので、今証拠として協力なのはこれのみですが、

この録音には、私がそうではないのではないかと再三意見しているのに聞き入れない

様子はしっかりと録音されています。但し脅迫的な表現等は流石に録音しているからか

無く、それはいけませんよ、いけませ、んいやダメです!程度の拒否発言程度で、

しかも相手が当方がそれ程大声ではないのに「そんなに大きな声を・・・」とか

録音を意識して不利にならない小芝居と思われるのも残されています。

パワハラ立証材料としては弱いのでしょうか?逆に悪質だと考えられませんか?

 

労働審判は初めてアドバイスされました。ありがとうございます。早速調べて見たいと思います。ただこれだと、労基上の問題解決としての役割と考え、あっせんと同様なのかと感じてしまい、精神的苦痛の慰謝料等の民事的審判に利用出来るのでしょうか?

先程の書き込みは途中で途切れていたようで、話し合いの2回共4時間連続の拘束で

しかも自分は発作が起こり薬で抑えている(目の前で2回も安定剤を飲んでいる)にも

関わらず行われた自分には実際多大に重圧な会合であったり、話をすると弁明会なので

あなたの意見は聞かない、就業規則の違反を問うてるので他の意見は関係無い等の

態度と私は感じています。

 

もう完全に会社に信頼関係は無いので、会社の差別、人権侵害をパワハラとし、法令法律違反(保健所未発行)や病気の申告違反と称する病気を理由とした解雇との2点を

この労働審判で可能なのでしょうか?

 

また、法テラスは収入要項は十分該当するワーキングプアなのですが、紹介や面談予約等時間が掛かりそうという印象が気がかりなのですが、私は5/14にも懲罰に遭いそうという

急の支援を要しているのですが、そういった緊急対応の弁護士さん等の方法をご教示願えると助かります。

 

・・・いっそのこと、公文書偽造もそうですが、死なない程度にその相手の会社の人間を傷つけて、逮捕されたうえで弁護士さんをすぐに付けてもらい、自分の主張をしたいなどど悪い思考を思いつめてしまうくらい困っています。

だって重罪人には必ず弁護の力が得られて、私のようなちっぽけな存在が生活を奪われようと追い詰められている場合・・・

 

お力になる方法を全般的に弁護士の先生にお願いします。

 

長文で失礼ですが、切羽詰まっている故、ご了承下さい。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
ご質問のことが多いので、こちらに回答漏れがあった場合は、ご指摘ください。

1 まず、最初の回答に記載したとおり、就業規則に書いてあることをしたからといって、直ちに懲戒解雇が正当とされるわけではありません。懲戒解雇にする相当性が必要です。本件では、業務に支障がないことを申告しなかったわけですから、就業規則にあたることをもって、懲戒解雇とすることは、厳しすぎ、相当であるとは言いがたいと考えられそうです。この点を争う、というのは、おかしなことではありません。

2 試用期間の途中で、打ち切られてしまったことも、雇用契約の解除と同じように考えられますが、本採用後の解雇よりは、会社側に有利になっています。パワハラというよりは、「解雇の不当性」の問題です。

3 社長の権利、という点はそのとおりですが、社長のわがままがとおらないように、法が規制しているわけです。社長の判断が法に沿うものでなければ、社長の判断(=懲戒解雇、試用期間途中での打ち切りなど)は違法です。

4 診断書の件ですが、文書偽造罪は成立しないでしょう。ここでは、本論ではないので、詳細は控えますが、文書の内容を改ざんしただけでは、文書偽造罪は成立しません。

5 録音の件ですが、「小芝居」とみるか「厳しい口調を心から避けている」とみるかは、他の事情も考慮して判断されるでしょう。実際にその録音を聞いてみないことには、はっきりと申し上げられません。

6 労働審判は、労働問題から派生する問題を広く審理してくれます。解雇が不当であることによる損害賠償についても申し立てて話し合うことが可能です。

7 法テラスについては、各事務所によって運用が異なるので、お近くの事務所に問い合わせていただくのがいちばんです。14日に懲罰に遭いそうとのことですが、懲罰後にも解雇無効を争うことは可能です。無効と判断されれば、働いていたものとして賃金を受け取れます。あまりに時間的に厳しいので14日の処分を食い止めることは困難です。

8 大変におつらい状況なのは十分に理解しているつもりですが、逮捕されて弁護士をつけてもらって・・・という発想はどうかやめてください。犯罪者になってしまっては、会社が被害者として扱われるのです。より悔しく、無念な状況になってしまいます。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
7に追記します。
土日に対応してくれたり、相談予約をしてそのまま会社に交渉に足を運んでくれる弁護士を見つければ、とりあえず処分を先延ばしにすることは可能かもしれません。その上で、解雇するかどうかを話し合うというように交渉してもらう方法です。裁判所をとおすと、どうしても時間がかかるので、弁護士に、会社に乗り込んでもらう方法です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

本当にお詳しくありがとうございます。

本件において、心の大きな動揺から初めて力が湧いてきています。

 

最後にもう一点のみご教授お願い致します。

 

会社が健康保険証を入社と同時に作ってくれず4/16入社時、当社は4/20に給与締めなので初回の給与が減ってしまうからどうします?などど質問され、デメリットの説明がなかったので安易に手取りが増える翌月からの加入を希望したという事実が当方にはあります。

 

それで今回運悪く体調不良になってしまい、健康保険証が無いので病院に行けないと

思っていたので、それが治癒に長引いてしまった原因かと思っています。

さらに、当方も会社を休んだ理由を説明時、保険証発行待ちで病院に行けなかった

と説明したところ、当方社長に「うちは30日勤務実働後でないと発行しない。その間は国保に入れば?」と言われました。これを社労士の方に先日相談したところ、入社時加入が原則で、法律違反となるとのことでした。そのことを5/12の会合時再度質問すると、別の初対面の取締役がそんなわけは無く、5/1より加入しているのだから病院に行けばよかったと言う始末。しかしその保険証実物の発行が無くとも病院に行けるというアドバイスも毎日の体調不良欠勤時連絡時にも病院へ行けるとのアドバイス無く、当方も常識知らずで本当に

ただ保険証発行まで行けないと信じていたのです。

 

つまり、健康保険の加入や周知が正しく行われておれば、当方の体調不良もすぐに回復したかも知れず、そもそものこういった不本意な長期欠勤を回避出来た可能性があったとも考えます。すると、こういった不利益も回避出来たのに、会社が健康保険について違法な(当方のような無知につけ込み、健康保険証を一ヶ月加入させない)行為のせいで犠牲になったとの主張などは成立しそうでしょうか?その場合賠償等の請求はさらに可能でしょうか?

 

この最後の一点のみのご回答を、今一度だけ、お願い致します。

 

 

 

 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
健康保険証を30日発行しないというのはおかしいですね。
保険証がなくても病院に行けることは確かですが、発行申請中の場合は、
その旨の証明書を会社に出してもらって、それを病院に提示することで、
全額負担を免れることができます。

ただ、質問者様も書いているとおり、無知であったことは否めず、
会社が100%説明しなければならないか、というと、そこまではいえないように思います。
つまり、体調不良が長引いた責任を100%会社に認めさせるというのは難しく、
質問者様にもある程度責任はある(会社側の「病院に行けばよかったじゃないか」といった反論にも、ある程度正当性は認められてしまう)ように思います。
したがって、損害賠償は認められるとしても、かなり小額になってしまうでしょう。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問